海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 「絞り体験」~発祥の地?インドで絞り体験

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月13日

「絞り体験」~発祥の地?インドで絞り体験


「絞り体験」~発祥の地?インドで絞り体験

以前紹介したブロックプリントの工房で絞りの体験教室が行われたので参加してみた。
DSC06074.jpg

絞りと言えば、日本では国の伝統工芸品にも指定されている有松・鳴海絞りが有名。名古屋市緑区鳴海を中心に400年以上前から始まり、今もその伝統を受け継いでいる。
DSC06243.jpg

有松絞り会館へ行けば、曜日によっては実演をしていたり、事前の予約をすれば絞りの体験もできる。
DSC06234.jpg

絞り会館は、東海道五十三次を歩く人たちの休憩場所としても人気だ。

インドでは、絞りのことをサンスクリット語で「Bandhani」と呼んでいる。英語では、Tie-Dye. その原型となる布は、ラジャスタンで発見されている。その図柄は、主に自然がモチーフになっていたという。インド人に絞りの起源は?と聞くと「インド!」だと断定するが、絞りの起源はアフリカだという説もある。ただ、ラジャスタニーが頭に巻きつける絞りのターバンを見るとインドという説も分からないでもない。
インドの絞りは、日本の絞りほど緻密で繊細なデザインではないが、とにかく色使いが日本人の感覚と違うので面白い。
DSC03567.jpg

色使いが派手な分、サリーやパンジャビスーツ、普段着のスカートなどにも絞りの布は使われ、流行など関係なくインド全土で愛用されている印象がある。ただ、決して安くない。日本と同じく、そのベースがコットンではなくシルクであれば当然値段も高くなる。

今回体験で教えてもらったのは次の4つの技法

使った材料は、木綿の布とタコ糸、ミシン糸。そしてハサミと木切れ。

①クシャクシャっと布を丸めて紐で縛るクラッシュ絞り
DSC06076.jpg

②一番難しいとされているスティッチ絞り
DSC06092.jpg

③布を折って最後にその部分を木で挟み縛り付けるクランプ絞り
DSC06083.jpg

仕上がりはこんな感じ。
DSC06084.jpg

④豆くらいの大きさに布を摘んで白くしたい部分を糸で巻きつけるバンダニー
DSC06078.jpg

仕上がりはこんな感じ。
DSC06079.jpg
色を結んだ部分はインクが入らないので染まらない。反対に強く結ばないとインクが入り込んでしまい色の濃淡が出なくなる。意外と強い力で糸を縛り付けていくから手先もだんだんと痛くなってくる。

準備が整ったらいよいよ染めの作業に。エコフレンドリーのインクをグツグツと煮出し、そこに塩を入れることによって色が定着する。
DSC06072.jpg

今回は、紺色、黄色、朱色を使うことに。
1色なら丸ごと付け込み、2色なら染めたい部分にその部分を浸す。
DSC06101.jpg

最後は、どんな風に染まっているかドキドキしながら糸を解き完成。
DSC06104.jpg

絞り体験は、ホームページで不定期に募集しているが、人数を集めれば個人的に開催してくれるので要交渉。

「Tharangini」
12th Cross Road Sadashivnagar Bangalore 560080
tharangini.office@gmail.com
http://www.tharanginistudios.com/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年4月13日
« 前の記事「Cinnamon~駐妻も癒されるおしゃれブティック~」へ
»次の記事「「本格派!メキシコ料理」」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    南インドの修道院で作るイタリアンチーズ
    アジアンレストラン「Shizusan」
    駐在マダムに人気!マントラのペンダント
    ベンガルールの空港に近いワイナリー「Nandi valley winery」
    進化したインドの工芸品を
    使いやすいティーバッグに力を注ぐ紅茶専門店
    ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに
    インドの近代アートに触れる
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【インドで乗馬】~ここでできるとは!~
    ベンガルールで外出禁止令
    【インドで発見!】畑に立つ怪しい物体
    桜を彷彿させる木

    インド ツアー最安値


    2018/10/15更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集