海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 「カラムカリアートで村を蘇らせた親子の話」

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月20日

「カラムカリアートで村を蘇らせた親子の話」


メール プリント もっと見る

「カラムカリアートで村を蘇らせた親子の話」

1999年霧雨の降るようなジメジメとしたある朝、家のドアーをノックする音が聞こえた。その家の主人がドアーを開けると、大きな袋を抱えた初老が1枚の布を広げてとにかく見て欲しいとせがんた。その布に描かれていたのは見事なカラムカリアートだった。その後、この家の主人Mr.Dwaraknoth Reddyは、娘のMs.Anitaを連れて初老の村を訪ねた。
Mr.DwaraknothReddy.jpg
その村は、政府からも見放された電気も水の供給もないアンドラプラデッシュにあるSrikalahastiという村。
temple-jpg.jpg
村には立派な寺院があるものの村人達の暮らしは貧しく、この親子はその様子を見てこの村をカラムカリアートを使って助けようと決意した。

500年前、SrikalahastiのSwarnamukhi川の岸では、民間伝承のカラムカリアートは当時のマハラジャSri.Krishnadevarayaの保護の下で全盛期を迎えていた。しかし、彼が亡くなると後継者からの関心は薄れ、さらにカラムカリアートに欠かせない川の水も枯渇し次第に忘れ去られていったのだった。

Reddy親子は、アーティスト達の才能を活性化することでその村の暮らしを変えようとした。
dwaraka girls under trees.jpg

と同時に、コンピュータの使い方を教えることで、貧しい女性達の自立を目指した。そして、手書きのカラムカリアートという伝統的な染めのアートが、ただの絵だけではなく実用的なものに加工していくことで蘇っていった。
DSC06934.jpg
カラムカリアートには、手書きのものとブロックプリントのものがあるが、ここでは手描きのアートだけを扱っている。お金持ちマダムなら、手描きが高価で素晴らしいものと認識している。通常、布に描かれた絵の部分は、村にいるアーティスト達が描き、それをバンガロール市内にある工房で150種類以上あるデザインの商品に加工していく。
DSC06883.jpg
絵の品質をチェックした後、その絵を商品のどの部分に使っていくのか慎重に配置しながら加工していく。

カラムカリアートは、どんな手順で描かれていくのか。
まず、木炭でアウトラインを描いていく。モチーフは自然のもの花や葉、マンゴーや鳥などが多く、特にお手本もないので自分のアイディアだけでデザインしていく。
DSC06868.jpg
もし、図柄からオーダーする場合は、どんなデザインをどれぐらいの大きさや色で描いて欲しいかリクエストすることもできる。6mのサリーならおよそ25日はかかる。
DSC06865.jpg

そして、インクはすべて自然から採れたものを使うのが伝統。
DSC06898.jpg
アウトラインの黒は、なんとサトウキビと鉄を混ぜることで作られる。インドを象徴する最も高価な染料インディゴブルーも植物から採れるそうだ。
DSC06907.jpg
この事業を父親から受け継いだMs.Anita Reddyは、特に人からの寄付金も募らず、自身の財産を持ち出してまでこの活動を続けている。なぜこの村の人達のために、一生懸命になれるのかという私の質問に対し「父は、私にたくさんの財産を残してくれました。そのお金を使って多くの人を救うようにと言われました。私にとってここで働いている人達は神様です。皆さんが幸せになってくれること。それが私の幸せなのです。」と答えた。
DSC06912.jpg
彼女は、DWARAKA以外にも貧しい子供達への教育、スラムの保護活動などにも力を注ぎ、2011年インド政府からはソーシャルアクティビストとして表彰されている。
DSC06923.jpg

DSC06936.jpg
「DWARAKA PLUS」ショールーム
#52, 2nd Main Road, Vyalikaval Bangalore 560003
電話 080-2356-1394
営業時間 10:00~20:00 (但し日曜日は16:00まで)
年中無休
www.dwarakaonline.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年12月20日
« 前の記事「現金主義から電子マネーへ」へ
»次の記事「顧客のターゲットは1%のインド人」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画
    1年前の同じ月に投稿された記事
    インド土産にしたいポップな雑貨店「Chumbak(チュンバック)」
    GENERAL FOOD ADDITIVES~まだまだ入手困難!洋菓子作りに欠かせない材料がここに~

    インド ツアー最安値


    2018/2/20更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集