海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンLOVE!なのはどこの国の人?

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月26日

ベルリンLOVE!なのはどこの国の人?


メール プリント もっと見る

ベルリンLOVE!なのはどこの国の人?

ベルリンを訪れる観光客の数は、ここ10年間増え続けています。
先日公式に発表された2012年度のベルリン訪問者の数は
前年比10%増の約1,100万人!

P1110056.JPG

その観光客のうち、およそ半数はベルリン以外の国内から
訪れるドイツ人ですが、あとの半数は外国からのツアリスト。
その内訳がなかなか興味深かったのでご紹介。


ベルリンを訪れる観光客・出身国別 トップ10
( )=人数 〈 〉=前年比

1位:ドイツ  (14,3万人) 〈+9,1%〉
2位:イギリス  (10万人) 〈+13,8%〉
3位:イタリア  (8,6万人) 〈+12,4%〉
4位:アメリカ  (7,6万人) 〈+16,4%〉
5位:オランダ  (7,5万人) 〈+6,7%〉
6位:スペイン  (6,6万人) 〈-5,3%〉
7位:フランス  (6,1万人) 〈+16,6%〉
8位:デンマーク (6万人)  〈+17,9%〉
9位:スイス   (5,2万人) 〈+13,6%〉
10位:ロシア  (4,2万人) 〈+32,2%〉


イギリスから遊びに来る人が多いですね!このベルリン特派員ブログの
第一回でも紹介しましたが、(過去記事⇒「ベルリンは、ドイツの中のニューヨーク!?」
イギリスの新聞「ガーディアン」のサイト内では、ロンドン、ニューヨーク、パリ、などと並んで
ベルリンが「世界のベストシティ」のひとつとして取りあげられガイドページ
オープンしているくらいですのでやはり人気が上がっているのだと思います。


イタリア人が多いのは納得ですが、意外とアメリカからも来ていることに驚きました。
遠いのに、みんなドイツまで来るのですね~。 あと、人口が600万人に満たない
デンマークから6万人が訪れているってのはスゴイ。デンマーク人の100人に1人は
去年ベルリンに来てるってことですよ!?これは理由が気になりますね...。


残念ながらスペインだけは、マイナス成長になってます。景気が悪いのでしょう...。
それに対して、ロシアからのお客さんは32%増と、すごい勢いで増えてます。
街中でも、お金持ちそうなロシア系の人達が豪快にショッピングを楽しむ姿を目にします。
今の日本でいうと、お金持ちの中国人客がデパートでがっつり買い物している感じですね。


ベルリンは、ひと言で「観光都市」とは言えないものすごく多面性のある街です。
ある人にとっては、本場のクラシックコンサートを聴くための街かもしれないし、
別の人にとってはクラブをハシゴして朝までパーティーを楽しむための場所かもしれない。
もちろん、激動の歴史に思いを馳せる地でもあるし、個性的なカフェやショップ、
蚤の市をぶらぶらするだけで十分楽しめる町でもある。


どんな人でも、必ずお気に入りのエリアや楽しみ方が見つけられるのが
ベルリンの魅力なのだと思います。だからこそ、今世界中から注目されていて
これだけの観光客が集まるのですし。 


日本には、ベルリンの魅力はまだまだ3%くらいしか伝わっていないと思うので、
これからもこの特派員ブログを通じて「ヨーロッパの中のニューヨーク」
知られざるベルリンの姿をお伝えしていきたいと思います!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2013年2月26日
« 前の記事「日曜日でも買い物ができる特別な日」へ
»次の記事「ベルリンに来たら、ケバブを食べなきゃ!」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    意外なところで見つけた、おすすめベルリン土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    食べたい分だけ支払えばいい、セルフサービスのカフェ
    要注意!2月18日(土)ストで地下鉄・バス・トラムがストップします
    電車のドアは自動じゃなくて、自分で開けます
    毎年恒例のベルリン国際映画祭が始まります!
    ベルリンの祝祭日 2012年

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/23更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集