海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンフィルのヴァルトビューネ野外コンサートに行...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月10日

ベルリンフィルのヴァルトビューネ野外コンサートに行ってきました


メール プリント もっと見る

ベルリンフィルのヴァルトビューネ野外コンサートに行ってきました

 年に一度、6月の下旬に開催されるベルリンフィルの野外コンサート。私も今年初めて足を運びましたので、その様子についてレポートします!


 ただ、私はクラシックコンサートの内容についてウンチクを語る資格はありませんので、このレポートは、今後このコンサートに行かれる方が会場について知っておくと便利だろうな、というネタだけを書きますね。


DSC_3612.JPG


 まず、ヴァルドビューネ(Waldbühne)というのは会場の名前で、ヴァルド(森)+ビューネ(舞台)=森の舞台、という意味。その名の通り、森に囲まれた野外コンサート場なのです。見ての通り、青空ステージ。客席には屋根がありません。


 要するに、雨が降ったらずぶ濡れです! 傘は禁止されてはいませんが、「後ろの人に迷惑になるので、なるべく雨合羽などを着用して、傘は避けて欲しい。」とHPに明記されていますので、レインコート等を用意していってください。


DSC_3605.JPG


 それに、6月下旬のベルリンは、お天気が良ければ30℃を超える日もありますが、年によっては15℃くらいの場合も。そのため、このコンサートに行くなら、雨にも風にも寒さにも耐えられる服装で行くことが一番重要です。


 私が行った日は昼間は27℃くらいあり暑かったですが、日が暮れる頃にはすっかり冷えてきて、多分15℃くらいだったでしょうか。カットソーの上に、薄手のダウンベストを着て、スプリングコートを羽織ってスカーフを巻いていても寒いと感じるくらいでした。薄手のダウンジャケットを着ている人は多かったです。このコンサートの必須アイテムですね。


DSC_3603.JPG


 さて、このコンサートは「ピクニックコンサート」の呼び名もある通り、飲食物の持ち込みがある程度認められています。舞台の目の前のエリアは座席がないのでみんなピクニックシートを敷いて、ワインを飲みながら寝っ転がって演奏を聴いている人も。でもここは、旅行者が混ざるにはかなりハードルが高いエリアなので避けたほうがよいと思いました。


 それ以外の席は、スタジアムのベンチ席のような感じで、座席指定はなくてA、B...というブロック別でチケット料金が分かれています。早く行った人から、ブロック内で好きな場所が選べるということです。慣れた人はクッション持参で来ていて、それで席を確保していましたよ!賢い。


 ギリギリに行くと座れないんじゃないか?と思ったのですが、現地のスタッフが「そこもう少し詰めて座ってくださーい!」とお客さんに指示を出して、なんとか座れる場所を作ってくれますので、チケットがある以上は座れないということはなさそうです。


DSC_3606.JPG


 そして、飲食物の持ち込みについて。これは、以前よりも厳しくなってきているらしいのですが、公式サイトの英語ページ にはこう書いてあります。


ADVICE
Please be aware that only (alcohol-free) drinks up to a maximum of 0.5 litres per person in TetraPak or plastic bottles (PET) may be brought along. Bringing larger containers (over 0.5l) such as bulky objects, glass or cans is not permitted.


「500ml以下のペットボトルで、ノンアルコール飲料に限り持ち込み可。ビンや缶、大きな荷物は持ち込み不可」とあったので、水だけ持って行ったのですが、なぜか周りのドイツ人は持ち込んだサンドイッチを食べたりワインを飲んだりしてる。なぜ???と思ったら、同じ公式サイトのドイツ語ページ には別のことが書いてありました。


HINWEISE
Ein Cateringunternehmen versorgt Sie vor Ort wie üblich mit Speisen und Getränken. Zusätzlich ist es aufgrund des Picknickcharakters dieser Veranstaltung ausnahmsweise gestattet, Getränke und Speisen zum eigenen Verzehr in angemessenem Umfang einzubringen: Getränke in PET/Tetra-Pak bis 0,5l Gefäßgröße pro Person, kein Glas, keine sperrigen/gefährlichen Gegenstände (z.B. Messer, Gabeln), keine Pyrotechnik. Picknicktaschen sind bis zu einer Größe von 40cm x 40cm x 35cm gestattet und bitte unter der Sitzbank zu verstauen. Wir bitten um Verständnis, dass Taschenkontrollen während des Einlasses zu Ihrem Schutz notwendig sind.

Für Besucher ohne große Taschen, Körbe steht die „Fast Lane" zur Verfügung, die aufgrund der weniger umfangreichen Einlasskontrollen schnelleren Zugang zur Waldbühne ermöglicht.


 簡単にまとめると、「会場では飲食物が販売されていますが、このコンサートでは特別に飲食物の持ち込みが許可されています。飲み物は一人あたり500mlまでのPETボトル持ち込み可(*ここにはノンアルコールに限るとは書いてありません)、グラスや尖ったもの(ナイフやフォーク)は持ち込み不可。ピクニックバッグは40×40×35㎝以内の大きさで、座席の下に仕舞えるもの。入場の際には手荷物検査がありますのでご了承ください。大きな手荷物がない人は、Fast Lane ファストレーン からの入場ができます。」
とあり、英語バージョンと言ってることが違うじゃないか~!と驚きました。


 いずれにしても、あまり会場で飲み食いするとトイレが近くなって困りますので(トイレ自体数が少なく必ず並ぶのと、人が多いのでいったん席を立って出入りするのがそもそも困難)私はなるべく水さえ飲まないようにしていましたが、周りのドイツ人はわりとみんな会場の屋台で買ったビールやワイン片手にコンサートを楽しんでいましたね。
 

DSC_3608.JPG


 コンサートが終わると、もう22時を過ぎていました。2万人以上の観客が一斉に席を立って最寄り駅(S5 Pichelsberg)を目指すのですから、すごい混雑です。駅までは徒歩で10分ほどですが、人の流れにそって会場の外に出るまでに10分くらいはかかりました。混雑を避けたい人は、アンコールの演奏前に席を立って移動を始めたほうがいいかもしれません。


 そうそう! あと、このコンサートのチケットは、公共交通機関の切符も兼ねています。チケット右のほうにBVGとVBBのマークがあり、「コンサートの入場開始時間2時間前から、当日深夜3時までベルリンABCゾーン内の乗車チケットとして有効」とあるので、わざわざ電車やバスの切符を買わなくてもいいですよ。

DSC_3615.JPG


 以上、私の初めてのヴァルトビューネ体験をまとめました。ご参考になれば幸いです。ピクニックについての条件等は、随時変わる可能性があります。来年以降行かれる方は、最新情報を確認するようにしてくださいね!



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー
2016年7月10日
« 前の記事「ペルガモン博物館 オンラインでの入場時間予約方法」へ
»次の記事「元防空壕の現代アートギャラリー<ボロス・コレクション>」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    11月にドイツ土産を買うなら、アドベントカレンダー!
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンの街を歩く人のファッション
    空のペットボトルは、つぶさない & ラベルをはがさないで!
    ドイツのペットボトルは、お店に返すとお金が戻ってきます
    ベルリンのカフェの朝食は、なぜかお昼以降も注文できます!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/21更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集