海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 氷点下の世界を体験

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月24日

氷点下の世界を体験


メール プリント もっと見る

氷点下の世界を体験

インド国内の多くの地域が酷暑期に入り、日本のニュースなどで「インド40度を超える」などと報道されると、インド全土がそうゆう状況のように聞こえてしまうので日本の家族や知人からは心配されてしまう。そんな時でも、ベンガルールはそれほど影響を受けず、年中夏の軽井沢、夏の北海道のような気候で過ごしやすい。ただ、今年の4月は例年よりも暑く一か月程きつかった。そんなベンガルールに「氷点下5度の世界を体験できる場所」がある。
「Snow City」は、知る人ぞ知るベンガルールのレジャー施設の一つ。2012年にオープンし12,500sq.フィートの敷地内でSnow Tubeやソリ、氷の滑り台、Snow Mountain Climbingなどが体験できる。

1.jpg
入園するには、まず入り口左手のカウンターでチケットを購入。
料金は平日はRs400週末はRs500。

DSC03619.jpg
一回のSessionで最大500人が収容でき、45分間雪の世界を自由に楽しむことができるというシステムで、決められた時間枠SessionTimeに入れるよう並んで待つ。

自分の時間枠SessionTimeが来るとようやく中に入ることができ、まず靴を預けるよう指示される。それから貸出無料のジャンパーと長靴、グローブをカウンターを順に選んでいく。
DSC03625.jpg

念の為、自前の冬服を用意していったが荷物チェックが厳しく「とにかく中には何も持ち込むな!ちゃんと洗っているから大丈夫だ。」と言われ、結局荷物は全てロッカーに入れることになった。因みにカメラ、カメラ付き携帯を持ち込むとRs50かかってしまう。

いよいよ中へ。
DSC03631.jpg

扉を開けるとそこは雪景色で氷点下の世界が広がる。ちょっと感動。
当然、地元の人は雪を見るのが初めてという人も多く、その興奮ぶりは想像以上。雪合戦やサッカーその場で踊り出す人も続出。日本人からすれば、耐えられる程の寒さ。ちょっぴり冬が恋しくなる。パウダースノーの人工雪はとてもさらっとしているが、所によっては地面が凍っていてバランスを崩すと大転倒してしまう。
正面にはSnow Cityを象徴する「アナと雪の女王」を思わせる氷のお城もお目見え。
DSC03702.jpg

一番人気のアトラクションは、SnowTubeとソリ。
DSC03640.jpg

時間内なら何度もチャレンジできるので滑っては階段を登るの繰り返し。大人も子供も大興奮していた。

さらに気分はK2登頂。
DSC03648.jpg

Snow Mountain Climbingも常に誰かがチャレンジ。
大きな氷を彫刻しカラフルに造り上げたテーブルとイスも大人気。
DSC03682.jpg

珍しがってみんなが触ったせいか、角が溶けて少しずつ丸みを帯びていた。
良かったのは、予告なしにやって来る吹雪。
スキー場で経験したなんとも言えないあの感覚と似ていて懐かしかった。
DSC03697.jpg

これとそっくりな施設をシンガポールで見たことがあったため「どこかの施設を参考にしたんですか?」と聞くと「はい。シンガポールの真似をしました。」と素直に答えてくれた。それだけに完成度は高い。

「Snow City」
Fun Woeld,Opp.T.V.Tower,Place Grounds,JC Nagar,Bengaluru 560006
+91-80-23550000  +91-7829550000
時間 午前10時から午後8時まで
年中無休
www.snowcityblr.com


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2016年6月24日
« 前の記事「何となく優雅になれるダバラーセット」へ
»次の記事「ベンガルール発!老舗のレトルトカレー」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「インドで発見!」~負けるなドラえもん~
    「ベンガルール発大型クラフトショップItsyBitsy」~今後は日本製品を輸入?~
    ミラノ出身のイタリア人シェフが伝授した本格イタリアン「via Milano」

    インド ツアー最安値


    2018/2/20更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集