海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンのミュージアムを巡る 3、カフェとショップ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月31日

ベルリンのミュージアムを巡る 3、カフェとショップだけ行くのもアリかも!?


ベルリンのミュージアムを巡る 3、カフェとショップだけ行くのもアリかも!?

ほとんどのミュージアムには、カフェとショップが併設されています。
普通は、ミュージアムを楽しんだ後にちょっと一息つくためのカフェ、
記念の品や気に入った画家の画集を買うためのショップ、ではありますが...。


今回自分でベルリン内のあちこちのミュージアムをハシゴして、もしかしたら
カフェとショップだけを目的にミュージアムを巡るのも楽しいかも!と思いました。


理由1、カフェとショップだけを利用する場合はミュージアムの入場チケットが不要のことが多い

これは、どこでもそうとは限らないですが。たいていのミュージアムは館内に入ると
チケット売り場があって、その近くにクロークやトイレ、カフェやショップがあります。
展示室に入らない限りは、入場料がかからないところも多いのです。

P1140052.JPG

バウハウス資料館 のショップ。他では見つからない、ココならではの素敵なグッズがたくさん。


理由2、ショップでは、そのミュージアムに展示されているものがざっと把握できる
ショップで販売されているのは、たいてい現在展示されている作品をモチーフにした
ポストカードや画集、写真集など。それを見れば、一体どんなものが展示されている
ミュージアムなのかがぱっと理解できます。それで現物を見たい!と思えば見に行けばいい。

P1140176.JPG

ボーデ博物館 のショップ。画家別の画集もたくさんありました。


理由3、街中のカフェやショップとは違う雰囲気が楽しめる
博物館・美術館ならではのインテリアで、ちょっと非日常な空気が流れます。
特にボーデ博物館のカフェはおすすめ!こんな素敵なところでコーヒーが飲めるとは。

P1140174.JPG

↑これがボーデ博物館 のカフェ。恐らく博物館島の中で一番空いているミュージアム。


というわけで、普段からカフェやショップ巡りが好きな人には、
こんなミュージアムの楽しみ方もあるのではないか?というご提案でした。


*その他、ベルリンのオススメ口コミ情報はこちら→☆


読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。情報がお役に立ちましたら
ここを↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術
2012年8月31日
« 前の記事「ベルリンのミュージアムを巡る 2、訪れるときの注意点」へ
»次の記事「ベルリンのミュージアムを巡る 4、Museumpass が利用できるミュージアムを巡ってきました」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    オランダの大型雑貨店「HEMA」がベルリンにも登場!
    テーゲル空港のバスチケット売り場、ツアリストインフォメーションと一緒になってます
    H&Mの新ブランド「ARKET アーケット」、ベルリンにもOPEN!
    地図アプリがなくても大丈夫。通りと番地がわかれば、ちゃんと目的地にたどり着けます!
    ベルリン、異常に暑い日が続いています。ゲリラ豪雨に注意!
    ノンシュガー、100%フルーツからできたグミ「N.A! フルーツスナック」ドラッグストアdmで買えます
    ワールドカップの応援グッズ、あちこちで販売中!
    ドイツの初夏のアペリティフ、イチゴのワインカクテル<エアトベーアボウル Erdbeerbowle>

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集