海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 6日

ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに


ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに

それほど高くない値段で、様々な種類のバッグが手に入るインド。珍しい素材で作られているバッグを見るとついつい買ってしまう。今回は、ナチュラル雑貨として日本でも人気のジュートを使ったバッグを紹介します。
DSC08734.jpg
【ジュートって何?】
麻は、植物に含まれている繊維の総称で20種類近くあり、同じ麻と呼ばれながらも原料となる植物によってそれぞれ性質が異なる。ジュート(黄麻)は麻の一種で、その多くは日本へも輸出されており、インド麻という名で知られている。また、色が黄金色なので別名「黄金の糸」とも呼ばれており、主に麻袋として穀物(米、大豆など)の輸送保管などに使われている。
DSC08736.jpg
また、繊維の強さが大きく耐久性に優れ、無公害であることから農業・工業用資材を入れる袋として、さらにカーペットやマットの裏側といった身近な部分にも使われている。

【コルカタ生まれのジュートバッグ】
ベンガルールの国際空港のお土産屋さんにもジュートバッグを卸している「Jute Cottage」のオーナーMr,Nasreen Khanさんは、15年前コルカタからベンガルールに移り住み、当時は小学校の先生をしていた。ジュートは、インドの東、西ベンガル州コルカタやバングラデッシュで栽培されている植物。「その当時、ベンガルールの人達はジュートが何かを知らなかった。コルカタでは地元の人が当たり前のように使っていたジュートバッグがベンガルールではとても新鮮だったようで、私の使っていたジュートバッグを見ては欲しがる人もいた。それがきっかけで1999年から本格的にバッグの製造・販売を始めた。最初は、小さな店でミシンを2つ並べて...」と懐かしそうに語るMr,Nasreen Khanさん。最近のエコブームで、ジュートバッグの魅力は広まりつつあると言う。ご存知の通り、現在インドでは「クリーン・インディア」をテーマに、買い物の際は使い捨てのビニールバッグではなく、何度でも使えるマイバッグを推奨している。特にジュートは、焼却処分しても有害な物質を一切出ないのでエコフレンドリー。世界各国では、ショッピングバッグとして既に広く利用されている。ゴツゴツとした麻袋のイメージは、お洒落なイメージに変わりつつあるのだ。

【ジュートができるまで】
ジュートは、暖かく湿気の多い環境下でよく育成する天然の植物性植物繊維。
jute.jpg

4月に土地を耕すことから始まる。肥料も農薬も一切使わず、種からたった4カ月で2~3mに成長し刈り取られる。それをおよそ20日間水につけ繊維をはがし洗浄する。その後、太陽の下で乾燥させ、さらに撚ることでジュート糸にする。
jute dry.jpg


【ベンガルール市内にある小さな作業場を訪ねる】
全てが手作業!3階建てのビルでそれぞれの工程が行われていた!
材料となるジュート糸で編んだ布はコルカタから運ばれてくる。
DSC08873.jpg

①布は機械で裁断。通常この作業は2人でやっている。
DSC08886.jpg

②一番感動したのは、生地に模様を施すセクション。シルクスクリーンができる腕のいい技術者をコルカタから連れてきているそうだ。
1.jpg

まず、判を作るのにデザインを紙焼きし、メッシュの上に特殊なインクを塗る。
3.jpg


そこに絵を重ねて下から光を当てること10分。黒い部分にインクが通るくらいの穴ができる。
2.jpg


そして最後は天日干しできあがり。
4.jpg

昔夢中になった「プリントゴッコ」を思い出す。
③布の上に判を置き、インクを上から塗っていくと見事に転写する。重ねていけばよりカラフルなものが出来上がる。ずれないよう作業は2人で行われていた。
DSC08896.jpg

④デザインされた布を縫っていく。ジュートのバッグは固いので、折りたたむにも少々力が必要。パーンとした仕上がりが物を入れやすかったりする。
DSC08935.jpg

④こちらは、刺繍担当。刺繍する部分にマークしミシンで縫っていく。
IMG_1487.jpg


ここで働いている従業員は、オーナーの故郷コルカタから来ていてここで寝食を共にしている。これだけ手間暇かけているのに、それほど高価でないジュートバッグは、広く普及することで環境への理解を深めて欲しいというメッセージがたくさん詰まっているのではないだろうか。インド土産にもなりそう。

[Jute Cottage]
291/1,Cambridge Lyout 1st cross,Halasuru
080-2530-8694
ForumValueMall,Whitefild/MantriSquareMall,Malleshwaram etc
www.jutecottage.co.in

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2018年7月 6日
« 前の記事「インドの近代アートに触れる」へ
»次の記事「使いやすいティーバッグに力を注ぐ紅茶専門店」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    駐在マダムに人気!マントラのペンダント
    ベンガルールの空港に近いワイナリー「Nandi valley winery」
    進化したインドの工芸品を
    使いやすいティーバッグに力を注ぐ紅茶専門店
    ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに
    インドの近代アートに触れる
    マイソールシルクって?
    お洒落なカフェが多いベンガルール
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ゴミから生まれたジュエリーたち
    繊細なデザインが人気の「The Jewelry Project」
    ベンガルールを拠点とするアジア最大規模の航空機製造会社

    インド ツアー最安値


    2018/9/18更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集