海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > お店に入ったときのあいさつはいつ、なんて言えばいい...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月28日

お店に入ったときのあいさつはいつ、なんて言えばいい?


メール プリント もっと見る

お店に入ったときのあいさつはいつ、なんて言えばいい?

 個人ガイドで町歩きをご一緒するお客様から、「日本では店員さんに挨拶する習慣がないから、ベルリンのカフェやショップに入ったときにどんなタイミングで挨拶すればいいのかわからない。」という声をよく聞きます。

 
 ドイツには日本語の「いらっしゃいませ。」 に当たる言葉がないので、お客さんと店員さんとのやりとりは、基本的に「こんにちは(おはようございます/こんばんは)」の挨拶から始まります。確かに日本では言わないですよね。


 私もベルリンに来た当初は、「スーパーのレジでも、いちいち『ハロー』って挨拶するんだ!」とか、「意外と『グーテン・ターク』は使わないんだなぁ。」とか、小さな発見の連続でした。ガイドブックには細かく書いてないので、ベルリンへ旅行に来た方にもわかりやすい範囲でまとめておきますね。


<お店のタイプ別、挨拶のタイミング>


・個人経営の小さなカフェやショップ(入口から店内全体が見渡せて、店員さんとすぐ目が合う距離)なら、店に入ってすぐに店員さんの方を見ながら「ハロー。」と明るい声で。 店員さんが見当たらなかったら、入って行って店員さんが自分を認識したときに必ず挨拶を。


・スーパーマーケットや大型店舗、デパート等では、レジで自分の番が来たときに軽く「ハロー。」


・セルフサービスの飲食店では、注文カウンターで自分の番が来たときに軽く「ハロー。」


・レストランでは、店内に入ったら最初に気が付いてくれた店員さんに「グーテン・ターク(夜なら『グーテン・アーベント』)」と挨拶して席に案内してもらい、テーブルに別の担当者がついたらまたその人にもにっこりと挨拶を。


・専門店やブランドショップなら、「グーテン・ターク」と挨拶をしてから、自分が探しているものを伝えます。


・インビスと呼ばれる屋台(カレーソーセージやケバブのお店など)、朝市に並んでいる生鮮食品のお店などでは、挨拶は省かれることが多いです。こういうお店では、「Bitteschon ビッテシェーン?(「何にしましょう?」「ご注文は?」の意味)」と声をかけられるので、すぐに注文してOKです。


 いずれの場合でも、店員さんと目を合わせてにっこりとやりとりをすることと、対応してもらった後の「Danke ダンケ (ありがとう)」が重要です! ドイツ語がわからなければ片言の英語でもちろんOK。店員さんとお客様、という立場というよりは、一対一の人間としてのやりとりなのだと認識していれば、無理なく挨拶が出てくるようになりますよ。


 あと、上記のお店のタイプ別挨拶は、私がベルリンで実際に使っている表現です。標準ドイツ語で「こんにちは」は「Guten Tag グーテン・ターク」なのですが、ベルリンでは「Hallo ハロー」というカジュアルな表現をすることのほうが多く、よほど高級なレストラン等に行かないと「グーテン・ターク」は使われない印象です。(自分や相手の年齢にもよると思いますが。) でもこれは、ドイツの他の町ではまた違ってきますのであくまでベルリンでの挨拶例だと考えてくださいね!


DSC_2433.JPG

レストランでちゃんとしたサービスを受けるには、お客さんの側からもしっかりと挨拶をすることが重要です!


 ベルリンでのドイツ語の挨拶については、私とベルリン在住フリーライターの久保田由希さん とで書いているベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」の過去記事 でも書いていますので、そちらもぜひご一読ください!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ



☆ベルリンホームステイについてはこちら☆  女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇  空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2015年12月28日
« 前の記事「ロンドン発のインテリアショップ Habitat ハビタ がベルリンに登場」へ
»次の記事「ベルリンの年越しイベント」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ディスカウントスーパー PENNY で買える、私のお気に入りワイン&缶詰
    普段ベルリンでは買えない美味しいもの、クリスマスマーケットで買えます!
    ベルリンで、ドイツ製&手作り のお土産やプレゼントを探すなら。

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/25更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集