海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミッ...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月31日

これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミックス・ドリンク①


これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミックス・ドリンク①

 ドイツといえば、ビール!ですが。純粋なビール以外に、各種ビールを清涼飲料水で割ったいわゆるビア・ミックス・ドリンク(=ビアカクテル)もすごくポピュラーで人気があるんですよ。


DSC_8363.JPG

↑例えばこれは、ヴァイツェンビア(白ビール)とグレープフルーツ風味の炭酸飲料を半々で割ったもの。


でも、「ラベルの表側にはどこにもビールとは書いてないから、ジュースなのかお酒なのかすらわからない...!」ですよね。そんなときは、裏側を確認してみましょう。


DSC_8364.JPG

↑左上の商品説明の最初にある単語「Biermischgetränk(ビアミッシュゲトレンク)」が、ビア・ミックス・ドリンク のことです。50%がヘーフェヴァイツェンビア、50%がグレープフルーツの清涼飲料、という内容が書いてあります。


 中央下あたりに 「Alk. 2,5% vol」とあるのがアルコール度数。2,5%だとちょうど普通のビールの半分くらいですよね。


 そうなんです、ビール・ミックス・ドリンクはアルコール度数が低く、柑橘のフレーバーや甘味があってゴクゴク飲めるので、ビールが苦手でも「これなら飲める!」と言う人が多く、若い世代や女性を中心に人気があります。


 ドイツでも若者のビール離れが進んでいるようなのですが、それを食い止めるためにもビールメーカーは毎シーズン新しいフレーバーを開発して、ジュースっぽく気軽に飲める商品を増やしているのです。


 ボトル入りビールが売っているところでは、ビールと一緒にこのビール・ミックス・ドリンクも様々なメーカー、味わいのものが並びます。大体ラベルにフルーツのイラストなどが入っているので味のイメージがつくと思いますが、アルコール飲料ですのでそこは注意して購入してくださいね。


 *アルコールフリーのものは別途「Alkoholfrei(アルコホルフライ)」と明記してありますが、ドイツのアルコールフリー飲料は最大0,5%のアルコールが含まれていてもOKで、必ずしもアルコール0%とは限りませんのでそこも要注意です!


 次回は、ドイツのビア・ミックス・ドリンクの中でも最もメジャーな「Radler ラードラー」について紹介しますね!


 そのほか、一般的なドイツビール(ヘレス、ヴァイツェン、ピルスナー)については別ブログで簡単に解説していますので、興味のある方はこちらも参考に^^(⇒『ベルリンで、ビールを飲むなら!初心者のためのドイツビール入門①』




Facebookページはこちら→ おさんぽベルリン
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が、ベルリン最新情報をまとめてアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!


ベルリンホームステイについて 詳細はこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
ベルリン個人ガイドについて 詳細はこちら★ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2018年8月31日
« 前の記事「やっぱり便利な、デパートのセルフサービス・カフェレストラン」へ
»次の記事「これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミックス・ドリンク② 」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミックス・ドリンク②
    これ、ビール?ジュース??ドイツで人気のビア・ミックス・ドリンク①
    やっぱり便利な、デパートのセルフサービス・カフェレストラン
    ドイツ鉄道、時間通りに運行しないことも多いので要注意!
    オランダの大型雑貨店「HEMA」がベルリンにも登場!
    テーゲル空港のバスチケット売り場、ツアリストインフォメーションと一緒になってます
    H&Mの新ブランド「ARKET アーケット」、ベルリンにもOPEN!
    地図アプリがなくても大丈夫。通りと番地がわかれば、ちゃんと目的地にたどり着けます!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    電車やバス路線がよく変更になるベルリンでは、乗換検索の利用が必須!
    ベルリンの市内交通4回券が、2枚で4回分にリニューアル

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集