海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > ベンガルールのスラム

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月29日

ベンガルールのスラム


メール プリント もっと見る

ベンガルールのスラム

かつて、日本でも話題になった「スラムドッグミリオネア」。映画の舞台はムンバイだったが、ここベンガルールにもスラムが点在している。その1つ。カマナハリにあるスラムに潜入。
IMG_9285.jpg

今回は、インド人ガイドさんに同伴してもらった。日本人が1人で足を踏み入れることはおすすめできない。取材した際は、他の外国人グループがスラムを見学していた。スラムは、今や観光地の1つになっているかもしれない。そのせいか、子供たちはカメラに向かって笑顔で向かっいてきて「写して!」と言わんばかりに寄って来る。
IMG_9276.jpg

ここにいる子供たちの中には、親の理解が得られず学校へ通っていない子もいる。各種ボランティア団体は、そういった子供たちのために何かを教えたりアクティビティーを企画して応援している。

現在、インド国内には2804のスラムがあると言われ、そのうちの597はベンガルールにあるという。
そもそもこういったスラムは、インフラ整備やビルの建設で仕事を求めて田舎から出てきた人たちがそのまま無断で住み着いてしまったケースがほとんどで、政府が認めている地域もあれば違法の地域もある。無断で住み着いているということは、そこに何かの建物を建設することになれば彼らはまた他の場所へ出ていかないといけない。
IMG_9283.jpg

彼らは、決して無職というわけではない。日中は、建設現場で働いたり、オートリリキシャの運転手、清掃係、メイドをして生計を立てている。

IMG_9284.jpg

他の取材をしている際、掘っ立て小屋のようなスラムをコンクリート仕立ての建物に変えていく運動をしている1人のインド人女性にも出会ったことがある。注目が集まるインドのIT産業に注目が集まるインドで、お金に余裕がある人たちや外国人、ボランティア団体などが彼らの生活を応援しているという現実を忘れてはいけない。人口が多い中、そこで勝ち抜いていかなければならない、自分さえ良ければいいという考え方の人たちが減っていけばこの国は貧富の差は変わってくるのかもしれない。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2016年8月29日
« 前の記事「「蛇に謝罪をSnake Temple」」へ
»次の記事「Pottery Town 素朴な素焼き」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    ダンス三昧できるインドの魅力
    エコな出店者だけが大集合「Go Native」
    カルナータカ民俗博物館 JANAPADA LOKA
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「ベンガルールと言えば ナンディーヒル」
    【インドで発見!Name On Rice】
    「これでもかガネーシャ」
    「インド布の世界」

    インド ツアー最安値


    2018/5/25更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集