海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > 年末年始にドイツの家庭でよく食べられている「ラクレ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 3日

年末年始にドイツの家庭でよく食べられている「ラクレット」


年末年始にドイツの家庭でよく食べられている「ラクレット」

 あけましておめでとうございます! 2018年も、ベルリン特派員ブログをどうぞよろしくお願いいたします☆


 さて。前回の記事『クリスマスイブにドイツの家庭で食べられているのは、なんと!』 に続いて、今回はドイツの家庭で年末年始によく食べられている料理を紹介しますね。


 クリスマスには家族や親戚で集まりますが、大晦日や年末年始は仲の良い友達同士集まって、パーティーをしながら過ごす人が多いドイツ。そんな、誰かの家に集まって食事をするときに日本の鍋や焼き肉のような感覚で登場するのが「ラクレット」なんです!


DSC_6865.JPG

↑ラクレットグリル と呼ばれる、専用の家電。上段で肉や野菜を焼き、下段でチーズを溶かします。


 本来ラクレットは、塊のラクレットチーズを直火であぶって溶けたところをゆでたジャガイモなどにからめて食べるスイスの料理ですが、ドイツの家庭では写真のようなラクレットグリルを使用して卓上でみんなで楽しむのが主流です。


DSC_6864.JPG

 ↑このミニフライパンのようなものに各自好きな具をのせて、スライスしてあるラクレットチーズをのせてグリルにON。本来は具材は上段の鉄板で焼いて、下段はチーズだけを溶かしてお皿の上であわせるようなのですが、具材と一緒にチーズも焼くスタイルの家庭もけっこう多そうです。

DSC_6863.JPG

 ↑チーズは、スライスされた状態でパックされて「Raclettkäse(ラクレットケーゼ)」としてスーパーで売られています。私が今回買ったのは400gで2,30ユーロ(約300円)くらい。これで3~4人食べられるので安いですよね。

DSC_6866.JPG

↑7~8分で、チーズがとろりと溶けて焦げ目がついたらできあがり♪ 熱々で、すごく美味しいです!


 ラクレットは茹でたジャガイモと焼いた豚肉が定番の具材ですが、他に何でも好みで加えられるのがいいところ。各種ハムやサラミ、マッシュルーム、パプリカ、魚介など、チーズに合うものならなんでも!

DSC_6867.JPG


 各自が好きなものを組み合わせて自分好みに作れるので、鍋というよりは手巻き寿司のようだとも言えますね(笑)。準備に手間もかからず、みんなでワイワイ言いながら食べて盛り上がれるので人が集まるときにぴったりの料理です。


 レストランで食べる料理ではないので旅行中は食べるチャンスがないかもしれませんが(手巻き寿司がお店で食べられないのと同じですね(^^;))、朝市の屋台などではラクレットチーズをパンにのせたものが食べられるところがあるので(⇒参考記事『熱々のとろけたチーズがおいしい!ラクレット』 )、チェックしてみてくださいね!



Facebookページはこちら→ おさんぽベルリン
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が、ベルリン最新情報をまとめてアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!


ベルリンホームステイについて 詳細はこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
ベルリン個人ガイドについて 詳細はこちら★ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2018年1月 3日
« 前の記事「クリスマスイブにドイツの家庭で食べられているのは、なんと!」へ
»次の記事「ドイツで足にやさしい靴を買うならまずデパートへ♪」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    オランダの大型雑貨店「HEMA」がベルリンにも登場!
    テーゲル空港のバスチケット売り場、ツアリストインフォメーションと一緒になってます
    H&Mの新ブランド「ARKET アーケット」、ベルリンにもOPEN!
    地図アプリがなくても大丈夫。通りと番地がわかれば、ちゃんと目的地にたどり着けます!
    ベルリン、異常に暑い日が続いています。ゲリラ豪雨に注意!
    ノンシュガー、100%フルーツからできたグミ「N.A! フルーツスナック」ドラッグストアdmで買えます
    ワールドカップの応援グッズ、あちこちで販売中!
    ドイツの初夏のアペリティフ、イチゴのワインカクテル<エアトベーアボウル Erdbeerbowle>
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2017年 ベルリンの主なイベント
    ベルリン中央駅内のショップ 24時間営業の薬局もあります
    ベルリン中央駅周辺での宿泊について

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/18更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集