海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンで、宿泊するならどのエリアを「避ける」のが...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年5月28日

ベルリンで、宿泊するならどのエリアを「避ける」のがいい?


メール プリント もっと見る

ベルリンで、宿泊するならどのエリアを「避ける」のがいい?

前回の記事では、ベルリンでホテルを探すときの参考になるように
初めてベルリンを訪れる人にもわかりやすい、オススメの地域を紹介しました。


さて、今日はその逆のエリア。


「この辺りに泊まるのは、あまりオススメしません。」
という在住者目線の正直なところをこっそり教えちゃいますよ。

その前に。この「ベルリンで宿泊するのにオススメしないエリア」というのはあくまで
私の独断であり、2013年5月時点での情報だということを予めご了承ください。


ベルリンは、ものすごいスピードで変化を続けている街です。
まだまだ発展途上で「完成されていない街」なので、あちこちで大規模な
工事が行われており、街のどこに行っても、巨大なクレーンが目に入ります。

街の中心部ほど、どんどん古い建物は壊され、改装され、新しい建物が乱立している
状況なのでざっくり言うと「街の中心部ほど、工事が多くて騒がしい」エリアになります。


それを踏まえた上で。私がベルリンに泊まる日本人観光客に


*オススメしないエリア* は...


ベルリン中央駅周辺  周辺は工事中の空き地ばかりでホコリッぽく、何もありません!
普通ヨーロッパの都市では、中央駅の周辺といえばインフラが整っており
周辺にはホテルや商店がずらりと並んで旅行者にはとても便利な場所である、
という位置づけですが。残念ながらベルリンは違います!

(*2017年追記*2017年1月時点の新記事をアップしましたので、こちらもご覧ください→『ベルリン中央駅周辺での宿泊について』


P1160316.JPG

↑駅の北口を出るといきなりこの風景!

2006年にオープンした中央駅は、駅こそ立派に稼動していて駅の中は便利ですが、
周辺の開発がまだ全然進んでおらず、徒歩圏内では食事場所にすら困るような立地です。
ビジネスで、1-2泊だけの予定という方ならともかく、観光目的の人には
中央駅から周辺500mほどのエリアは全くオススメしません。

↓東側もこんな有様。

P1160323.JPG

ポツダマー・プラッツ駅周辺   行くとがっかりする名所のひとつです!
現代ベルリンの象徴の一つともいわれるソニーセンター等があり、いつも多くの観光客で
賑わっているエリアですが、地元の人は仕事以外ではまず行かないエリアです。

観光客向けのレストランやショップが再開発されたピカピカの建物内にきれいに並んでいて、
ホテルもたくさんありますが、ベルリンに来てわざわざこのエリアに泊まる必要はないと思います。
ただ、毎年2月のベルリン映画祭開催中でしたら、スターが間近で見られるかもしれません☆



このほか、ウンター・デン・リンデン (Unter den Linden) というベルリンを代表する大通り沿いも、
現在は地下鉄工事の影響でフリードリヒ通り(Friedrichstr.)と交差するあたりを中心に、
大通りの片側が封鎖されて重機が並び、全く美しくない眺めになってしまっています。

P1160330.JPG

↑フリードリヒ通りから見たウンター・デン・リンデン。これが、ベルリンのシャンゼリゼ?


それに伴い、地下鉄U6号線はFriedrichstr.駅~Franzoesichestr.駅の間が
不通になっていますので、U6号線の駅近くのホテルに泊まると少々不便です。
この工事は2013年の秋までの予定となっていますが、そこはベルリン。
工期が伸びることは日常茶飯事ですので、まあ今年中には終わらないのではないかと..。


以上、私の個人的な考えではありますが「自分の知り合いがベルリンに遊びに来るなら
絶対このエリアのホテルはオススメしないな...。」と常々感じているスポットをまとめました。
みなさんのホテル選びの参考になれば幸いです!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2013年5月28日
« 前の記事「ベルリンで、宿泊するならどのエリアがいい?」へ
»次の記事「私がベルリンに旅行者として宿泊するなら、選びたいエリア」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ドイツのペットボトルは、ゴミではなくお金です!
    ベルリンで、観光地から離れてゆっくりショッピングがしたいなら、ここ!
    ベルリンの夏の風物詩、「ゲイパレード」がやってきます!
    要注意*ベルリン新空港(BER)のオープンが延期になりました!(追記あり)
    ビアガーデンでは、ビールを飲まなくても問題なし☆
    ベルリンは、実は「ヨーロッパで行ってみたい街トップ3」に入るのです!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/20更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集