海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 別府特派員ブログ > 別府名物竹細工をお値打ち価格で!竹・ブナ製品問屋「...

日本国内/別府特派員ブログ 藤井 さなえ

日本国内・別府特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月10日

別府名物竹細工をお値打ち価格で!竹・ブナ製品問屋「友成産業」


別府名物竹細工をお値打ち価格で!竹・ブナ製品問屋「友成産業」

別府が誇る伝統工芸「竹細工」。湯治客が滞在費を捻出するため、お風呂で使う竹カゴなどを作ったのが始まりだとも言われています。市内には竹製品を扱う店や問屋が数多くありますが、今回は小売りもしている卸問屋「友成産業」をご紹介。カトラリーを中心に、宣伝のために市販よりかなりお値打ちな価格で竹・ブナ製品を販売する穴場スポットです。
DSC_7885.jpg
別府観光港から九州横断道路を由布院方面へ。鉄輪温泉や人気観光スポットの海地獄・鬼石坊主地獄を通過し、「別府リハビリテーションセンター」の脇道に入ります。
DSC_7889.jpg
数百メートル進むと、明るいグリーンの外壁の友成産業の倉庫が見えてきます。
DSC_7890.jpg
どう見ても普通の会社の倉庫なので最初は少し躊躇してしまうかもしれませんが、この扉の奥がショールームになっており、どなたでも自由に入ることができます。
DSC_7960.jpg
友成産業の創業は昭和53年。2018年に創業40年になり、現在は二代目の瀧野隆司さんが代表を務めておられます。
DSC_7893.jpg
このショールームができたのは2017年の11月。結構最近です。現役を退いた先代社長(現・相談役)が毎日やることもなく座っているのを見かねて「事務所内でできる仕事を」ということで始めたそう。
オープン当初はイベントなどに出店し、商品を購入してくださった方にショールームのチラシを渡していました。その甲斐あって徐々に来店者数は増えていますが、やはり場所が分かりにくいことと、建物が倉庫なので「入りにくい」と言われてしまうのが悩みなんだとか。
DSC_7928.jpg
友成産業の商品の特筆すべき点は驚きの低価格。「卸問屋だから安いのは当たり前だろう」と思われるかもしれませんが、スプーンなどは1本100円前後からと、家中のカトラリーをすべて新調しても1万円で充分おつりが来るような値段です。
DSC_7952.jpg
別府の職人が作った製品は少しお高め。といってもスプーン1本300円ぐらいです。
DSC_7895.jpg
商品はすべてが別府で作られているわけではなく、ブナ製品はドイツ産のブナ材をベトナムで加工したもの。1本100円前後のスプーンは、中国などで作られた竹製品です。
DSC_7920.jpg
他にも、菜箸やしゃもじなどのキッチン用品や...
DSC_7923.jpg
ブナ材のカッティングボード。
DSC_7913.jpg
弁当箱や鬼おろしなどもあって、いずれも数十円〜数百円というお手頃価格です。
DSC_7944.jpg
カトラリーバスケットやおしぼり入れなど、食卓を華やかにするアイテムも充実。
DSC_7931.jpg
何かと便利な直径20cmの六つ目カゴは1枚40円、4枚で100円です。
DSC_7929.jpg
200円で詰め放題の丸ザル。「そんなにいっぱい使う?」と思いますが、バレンタインデーのラッピング用などにまとめて買って行かれるとのこと。なるほど〜、いいアイデアですね。
DSC_7915.jpg
ただでさえお買い得なのに、なんとアウトレットコーナーまであります。
DSC_7919.jpg
別府竹細工といえば竹カゴが有名です。友成産業にも竹のバスケットや花挿しなどが陳列されていますが、大半は別府以外の場所で作られた製品なんだとか。
DSC_7934.jpg
「最近、問屋には竹カゴがなかなか入ってこないんです。」

と瀧野さん。大分では近年竹細工職人の養成に力を入れていて、別府でも公立の竹工芸訓練学校から多くの竹カゴ職人が誕生しています。問屋に竹カゴが無いなんて意外な気もしますが、最近の職人は自分で店を持ったりイベント会場に直接売りに行くケースが多く、問屋を通すことがほとんど無いからなんだとか。
DSC_7896.jpg
ショールームの奥に陳列されている竹編み皿と壺は、今は亡き別府の名工によるもの。近年は竹の切り子(竹を伐採して運んで来る人)の数もめっきり減っており、今後これほどのレベルの作品が誕生することはもうないだろう、と瀧野さんはおっしゃっていました。
DSC_7959.jpg
サービス価格で竹・ブナ製品が買える友成産業、いかがでしたか?私も取材のついでにたくさん買い込んでしまいました。
IMG_4762.jpg
別府製の竹のスプーンとプレートでモーニング。いつもの食卓がこんなにスタイリッシュになるなんて、竹製品って素晴らしい!!皆さまも別府においでの際には、友成産業にぜひ足を運んでみてください。

▪️施設詳細
【営業時間】
平日...10:00〜16:00
土曜日...10:00〜13:00
【定休日】
日曜、祝日
第二・第四土曜日
お盆・年末年始
【住所】
大分県別府市鶴見1066-6
TEL:0977-27-7111
URL:http://www.take-tomonari.co.jp/ 

公共機関でのアクセスは
亀の井バス「朝日中学校前」バス停か「みょうばんクリニック」バス停から徒歩約15分ほどです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2019年1月10日
« 前の記事「別府市民心の味!甘みとうま味の「カトレア醤油」」へ
»次の記事「更地から奇跡の復活!路地裏の名湯「梅園温泉」」 へ
おすすめ記事
別府特派員 新着記事
名湯の湧く珍スポット「赤松温泉」
温泉に入れるカフェ「茶房たかさき」
別府出身力士が作る本格熊本ラーメン「ラーメンいっちゃん」
住宅街に建つ奇妙なタワー「グローバルタワー」から別府の街を見下ろそう
龍巻地獄のお湯に入れる!長泉寺「薬師湯」は穴場の共同浴場だ!
更地から奇跡の復活!路地裏の名湯「梅園温泉」
別府名物竹細工をお値打ち価格で!竹・ブナ製品問屋「友成産業」
別府市民心の味!甘みとうま味の「カトレア醤油」

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大分県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 別府特派員

    別府特派員
    藤井 さなえ
    1977年、大阪生まれ。武蔵野美術大学彫刻科卒。趣味のバイクで日本各地の温泉地を巡るうち、温泉好きが高じて大分県別府市に移住してしまいました。本業・ライター。趣味は温泉・バイク・お酒やグルメ・日用食器収集です。Twitter Instagram

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集