海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ドイツから日本への郵便の出し方⑤ 小包を送るのも簡...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月10日

ドイツから日本への郵便の出し方⑤ 小包を送るのも簡単!


メール プリント もっと見る

ドイツから日本への郵便の出し方⑤ 小包を送るのも簡単!

 前回まで、4回にわたって「ドイツから日本への郵便の出し方」シリーズとして、ハガキ/封筒の宛先の書き方や切手の買い方などまとめましたが、今回は小包について。


 実は、ドイツから日本へ小包を送るのは意外とリーズナブルなんです!例えば、500gまでの小包なら 3,70ユーロ(現在のレートだと500円以下!)で送れるんですよ。2㎏でも17ユーロ。けっこう安いと思いませんか? 


 というわけで、今回はドイツからちょっとしたプレゼントを日本に送る、という前提で、送り状の書き方などをお伝えしますね。

DSC_49111.JPG


 さて、では小包で送りたいものがあったらどうするか。まずは、サイズと重さが上記の表に収まるかどうか確認してくださいね。三角形や円柱型など、変形型の荷物は送れないので基本的には長方形(立方体)で、三辺合計が規定サイズ内ならOK。


 そして、郵便局でこの送り状を見つけてください↓「Brief International」と書いてあるもの(棚に並んでるはずです)。これで2㎏までの小包が送れます。

DSC_48791.JPG

 
 記入の仕方は、上記写真に注記した通りです。左側に差出人住所と氏名、中央に受取人住所氏名(JAPAN 以外は日本語でもOK。)


 右側は、税関に申告するためのもので、送付物の内容詳細を全て英語で記載し、それぞれの重さと価格(ユーロ)も明記します。①の部分は、一番左の「Geschenk(プレゼント)」の欄にチェックを入れてください。(その他の選択肢は、書類、商用やその他になります。)一番下に日付と差出人サインを入れて、荷物と一緒に郵便局の窓口に提出すればOK。通常は1週間以内で届きます。


 もし、2㎏以上の小包を送るなら、こちらの送り状↓「DHL PAKET UND PÄCKCHEN WELT」を使ってください。これなら 31,5kg(持てませんけど!)までOK。料金と規定サイズについては、DHLのサイトを確認してください。→Informationen für Ihren Versand nach Japan

DSC_4878.JPG


 記入の仕方は、写真を参考に。①の部分は、別料金で速達扱いの「Premium」をつけるか否か?というチェック。(つけなくても、たいてい10日以内に届くので急ぎでなければ必要ないかと。)②は、もし配達不可だった場合に返送するかどうか?というチェックですが、こちらもまず問題なく届くはずなので「Nein」(返送不要・破棄してください)にチェックを。③の部分は、「Geschenk(プレゼント)」にチェックを入れてください。あとは、税関申告の欄に「何が、いくつ、何kg、いくら分入ってるのか」がちゃんとわかるように明記して、荷物と一緒に郵便局に提出すればOK。


 *上記は、あくまで個人→個人宛てにちょっとしたプレゼントを贈る、という前提での内容になります。商用で、商品サンプルや商品、書類を送る場合等はそれぞれ税関のルール等ありますので、各自で調べて対応してくださいね。
 *個人的な贈り物であっても、送る内容物によっては税関で荷物を開封されたり、商品に関税がかかったりする場合がありますので、各自の責任で送ってくださいね。


 これまでの私の経験では、日本→ドイツに荷物を送るとなんだかんだトラブルがありますが(^^;)、ドイツから日本へ送る分には、(多少時間がかかっても)問題なくスムーズに届きます。旅行中に見つけたお土産を、ドイツから直接家族や友達に送るのもなかなか楽しいと思いますので、ぜひ試してみてくださいね!


ドイツで最寄りの郵便局を探すのは、こちらから→http://standorte.deutschepost.de/Standortsuche?standorttyp=filialen_verkaufspunkte 「Ort oder PLZ」というところに、宿泊先住所の郵便番号や、通り名を入力して検索すればOKです。



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 通信・携帯・インターネット
2016年12月10日
« 前の記事「ドイツから日本への郵便の出し方④ 自販機で切手を買ってみよう!」へ
»次の記事「ドラッグストアでは、プレゼントを買ってその場で自分で包装できます」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    ベルリンはすでに東京の晩秋の気温です
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベルリンの年越しイベント
    お店に入ったときのあいさつはいつ、なんて言えばいい?
    ロンドン発のインテリアショップ Habitat ハビタ がベルリンに登場
    ベルリン中心部から30分以内で行ける、シュパンダウ旧市街のクリスマスマーケット

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/26更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集