海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリン旅行。1日の予算はいくら?

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月17日

ベルリン旅行。1日の予算はいくら?


メール プリント もっと見る

ベルリン旅行。1日の予算はいくら?

 ベルリンは、ロンドンやパリなどのヨーロッパの大都市と比べると、まだまだそんなに物価が高くないです。むしろスーパーや飲食店では、日本人の感覚だと「安い!」と驚くことのほうが多いかも。


 そこで今日は、「初めてのベルリン旅行、1日の予算はどれくらい見ておけばいいのか?」というのを、ざっくりと紹介してみますね。


・交通費 1日乗車券(AB区間)7ユーロ(←ツアリスト向けの「ベルリンウェルカムカード」や、7日券などもありますよ。詳しくはこちら 。)

・美術館や博物館の入場料 5~12ユーロくらい(3日間有効のミュージアムパス・24ユーロ というのもあります。)

・カフェでのランチ 7~15ユーロくらい

・レストランでの食事 15~30ユーロくらい

・ミネラルウォーター(500ml) スーパーで買うと0,50ユーロくらい、駅の中などでは1~1,50ユーロ


=1日、ざっくり50~60ユーロあれば十分だと思います。(ショッピングは除く。)もし私が同年代の友達にベルリンを案内するとしたら、こんな感じの予算になりますね。

thumb.jpg

 ベルリン名物、カリーヴルスト(カレーソーセージ)+ポメス(ポテトフライ)は4~5ユーロ。ビールをつけても6~7ユーロ。これだけでお腹いっぱいになります!


 私は現地個人ガイドをしているので、よくお客様とレストランにも行きますが、たいてい皆さん「このボリュームでこの値段!?安いですね!!」とびっくりされます。


 もちろんお店によりますが、いわゆる「ドイツ料理レストラン」に行くと、メインを一皿注文しただけで食べきれないほどの量が出てきて、ビールも3ユーロくらいと、日本で居酒屋などに行くよりずっとリーズナブル。


 ただ気を付けないといけないのは、ドイツはまだまだクレジットカードを使えないお店が多いので(特に個人店のカフェや軽食を出すインビス)、ユーロの現金もちゃんと用意しておかないといけません。滞在日数×50ユーロを最低目安に現金で用意して、カードが使えるところでは優先的にカードで支払うのがいいと思いますよ。



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 お題
2016年11月17日
« 前の記事「ドイツの玄関ドア(カギ)の開け方」へ
»次の記事「ベルリン旅行 現金とカードの使い分け」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    意外なところで見つけた、おすすめベルリン土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    寒い季節も楽しめる、ベルリン動物園併設の水族館 アクアリウム ベルリン
    ライプツィヒ発の アクセサリーブランド Schmuckwerk Hübener
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 5、ポツダムの市街地や飲食スポット
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 4、サンスーシー庭園内の見所

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/24更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集