海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンに来る前に、ぜひこのガイドブックを手に入れ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月18日

ベルリンに来る前に、ぜひこのガイドブックを手に入れて!


メール プリント もっと見る

ベルリンに来る前に、ぜひこのガイドブックを手に入れて!

インターネットで情報収集をするのが当たり前の時代になり、旅先にも
タブレットPCやスマートフォンを持参してガイドブック代わりにする人が増えていますね。


それでも、やっぱり「ガイドブック」はあったほうがいい!というのが私の持論。
足の向くまま気の向くまま、という旅もありだと思いますが
ベルリンはとっても広くて見所が満載の街なので、
ある程度先に情報収集して「自分が」行きたいエリアを決めておかないと
「つまらない観光名所だけを見て、本当に面白いエリアは見逃して帰る」
ということになりがちです!それでは、もったいなさすぎ。


というわけで、ベルリンに来る方にはぜひ!事前にしっかりと
ベルリンの見所について下調べをしてきて欲しいと思っているのですが、
そのためにオススメするのが、こちら。


guide.jpg


『ベルリンガイドブック』 中村真人 著

(↑クリックするとamazon のページに飛びます)


この本は、著者のベルリンに対する愛情と豊富な知識がぎゅっ!と詰まっていて
ガイドブックとしてはもちろん、「ベルリン」という街を知るための

入門書としてもとっても読み応えがあります!


世界的に見てもかなり特殊な歴史に翻弄されたこの街の魅力を知るためには、
必ず現代だけではなくて壁のあった時代や、それ以前の歴史にも目を向けることになります。
そういった、「教科書で読むとちょっと難しそうな部分」もこの本の中ではわかりやすく説明してあり、
ただの街歩きのため・名所めぐりのためのガイドブックとは一線を画した内容になっています。


もちろんガイドブックとしての完成度も素晴らしく、ベルリンの街を12のエリアに分けて
詳細かつわかりやすく見所を紹介しています。他のガイドブックではまだまだ紹介されない、
生活エリアであるシェーネベルク地区や、ノイケルン地区が載っているのもポイント高し!


私がモットーとしている「ベルリンの本当の魅力は、日々の生活の中にあり!」というのも
結局はそういった「他のガイドブックには載らないエリア」での日常の光景のことなので、
観光客だけのエリアじゃなくて、ベルリンの素顔が覗いてみたい!という人には特にオススメの一冊です。


ちなみに、この「ベルリンガイドブック」は「地球の歩き方」から出ている本なのですが
だからといってそのつながりで、私がここでオススメしているわけではないですよ!
単純に、ベルリンをよく知る上でとってもいい本なので、心から推薦いたします。


ベルリン旅行が決定している方は、ぜひぜひ!お手に取ってみてくださいね。
これを読まずにベルリンを旅するのは、もったいないですよ~!

読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!

◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2013年8月18日
« 前の記事「朝市は、平日もあちこちで開催していますのでぜひ立ち寄って!」へ
»次の記事「ベルリンにもあります!ミュンヘン名物ビアガーデン「ホフブロイハウス」」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンのミュージアムを巡る 3、カフェとショップだけ行くのもアリかも!?
    ベルリンのミュージアムを巡る 2、訪れるときの注意点
    ベルリンのミュージアムを巡る 1、チケットはどうする?
    ドイツは、歩道上の歩行者も右側通行です
    ベルリンの気候と服装について
    窓の外に緑が広がる地下鉄ホーム!?

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/20更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集