海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリン旅行 現金とカードの使い分け

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月25日

ベルリン旅行 現金とカードの使い分け


メール プリント もっと見る

ベルリン旅行 現金とカードの使い分け

 初めてベルリンへ来た方がよく驚くのが、「意外とクレジットカードが使えない!!」ということ。これ、旅行者にとってはとても重要なことなので注意してくださいね。

 
 日本だと、コンビニで数百円の買い物でもクレジットカードを使ったりするくらい「使えて当たり前。」という感覚ですが、ベルリン(というかドイツ)では通用しません。そもそもクレジットカード使用不可か、使用可能でも「〇〇ユーロ以上の決済に限る」などの店独自の但し書きがあったりします。(手数料が高いため、手数料を負担するお店側がカード払いを嫌がるのが理由のひとつのようです。)


 日常生活でドイツ人がお金を払うときに使われるのは、ECカード(いわゆるデビットカード)かユーロ現金。でもECカードはドイツ在住で銀行口座がないと作れないため、日本人旅行者は現金をちゃんと用意しておく必要があります。そのユーロ現金の用意についてですが、日本で両替して多めに持ってくるか、今はクレジットカードのキャッシングサービスを利用して、現地のATMで引き出すのが主流だと思います。


 もちろん、ホテルやデパート、旅行者が多く利用するちゃんとしたレストランなら、クレジットカードが使えますのでそこまで心配しなくてもいいですが、JCBやアメリカンエクスプレスは使えないことが多いので、ここも要注意(^^;)! VISAかMASTERのほうが安心です。1枚だけだと、磁気のトラブルなどで使えなかったときに困るので、2種類のクレジットカード(できればVISAとMASTER)を持っていくのはおすすめです。暗証番号(PIN)を覚えていくのも忘れずに(サインでは対応してくれない場合あり)。


 さて、現金を持ち歩くときにもいくつか注意点があります。

DSC_4378.jpg

・紙幣は50ユーロ札以下、できれば20ユーロ札以下で持ち歩く 
 → 小さな店で数ユーロの買い物に100ユーロ札を出すと「今、お釣りがない」と断られる可能性があります。100ユーロ紙幣が手元にあるときは、なるべく大きなスーパーやデパートで使ってこまめに崩すようにしましょう。
・50セント/1ユーロ/2ユーロの小銭は使い切らずに、常に数枚持ち歩く 
 → 50セント硬貨は有料のトイレに行くとき必要です。1ユーロ、2ユーロは駅で切符の自販機などを使うとき、コインしか使えない可能性があるので持っていたほうが便利。
・現金は、クレジットカードと一緒にしないで分散して持つ
 →これはスリ対策です。カードはどうせそんなにしょっちゅう使わない(使えない(^^;))ので、現金を入れた財布とは分けて持つ。現金も、分散させて持つことで万が一のスリ被害を最小に抑えましょう。(ベルリンのスリ被害はとても増えています!本当に気を付けてください。)


 北欧やオランダなど、キャッシュレスが進んで現金を使わないようにしている国も増えていますが、ドイツはまだまだ現金主義。ヨーロッパ周遊旅行をする方は、国ごとにこんな違いもあるので事前の下調べと準備を怠らないようにしてくださいね!



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 お題
2016年11月25日
« 前の記事「ベルリン旅行。1日の予算はいくら?」へ
»次の記事「ドイツから日本への郵便の出し方① ポストカードはどこで買う?」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    意外なところで見つけた、おすすめベルリン土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    寒い季節も楽しめる、ベルリン動物園併設の水族館 アクアリウム ベルリン
    ライプツィヒ発の アクセサリーブランド Schmuckwerk Hübener
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 5、ポツダムの市街地や飲食スポット
    ベルリンから日帰りで楽しむポツダム 4、サンスーシー庭園内の見所

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/22更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集