海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > インドで新紙幣2000ルピーが登場

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月11日

インドで新紙幣2000ルピーが登場


メール プリント もっと見る

インドで新紙幣2000ルピーが登場

今月8日夜、モディ首相は国民への演説を行い、500ルピー紙幣及び1,000ルピー紙幣の無効化並びに新500ルピー紙幣及び2,000ルピー紙幣の導入を突然発表しました。
最近インドでは、高額紙幣を偽造する事件が多くなっています。普通は一般の人に識別できないというような偽造紙幣であることが多いようです。私の知らない間にこの偽装紙幣を手にしていました。
4image.jpg
何枚かある中で、明らかに色がおかしいと思ったのがまさにそれでした。

こういった偽造紙幣が反国家的な活動、不法違反などに利用されテロリストなどが不正所得(ブラックマネー)を溜め込むなどをしています。インドは現金主義の経済です。その一方で偽造紙幣が多く流通される事件が増加しています。毎年およそ7億ルピーの偽造紙幣はパキスタンからインド経済に入り込んでいます。これがテロファンド(テロ活動を資金する)と言われるテロ事件を起こすために利用されます。

汚職、不正所得、テロまた偽造紙幣と闘うためインドはこの歴史的な一歩を踏み出しました。現在インドで利用されている500ルピー、1000ルピー札が廃止するという発表は、汚職、不正所得、テロまた偽造紙幣との戦いを強化します。そしてこの対策により貧困層や中流階級に新しい機会を生み出します。さらに、不動産価格、高等教育、ヘルスケアなどは一般市民の手に入るようになります。また、武器密輸やテロリストが阻止されます。それから大量の偽造紙幣の流通も停止されます。

これから500ルピーと2000ルピーの新規紙幣が導入されます。これが新紙幣の2000ルピー。
image1.jpg

何枚も集まると衛星がキャッチするのでブラックマネーはすぐ見つかるなど早速デマが流れています。
3image.jpg

使えなくなった500ルピーまた1000ルピーの紙幣を持っている人は、2016年11月10日~12月30日まで銀行口座また郵便局口座に預金することができます。
さらに、昨日から新紙幣の2000ルピーが引き出せるようになったので町のATMは長蛇の列。
2image.jpg

とにかく使えるお金が欲しいので意地でも並びます。
ただ、お金も底をつき引き出せなかったり、銀行窓口も長蛇の列であきらめてしまう人も。

我々外国人は、クレジットカードを持っているので、それほど深刻ではありませんが、現金しか使えないお店では本当に困ります。また、スキミングなど考えるとあまり気軽にクレジットカードを出したくないのです。
インド政府のこの指令による、500ルピー、1000ルピー紙幣の交換により、現在流通している紙幣や新規紙幣の印字のコストを含め、インド準備銀行(RBI)は推定1.2億ルピーの損害が出ると言われています。        

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2016年11月11日
« 前の記事「「スラムの女性を支えるNGO」」へ
»次の記事「現金主義から電子マネーへ」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【インド人の意外な寒さ対策】
    【知る人ぞ知る鉄道大国インドで】~寝台列車に乗ってみる!~

    インド ツアー最安値


    2018/2/18更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集