海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > カフェやレストランのチップは、いくらくらい?どうや...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月 8日

カフェやレストランのチップは、いくらくらい?どうやって払う?


メール プリント もっと見る

カフェやレストランのチップは、いくらくらい?どうやって払う?

チップの習慣は、そもそも日本にはないので戸惑いますし、外国でも国や町によって違ってくるのでちょっと面倒ですよね。


とはいえ旅行者がベルリンでチップを払う機会があるのは、カフェやレストラン、あとはタクシーくらいですので、ここでまとめておきますね。


基本的にはチップは、サービスに対する感謝の気持ちを表すものという位置づけなので、気持ち良いサービスを受けたら渡せばよいですし、逆にサービスに不満ならば無理に渡す必要はありません。


DSC_1239.JPG

レストランのサービスは、お店や担当者によりますが 良いサービスを受けると「チップをはずもう!」という気持ちになります。 この写真は、ドイツワインが充実している『Glügk 』にて。


渡す金額は、飲食代金やサービス料金の5%~10%くらいを目安に、キリのよい金額でOKです。


セルフサービスのカフェ等ではチップは必要ありませんが、スタッフがテーブルまで注文を取りに来てくれる店であれば、担当スタッフによるテーブル会計が基本なので、チップを「渡す」というよりは、「飲食代金と合わせて支払う」という感じになります。


例えば、飲食代金が 24,50ユーロだったとしたら、キリよく25ユーロを出して「Stimmt so. シュティムト・ゾー (お釣りはいらないです)」と言ってもいいですし、よいお店だったから感謝を込めて 27ユーロ払おうと思うならば、「27ユーロ。」と言って例えば30ユーロを出し、お釣りを3ユーロ貰えばOKです。


タクシーの場合も同様に、5~10%くらいを目安に、感じのよいドライバーさんだと思ったなら多めに渡してもいいですし、荷物をたくさん積み込んでもらったなどの場合にやや余分に支払います。


クレジットカードで支払う場合は、チップを含めた金額を伝えて決済してもらってもよいですし、額面通りに決済してもらって、チップは現金でテーブルに置いたりスタッフに渡すのでもよいと思います。


高級レストランやホテルなら、サービス料が会計に含まれている場合も多いので、レシートを確認してサービス料金がすでに入っているならチップを別途渡す必要はないです。あと、ドイツではホテルのルームクリーニング係への枕銭は不要ですよ。

読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ



☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 生活・習慣・マナー
2015年9月 8日
« 前の記事「カフェ・アインシュタイン Café Einstein の アプフェル・シュトゥルーデル Apfelst...」へ
»次の記事「私が一番美味しいと思うドイツパン」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    11月にドイツ土産を買うなら、アドベントカレンダー!
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    1年前の同じ月に投稿された記事
    10月のベルリンは、夜がキレイ! 半月間のイルミネーションイベント
    Berlin Welcome Card よりも、1日乗車券・1週間券のほうがオススメです

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/21更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集