海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 3、市バスでツ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月17日

ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 3、市バスでツェツィーリエンホーフ宮殿へ行く方法(乗り換え検索の使い方)


メール プリント もっと見る

ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 3、市バスでツェツィーリエンホーフ宮殿へ行く方法(乗り換え検索の使い...

 サンスーシー宮殿とその庭園に続いて、ポツダムで多くの日本人が訪れたい場所として挙げるのはやはり「ポツダム会談」が行われた場所である、ツェツィーリエンホーフ宮殿。中心地や、サンスーシー宮殿からは数km離れた場所に位置するので、ツアー以外で個人で行くならば市バスやタクシーを利用することになります。

 というわけで今回は、乗り換え検索を活用して、市バスでツェツィーリエンホーフ宮殿まで行く方法を書きますね。 現地でスマホ等を使える設定にしていく方はもちろん、事前に行き方や所要時間を調べておきたい方にも参考になると思います。

 まずは乗り換え検索。実は、ベルリン市内の乗り換え検索として私も日々活用しているBVG(ベルリン交通局)のサイト では、ポツダム市内の乗り換え検索もできてしまうのです!!

 スマホでBVGのサイトを開くと、こんな感じ(英語表示)。とてもシンプルでわかりやすいです。

bvgapp.png

 あとは、from のところに出発地(例えばサンスーシー宮殿からなら「Potsdam, Schloss Sanssouci」)と、to のところに目的地(ツェツィーリエンホーフ宮殿は「Potsdam, Schloss Cecilienhof」)を入力して、日時を確認して検索スタート。

 すると、こんな感じの検索結果が出ます↓ 

Screenshot_2015-10-13-15-02-59.png

黄色い線は私が書き足したものですが、楕円で囲んであるのが、この場合はバスの停留所名。

 15:18にサンスーシー宮殿のバス停(Potsdam, Schloss Sanssouci)から695番(Potsdam Hauptbahnhof 行き)バスに乗車して Potsdam,Platz der Einheit/West のバス停で15:28下車。同じバス停から15:38発の603番( Potsdam, Höhenstr.行き)バスに乗り換え、15:49にPotsdam, Schloss Sanssouci で下車すればよいのがわかりますね。

(ちなみに時間帯や曜日が変わっても、サンスーシー宮殿からツェツィーリエンホーフ宮殿へ移動する場合は基本的にこのルートになります。)

 実際のスマホやPCの検索画面では、黄色い矢印の先にある地図マークをクリックするとそのバス停を中心とした周辺地図が開くのも便利です。

 出発地や目的地は、ベルリン中央駅(S+U Berlin Hauptbahnhof)など、ベルリン市内の駅やバス停でも検索可能ですし、バス停名などがわからない場合も住所や目的の名所名でもOKです!

 と、ここまで書いておいてなんですが、今はGoogleMapの「ルート・乗り換え」機能を使えばこういった市内交通の乗り換えはもちろん、一部徒歩での場合の所要時間の比較とかもできてしまいますので、日本で普段からGoogleMapを活用している人であれば、ドイツでもスマホひとつあれば移動はできてしまいます(^_^;)。

 ただやはり、ネットが繋がらない場合等に備えて、事前に旅先での移動方法や所要時間を調べておくのは大事なことだと思いますし。移動時間がわからないと旅のプランが立てにくいですので、今回紹介したBVGの乗り換え検索等は、ベルリンとポツダムへの旅行時に必ず役立ちますのでぜひ利用してみてくださいね。

 

 ツェツィーリエンホーフ宮殿の見学は、そんなに混んでいないので行けばたいていすぐに入れます。日本語の無料オーディオガイドがあるので、それを聞きながら見学すると所要時間は30~1時間ほど。 開館日等については、公式サイトの「Opening Hours」欄を参照してください。⇒http://www.spsg.de/en/palaces-gardens/objekt/schloss-cecilienhof-1/

ちなみに、併設のホテルは現在閉館しており、残念ながらレストランもなくなってしまいました...。

 見学後にポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof )へ戻るには、来るときに降りたのと同じバス停から603番のバスに乗車すると、そのまま次のバス停(終点・Höhenstr. )を通って、市街へ折り返しますので終点の(Platz der Einheit/West)で下車し、中央駅方面行きのトラム(91、92、96、98のいずれか)に乗り換えて5分ほどです。

読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2015年10月17日
« 前の記事「ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 2、サンスーシー宮殿のチケットは事前に予約購入がおすすめ!」へ
»次の記事「ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 4、サンスーシー庭園内の見所」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    意外なところで見つけた、おすすめベルリン土産

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/22更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集