海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ドイツのホットワイン、グリューヴァイン(Glühw...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月27日

ドイツのホットワイン、グリューヴァイン(Glühwein)のトリビア


メール プリント もっと見る

ドイツのホットワイン、グリューヴァイン(Glühwein)のトリビア

早いもので、もう11月も残りわずか。今週からは各地でクリスマスマーケットも始まっています!
そしてドイツのクリスマスマーケットに欠かせないものといえば、グリューヴァイン(Glühwein)。
いわゆるホットワインで、フランス語だとヴァン・ショー(vin chaud)と呼ばれるものです。

「温かいワインって、おいしいの...??」
飲んだことがない人はちょっと味の想像がつかないかもしれませんが
赤ワインに砂糖やハチミツで甘みがついていて、オレンジ、シナモン、クローブなどの
柑橘類とスパイスが入ったグリューヴァインは、いかにもクリスマス!という香りがして
とってもおいしいんですよ☆ 白ワインで作られたものもあります。

Gluehwein.jpg

寒~い外で飲むからおいしさ倍増!


さて今回は、そんなグリューヴァインについてのちょっとしたトリビアをご紹介しますよ!

知らなくても困らないけど、知っていればより一層おいしく飲めるプチ情報!?


クリスマスマーケットでグリューヴァインを販売する屋台の数は決められている!
これは、マーケットの大きさ等によって決められていて、5軒に1軒か、
10軒に1軒だけグリューヴァインを売ってもよいのだそう!


グリューヴァインは、78℃以上に熱してはいけない!
理想的な温度は72℃だそうですが、とにかく78℃以上の高温になるとアルコールが飛び、
糖分がキャラメル化してしまいワインも色が悪く、苦くなってしまうから。


グリューヴァインは「アルコール分7%以上」でなくてはいけない!
これは法律で決められていて、最低7%のアルコール分がなければグリューヴァインではないのです!
もちろんお子様は飲んではいけないので要注意~。


...さすがドイツ、何事にも明確なルールが決められているのが面白いですね。
クリスマスマーケット内のグリューヴァイン屋台の数まで決まっているなんて...^^;


ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方は、過去記事でも紹介していますので
こちらもぜひご覧くださいね!→『クリスマスマーケットって、結局何を楽しむところなの??』

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。情報がお役に立ちましたら
ここを↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!

◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年11月27日
« 前の記事「手作り材料・キットが豊富に揃う趣味の店 HOBBYSHOP Rüther」へ
»次の記事「スタイリッシュな革のバッグが揃う、おすすめのショップ ZANA」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    11月にドイツ土産を買うなら、アドベントカレンダー!
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    1年前の同じ月に投稿された記事
    クリスマスマーケット、各地で始まりました!
    11月後半の日曜日は蚤の市は開催されません
    在住者にも旅行者にもオススメ!タイ・ヨガマッサージ

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/22更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集