海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンのレストランやカフェでビールを頼むならどれ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月14日

ベルリンのレストランやカフェでビールを頼むならどれ?


メール プリント もっと見る

ベルリンのレストランやカフェでビールを頼むならどれ?

前回の記事『ベルリンで、とりあえず1本ビールを買って飲むなら? 』では、「ドイツビールって種類がいっぱいあって、どれを飲んでいいのかわからない!」というビギナー向けに、ベルリンっ子に人気のある、どこでも手に入る銘柄をご紹介しました。


今回はその続きとして、「ビールは詳しくないんだけど。せっかくのドイツ旅行だから色々飲んでみたいんだよね~。」という方がベルリンのレストランやカフェでビールを注文するなら、どれを選べばいいのか?ということについてです。


一般的なレストランのドリンクメニューには、たいてい3~5種類くらいのビールが並んでいるはずですので...... 一番上に書いてあるビールを頼めば、それがその店で一番人気のビールです(^_^;)!


そして、それはほとんどの場合ピルスナータイプの生ビールです。銘柄は店によって色々ですが、大手ビールメーカーのピルスナーを、メニューの一番上に記載するのがベルリンでは普通です。そしてたいてい、生ビールは 0,3ℓ か0,5ℓ が選べます。


DSC_0328.JPG

↑とあるホテルのバーの典型的なメニュー。英語併記でわかりやすいので例として載せます。


上の3種類のビールは、どれも銘柄名の後に「vom Fass (生ビール)」と記載されています。ビールのタイプは明記されていませんが、上の2種類はピルスナー。3つ目の銘柄は「Hefeweizen(白ビール)」とあるので、この店ではピルスナー以外に、白ビールも生を用意しているということです。(生は、ピルスナーしか出してないというお店も多いんです。)


次のAlster(アルスター)、Diesel(ディーゼル)というのは、横に書いてあるとおりビールをそれぞれスプライトかコーラで割ったものです。お味は、想像の通り半分ジュース、半分ビールなので甘いです。


そしてその次に、黄色の下線で「Flasche(瓶)」と書いている3種類は瓶ビールですが、それぞれ専用のグラスに注がれて運ばれてきます。銘柄名の後に書いてある白線を引いた部分が、それぞれのビールのタイプになります。これは全部書くと長すぎるので、味の違いに興味のある方はそれぞれ調べてみてくださいね(^_^;)!


で、最後の行に書いてあるのは一応ベルリンを代表するご当地ビール、Berliner Weiße(ベルリーナーヴァイセ)。アルコール度数低めの白ビールにシロップ(クルマバソウ/ラズベリー)を混ぜたもので、ほんのり甘く口当たりがいいのでビールが苦手な女性にはウケがいいです。ただ、これはベルリンっ子はあまり飲まないですね。ツアリストが「ベルリン名物だから」というノリで飲んでいることがほとんどです。


というわけで。色々考えるのが面倒な人は、とにかく一番最初に書いてあるビールをまず頼み、2杯目以降は別のタイプのものを選んでみるのがいいですよ! この「迷ったらまず最初のビール」ルールは、ドイツのどこの町でも通用しますし。


ただ、地域によって人気のご当地ビールは変わるので、ベルリンではピルスナーが主流ですが、例えばケルンだったらケルシュ、など人気のビールのタイプも変わりますし、ビール醸造所レストランならそのお店のイチオシが最初に記載されているので、どこでもピルスナーが出てくるわけではないです。


ちなみに私個人的には、ピルスナーよりも白ビールや黒ビールが好きなので、たいていどこへ行っても白ビールから注文します。「えっ白ビールって何?」という方は、ぜひドイツへ来る前にドイツビールの種類を簡単に調べて、ドイツでその味の違いを体験してみてくださいね!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー
2015年5月14日
« 前の記事「ベルリンで、とりあえず1本ビールを買って飲むなら?」へ
»次の記事「ベルリンのおすすめビオ・スーパー、BIO COMPANY」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    1年前の同じ月に投稿された記事
    旅チャンネルで「大人のヨーロッパ街歩き # 75 ドイツ・ベルリン」が再放送されます
    ベルリンのテレビ塔、チケットの種類が色々あります
    白アスパラの季節です!
    ベルリンのタバコ事情

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/18更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集