海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンのミュージアムを巡る 1、チケットはどうす...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月25日

ベルリンのミュージアムを巡る 1、チケットはどうする?


メール プリント もっと見る

ベルリンのミュージアムを巡る 1、チケットはどうする?

これまでにも何度か、ベルリンの博物館のチケットや交通機関+博物館のコンビチケットについて
記事を書いたのですが、ちょっと情報が多くてごちゃごちゃしてきたので最新情報でまとめますね。


結論から書きますと...。


ベルリンで博物館・美術館を3箇所以上訪れたい人にオススメのチケット選択肢は3つ。


<選択肢 1>3日間ベルリン市内50箇所の博物館や美術館が入り放題
Museumpass (ムゼウムパス / 3 Day Ticket ともいう)を買う(24ユーロ・2016年7月現在)
*購入は、各対象ミュージアムかツアリストインフォ、一部ホテルフロント等で*


<選択肢 2>博物館島内の5箇所だけが3日間入り放題+電車/バスの3日券がついた
Welcomecard Museumsinsel (ウェルカムカード ムゼウムスインゼル)を買う(AB 42ユーロ・2016年7月現在)
*購入は、BVG(ベルリン市交通局)チケット売り場やツアリストインフォで*


<選択肢 3>博物館島の5箇所に1日だけ有効
Bereichskarte (ベライヒスカルテ 英語だと area ticket エリアチケット)を買う(18ユーロ・2016年7月現在)
*購入は、博物館島内の各ミュージアムチケット売り場で*


以上。他にも細かく分けていくと色んな選択肢があるのですが、ややこしすぎます!


日本からベルリンに観光で来る人の滞在日数は、たいてい2日~5日ほどの短期のはず。
その限られた時間の中でいくつか博物館を見たいというのであれば、
上記の3つの選択肢から選べばまず間違いありません。


滞在中「一箇所だけ」博物館に行きたいという方は、
直接現地の入り口でチケットを購入すればいいわけですが...。 
一番人気のペルガモン博物館は、必ず並びますのでそのつもりで!


逆にいえば、上記の3つの選択肢の中からどれを選んでも、事前にチケットが
買ってあればペルガモン博物館に入るときに(チケットを買うために)列に並ばなくても
よくなりますのでその意味でもオススメです。(特別展は除きます)

実は私も、最近初めて3日間有効の Museumpass を利用して博物館巡りをしてみました。
そこで気がついたことなど、これから数回に渡ってベルリンの「Museum」について書きますね!

過去の関連記事もご参考に。
 ↓ ↓ ↓
『3日間ベルリンのミュージアムに入り放題!オトクな Museums Pass』

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年8月25日
« 前の記事「ドイツは、歩道上の歩行者も右側通行です」へ
»次の記事「ベルリンのミュージアムを巡る 2、訪れるときの注意点」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    H&Mの新ブランド「ARKET アーケット」、ベルリンにもOPEN!
    地図アプリがなくても大丈夫。通りと番地がわかれば、ちゃんと目的地にたどり着けます!
    ベルリン、異常に暑い日が続いています。ゲリラ豪雨に注意!
    ノンシュガー、100%フルーツからできたグミ「N.A! フルーツスナック」ドラッグストアdmで買えます
    ワールドカップの応援グッズ、あちこちで販売中!
    ドイツの初夏のアペリティフ、イチゴのワインカクテル<エアトベーアボウル Erdbeerbowle>
    ドイツにはコンビニがないので、水と軽食は携帯したほうがいいです
    テーゲル空港でのスーツケース取り忘れに注意!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集