海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ベルリン特派員ブログ

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 今回は、前回の記事でちょっと紹介したエコ・テストの認証についてもう少し詳しく書いておきますね。

 
 エコ・テスト(Öko-Test)はドイツで毎月約10万部売れている人気の商品テスト誌で、エコの言葉が示す通り環境や健康に配慮した製品か?という「製品のエコ度合い」を独自に検査・発表しています。


 その結果は6段階で評価され、誌面で公開されます。評価の高い順から


・sehr gut(ゼア・グート=とても良い)
・gut(グート=良い)
・befriedigend(ベフリーディゲント=まぁ良い)
・ausreichend(アオスライヒェント=可もなく不可もなく)
・mangelhaft(マンゲルハフト=不足)
・ungenügend(ウンゲニューゲント=不十分、不可)


となり、良い評価を得た商品はその認証マークを製品パッケージに表示して販促につなげることができるのです。(訳は私の意訳なのでちょっと変ですが(^^;))


 ↓黄色く囲ったのが「エコ・テスト(Öko-Test)」の認証。この歯みがき粉は「sehr gut」!

oekotest2.JPG


 ドイツでは「エコ・テストの『sehr gut』がついているなら安心して買える!」と考える人が一定数いて、消費者が商品を選ぶ際のひとつの基準になっていることは間違いありません。

 
 メーカー側にとってはこの認証がついたらヒット商品になりますし、あまり良くない評価がついた場合にはその結果を商品改善に繋げて、次回は少しでも良い評価を得られるようにと企業努力をするきっかけになっています。


oekotest1.JPG

 調査の対象となる製品のカテゴリは幅広く、生鮮食品からお菓子、化粧品、洗剤や日用品まで様々。


 でも、エコ・テストのチェック基準はあくまでその製品の製造過程や製品自体が「エコであるかどうか」であり、環境や健康への配慮が優先されているのが特徴です。


 そのため、エコ・テストの評価が良い商品だからといって、食品であれば味が良いとかコストパフォーマンスが良いという保証にはなりませんし、化粧品であれば効果や効能が優れていたり使い心地が良い、というわけではありません。


 「なるべく環境や人体に有害なものが含まれていない、安心なものを買って使いたい。」という方にとっては信頼できる認証マークなので、ドイツでの買い物の際は参考にしてみてくださいね!


2018年2月12日

 最近ドラッグストアネタが多いですが(^^;)、ドイツで買って帰るお土産の参考にしてくださいね。


 今回は、最近自分で使ってみて気に入ったヘアオイル! 傷んだ&乾燥した髪用の、ツヤ出し&ケアオイルです。

DSC_6882.JPG


 全国チェーンのドラッグストア、dm(デー・エム)のオリジナル自然派コスメブランドAlverde(アルヴェルデ)のもの。50mlで2,95ユーロ(約400円)。公式サイトの商品ページはこちら☆


 もともと髪が乾燥するタイプなのと、ドイツの冬の乾燥+硬水の影響で髪は常にパサパサ(-_-;)…なので、シャンプー後の濡れた髪になじませたり、乾いた髪のツヤ出しに使えるヘアオイルは必需品なのですが、けっこう香りがキツイものやボトルが使いにくいものが多くて、これというものが見つからなかったのです。


 でもこのオイルは、プッシュ式で一度にちょうどよい量が出て使いやすい。オーガニックアーモンドオイルとアルガンオイルが配合されていてしっとりしつつベタベタせず、シトラス系の軽い香りなのもいい。さらに、ボトルがプラスチック製で軽いから旅行にもそのまま持って行ける(←ここけっこう重要!)。頭皮が乾燥するときのオイルマッサージにも使えます。


 ちなみに。上記は買って使ってみてからわかったことですが、買うきっかけとなったのは約3ユーロというお手頃価格と、このポップ↓。Öko-Test(エコ・テスト)の「sehr gut(とても良い)」の評価がついているなら買いでしょ!と。


DSC_6879.JPG


 この Öko-Test(エコ・テスト)のマーク、ドイツではすごい影響力があるんですよ。それについては次回の記事で書きますね!


2018年2月 2日

 前回の記事『体調がすぐれないときには、まずハーブティー!』では、ドラッグストアで気軽に購入できる薬用ハーブティーについてご紹介しましたが。


 今回は全国チェーンのドラッグストア dmでリーズナブルに買える、私も大のお気に入りのエッセンシャルオイルを紹介します。

DSC_6830.JPG

 品質としては薬用ではなく、アロマポットなどで香りを楽しむためのクラスですがそれでも100%混じりっけなしのエッセンシャルオイルが、10mlでなんと1,95ユーロ(約270円)!


 写真はユーカリで、他にラベンダー、オレンジ、レモングラスがあります。→商品HPはこちら☆


DSC_6829.JPG

 店頭では↑こんなパッケージで、たいていキャンドルのコーナーに置いてありますよ。


 あと、他にティーツリーオイル(30ml、1,95ユーロ)とハッカ油(30ml、1,65ユーロ)もあり、ハッカ油のほうは薬用(Arzneimittel)扱いですがこの安さ。(それぞれ名前をクリックすると商品紹介ページに飛びます。)この2つは店頭ではサプリメントや絆創膏のあたりに並んでいることが多いです。


 私は気分に合わせてお風呂に数滴垂らしたり、アロマディフューザーに入れて利用しています。安いので、気兼ねなく毎日使えるのが嬉しい。それぞれ、飲用や直接肌につけることは不可など気を付けなければいけないポイントがあるので、興味のある方はまずご自身で一般的な使い方を調べた上で利用してみてくださいね。


2018年1月23日
2018年1月18日
2018年1月 7日
2018年1月 3日
2017年12月20日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベルリン特派員

    ベルリン特派員
    松永 明子
    ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
    )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集