海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ドイツの玄関ドア(カギ)の開け方

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月25日

ドイツの玄関ドア(カギ)の開け方


メール プリント もっと見る

ドイツの玄関ドア(カギ)の開け方

 前回と前々回の記事で、ドイツの窓の開け方暖房のつけ方 について書きました。そして今回は、玄関ドアの開け方!!


 「いやいや、ドアの開け方なんて誰でもわかるでしょ!?」と思いそうなものですが(窓のところでもこのフレーズ書きましたね)、これがなかなかどうして。


 正確に言うと、ドアというより「カギを使ってドアを開ける」方法なのですが。

「カギを使ってカギを開ける」んじゃなくて、「カギを使ってドアを開ける」なんですよ。


 文字で説明するのはとても難しいので動画を撮ってみたのですが、残念ながらうまくアップできないので(笑)、写真と文字で簡潔にいってみましょう。(わかりやすくするために、ドアを開けた状態で撮影しています。)


 ポイント1:ドイツの玄関ドアは外からはノブが動かない!
 
DSC_4609.JPG


 上の写真にあるように、ノブは固定されてて動きません。通常ノブを回すと動く部分「ラッチボルト」は、カギを差し込んで回すことによって動きます。

(写真上の○で囲った部分が「ラッチボルト」、下の○で囲った部分が「デッドボルト(=いわゆるカギがかかる部分)」です。

 
 ポイント2:ノブを回すかわりに、差し込んだカギを回してドアを開ける!

DSC_4610.JPG


 ↑ラッチボルトが出ているのと反対側にカギを回すと(というか、少しひねる。角度でいうとほんの10°くらい。)ボルトが引っ込むので、この状態のまま(カギを差し込んでひねったまま)ドアを押せば開きます。


(*このドアの場合はカギを右にひねるとドアが開きますが、ドアのつくりが反対開きタイプの場合はもちろんカギを回す方向も逆になります。)


 ポイント3:開ける方と反対側にカギを回すと、カギがかかる!

DSC_4611.JPG


 ↑ドアを開けるときとは反対方向にカギを360°一回転させると、デッドボルトが半分出てカギがかかります。


 ポイント4:ドイツのカギは、2度回してかける!

DSC_4612.JPG


 ↑ひとつ上の写真と見比べてください。デッドボルトは、2段階で出てきますので、よりしっかりと施錠するにはカギを2回転させる(ぐるぐる 720°回す)必要があるんです!


 これを知らないと、「あれ??なんか空回りしてる? カギかかったの?開いたの?どっち???」となるので、よく覚えておいてくださいね。


そして、最後のポイント!


 ポイント5:押してもダメなら引いてみろ!! でもタイミングが大事!!!


 これが実は一番大事! カギを回せば誰にでも開けられるほど、ドイツのドアは建て付けがよくありません(^^;) そのため、ドアを開ける瞬間(=カギをひねる瞬間)にドアを少し押し気味にするか、ノブを手前に引き気味にするとうまくいきます! こればっかりはそれぞれのドアの癖なので、やってみるしかありません。

 おそらく、今回のこの記事は、ドイツのこういうドアを実際に見るまでは「なんのこっちゃ?」と思われる内容だと思います。


 でも実際にこのタイプのドアに遭遇した人は(古いタイプのホテルなど、カードキーでないところはたくさんあります)たいてい最初、自分ではドアを開けられずにフロントに助けを求めることになりますので、情報として知っておくと役に立つと思います!


 あ、そうそう。あとこのタイプのドアは、カギがないと開けられない=カギを持って出るのを忘れてドアを閉めてしまうと、もうドアが開けられません!! ので、よ~く注意してくださいね~~!!



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2016年10月25日
« 前の記事「ドイツのホテル・窓の開け方」へ
»次の記事「ベルリン旅行。1日の予算はいくら?」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 3、市バスでツェツィーリエンホーフ宮殿へ行く方法(乗り換え検索の使い方)
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 2、サンスーシー宮殿のチケットは事前に予約購入がおすすめ!
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 1、まずはサンスーシー宮殿までの行き方!
    ベルリンのホテルでもらえる、この無料地図が優れもの!
    10月最初の週末は、イベント満載のベルリンです!

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/18更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集