海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ベルリン特派員ブログ

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 ドイツ最大の都市ベルリンには複数の主要駅がありますが、旅行者にとって使い勝手がよく、特に覚えておいたほうがよい駅はこちらの4つ。

DSC_6621.JPG

↑路線図内、黄色の丸で囲んだ4つの駅名左から順に

・ツォー駅(Zoologischer Garten ツォーロギッシャー・ガルテン)*Zoo駅(動物園駅)と略されることが多い

・中央駅(Hauptbahnhof ハウプトバーンホーフ)*Berlin Hbf(ベルリン中央駅)と略して表記されることが多い

・フリードリヒシュトラーセ駅(Friedrichstraße フリードリヒシュトラーセ)

・アレクサンダープラッツ駅(Alexanderplatz アレクサンダープラッツ)

いずれも、Sバーン、Uバーンの他ドイツ鉄道(DB)の列車も停車し、移動に便利。周辺には大型ホテルが集まっています。


今回から4回に分けて、この4つの駅について紹介しますね!

 まずは、中央駅から! ベルリン中央駅(Berlin Hauptbahnhof ベルリン・ハウプトバーンホーフ)は、東西ドイツ統一後に建設され、2006年に開業したまだ新しい駅です。

IMG_7181.JPG

 ドイツ内外からの中・長距離列車が次々に発着する巨大ターミナル駅で、テーゲル空港よりもずっと広くて立派です。内部は地上3階、地下2階の5階建てで最初はちょっとわかりにくい構造です(^^;)。

DSC_6603.JPG

↑1~8番ホームは地下2階、11~16番ホームが地上3階にあります。(なぜか9、10番はないのです)Sバーンの乗り場は15&16番ホーム。

メインの出入り口は2か所。南のワシントン広場(Washingtonplatz ワシントンプラッツ)側か、北のヨーロッパ広場(Europaplatz オイローパプラッツ)側。

IMG_7173.JPG 

↑窓越しの左端に連邦議事堂が見えるのが、南側のワシントン広場出入り口。

IMG_7179.JPG 

↑ワシントン広場側から駅に入ったところ。全面ガラス張りのモダンな駅で、お天気の良い日はとにかく明るい!

 駅の中は、まるでショッピングモールのようにショップやカフェ、レストランが集まっていてとても便利。早朝から深夜まで、日曜日でも何か必要なものがあればとりあえずここに来ればなんとかなります。(中央駅内のショップについては過去の記事もご参考に→『ベルリン中央駅内のショップ 24時間営業の薬局もあります』


他にこの駅の中にある施設は

・ドイツ鉄道のチケット販売窓口 DB REISEZENTRUM(でも混雑していることが多いので、他の3つの駅にあるDB窓口のほうがおすすめ)

・荷物預け所 GEPÄCKCENTER(コインロッカー Schließfach もあり。4~6ユーロ)

・両替所 REISEBANK(日本で両替したほうがレートが良いことが多いです)

などなど。その他、ショップや位置の詳細は、こちらのHPから→ https://www.einkaufsbahnhof.de/berlin-hauptbahnhof/lageplan

インターネットは、TelekomのHotSpotサービスが30分間無料で使えます。


 ただ、駅周辺はあまり面白みのあるエリアではないので、中央駅近くに泊まるメリットとデメリットについては過去記事『ベルリン中央駅周辺での宿泊について』をご一読くださいね。


2017年11月23日

 「アドベントカレンダー」って、聞いたことありますか? 今は日本でもクリスマス前になるとあちこちで売られているので知っている人も多いと思いますが、12月1日から24日までを楽しみながらカウントダウンするためのカレンダーです。クリスマスマーケット同様、これもドイツが発祥の地であり本場なんですよ!(※ドイツ語では Adventskalender アドヴェンツカレンダー と読みます。)

DSC_6580.JPG

↑ちょっと見にくいですが、1から24の数字が小窓にランダムに印刷されていて、開けるとかわいらしいイラストが現れます。


 現在はボックス状になったアドベントカレンダーにチョコレートやマジパン菓子(マルツィパン)が入ったものが人気ですが、それ以外にもコスメやミニサイズの香水が24種入ったものなど色々な商品がありますので、この時期にドイツに来たならぜひ親しい人へのお土産に(もちろんご自身にも!)アドベントカレンダーを選んでみてください。

DSC_6589.JPG

DSC_6573.JPG

ベルリン・アレクサンダープラッツ駅前のデパートGarelia Kaufhof 特設売り場の様子。様々なアドベントカレンダーが並びます。

DSC_6581.JPG

↑日本でも人気のリンツチョコレートのアドベントカレンダー(約18€)

DSC_6579.JPG

↑子どもに大人気、キンダーサプライズチョコシリーズもありますよ(約17€)

DSC_6577.JPG

ハリボーのグミもアドベントカレンダーに!(約8€)どんなものが入っているのかは、裏面に明記してあります。

DSC_6578.JPG

↓ドイツでシェアNo.1のコスメブランド、ARTDECOのアドベントカレンダーもあります(約50€)

DSC_6584.JPG

↓こちらはなんと、クラフトビールのアドベントカレンダー!(約50€)もちろん24本入りです。重くて持ち上げることができませんでした…(^^;)

DSC_6583.JPG

 と、このように本当に色々な商品がありますので、ぜひ裏側の商品詳細もじっくり見比べながらクリスマス時期ならではのお土産探しを楽しんでくださいね!


2017年11月21日

 10月も半ばを過ぎましたが、まだドイツはサマータイム中。でも最近は朝7時を過ぎてもまだ暗く、「冬が近づいてるな~(^^;)」と実感します。


 サマータイムが終了するのは、毎年10月の最終日曜日(今年は10月29日)の午前3時。時計の針を1時間戻して、午前2時にするのです。


 まあ深夜なので実際にこの時間に時計を動かす必要はなく、土曜日の夜寝る前に時計を調整しておくか、今はスマホやPCの時計は自動的に切り替わるのでそちらを確認すればいいですね。サマータイム期間中に7時間だった日本との時差は、8時間になります。

DSC_6356.JPG

↑私の目覚まし時計はサマータイムの設定ができるタイプ。でも切り替えは手動なので気を付けなければ…。

 
 ちなみにベルリンの日の出・日の入り時間がこちらのリンクから見られますが⇒
http://www.sunrise-and-sunset.com/de/sun/deutschland/berlin 10月29日(日)のところから冬時間になるので、日の出・日の入り共に1時間早まってますよね。


 この日に飛行機や列車の予約をしている人は、正しい時刻を間違えないようによく注意してくださいね~!


2017年10月20日
2017年10月13日
2017年10月12日
2017年10月 4日
2017年9月25日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベルリン特派員

    ベルリン特派員
    松永 明子
    ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
    )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集