海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > クリスマスマーケットって、結局何を楽しむところなの...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年12月24日

クリスマスマーケットって、結局何を楽しむところなの??


メール プリント もっと見る

クリスマスマーケットって、結局何を楽しむところなの??

ホワイトクリスマスになるかな?と期待していたのですが、急に気温が上がり

雨が降っているクリスマスのベルリンです。積もっていた雪は全部溶けてしまいました...。

クリスマスマーケットもほとんどのところは23日で終わってしまったのですが、

そもそも、クリスマスマーケットに行くと何が楽しいのか?
ということが今ひとつ日本には伝わっていないような気がするので...


今年のクリスマスの締めくくりに、(そして来年以降ドイツにいらっしゃる方のために)
ここで私なりの「ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方」について書いておきますね。


クリスマスマーケットとは、日本でいうところの「屋台が並ぶ縁日」である。


クリスマスマーケットの起源や宗教的な意味合いについては

諸説ありますので私は何も言及いたしませんが...。

観光客にとってのドイツのクリスマスマーケットは「縁日」です。


要するに、屋台がいっぱい出ていて、そこならではの食べ物が売られていて、
お酒もあって、露天で雑貨やお土産が買えて、人がたくさんいて活気があって、
なんだかそこにいるだけでワクワクしてお祭りムードになってしまう場所
 です。


というわけで、クリスマスマーケットの典型的な楽しみ方としては


1、まず最初に寒空の下で歩き廻る身体を温めるために、
グリューヴァイン(Glühwein・ホットワイン)を屋台で買う。

このとき、たいてい陶器のマグカップ代金の保証金としてドリンク代とは別に
2-3ユーロ払うことになるので驚かないように!カップを返却するとお金が戻ります。

保証金を払ったカップは、お店に返却しないでお土産として持ち帰ってもOKです。

P1140944.JPG


2、グリューヴァインをすすりながら、露天を冷やかして歩く。
ドイツらしいクリスマスのオーナメントを探したり、クリスマスならではの
お菓子の専門店でレープクーヘンシュトレン を買うのもよいでしょう。

P1120123.JPG

3、ドイツならでは!の屋台での食事を楽しむ。
定番の焼きソーセージ(Bratwurst・ブラートヴルスト)はもちろん、
冬のドイツの屋台ならではの煮込み料理などを頼むのもクリスマスマーケットの醍醐味。
実際に見てから頼めるのも、屋台で食べる際のメリットです。

P1120130.JPG


4、イベントがあればラッキー☆
たいてい週末には、各クリスマスマーケットでプログラムに従って
聖歌隊のコーラスや楽器の生演奏などのイベントが開催されます。
ちょうどそのときにあたれば、せっかくなので前のほうで楽しみましょう♪


5、あとは、まったりするなりハシゴするなり
以上で、基本的なクリスマスマーケットの楽しみ方は終了です。なので、一回りしたら
あとは別のクリスマスマーケットに移動して別の雰囲気を楽しむもよし、
マーケットによってはテントで囲んであって暖房の効いたレストランがあるところもあるので、
そこでじっくり腰を落ち着けて食事をするもよし。 もしくは寒くなければ外で
グリューヴァインを飲みながらマンウォッチングをするのも楽しいです!

P1140945.JPG


ドイツのクリスマスマーケットは、お金をかけずにただ雰囲気を味わいながら
写真を撮って満喫することもできますし、おいしいものやお土産を買いながら
しっかりお金を使って楽しむこともできます。そこはお好みで!


私の場合、クリスマスマーケットに行くとグリューヴァインを1-2杯(3-6ユーロ~)飲んで
あとは、おいしいシュトレンがあれば買ったり(10ユーロ前後~)お腹が空いていれば
何か食べたり(4-8ユーロ前後~)...というのが大体の予算でしょうか。
全体的に普通にスーパーやカフェで買い物・飲食するよりは高めになります。


日本の縁日と一緒で、本当においしいものや良い品を買いたいのであれば
デパートに行ったほうがいいですが、ここはあくまで雰囲気を楽しむところとして、
割り切って思いっきり楽しむのがオススメです!


*その他、ベルリンのオススメ口コミ情報はこちら→☆


読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。情報がお役に立ちましたら
ここを↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産
2012年12月24日
« 前の記事「ちょっとオシャレして大人な夜を楽しみたい「カメレオン・ヴァリエテ」」へ
»次の記事「ベルリンの年越しパーティー、今年はペットショップボーイズも登場!」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    意外なところで見つけた、おすすめベルリン土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンの大晦日は、世界最大級の年越しオープンエアパーティー!
    冬にオススメのドイツ土産 Fashyの湯たんぽ!
    安くておいしいDitschのブレッツェル
    トラブル続きの市内交通:Sバーンの運行が大幅に乱れてます
    MARKT HALLE マルクトハレ はおいしい&楽しい!
    ディスカウントスーパーでの会計は、素早く機敏に...
    ドイツのオススメのど飴 旅行中、風邪気味のとき助かります!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/24更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集