海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ペルガモン博物館の入り口が変わりました

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月24日

ペルガモン博物館の入り口が変わりました


ペルガモン博物館の入り口が変わりました

ユネスコ世界遺産にも登録されている 博物館島(Museumsinsel ムゼウムスインゼル) には


旧博物館(①Altes Museum)
新博物館(④Neues Museum)
旧ナショナルギャラリー(⑤Alte National Galerie)
ペルガモン博物館(⑥Pergamon Museum)
ボーデ博物館(⑧Bode Museum)


の5つの博物館が集まっています。(番号は、下の地図上の位置番号に対応。)

IMG_20190723_174616.jpg


そしてこの7月、新たに博物館島の総合エントランスホールとなるジェイムズ・ジモン・ギャラリー(③James-Simon-Galerie)がオープン。ペルガモン博物館への入館はこちらの中を通ることになり、従来よりもわかりやすくなりました。下の階からは新博物館へも直接アクセスできます。

IMG_20190718_135306.jpg

↓上の写真の階段を上がって、建物内に入るとこんな感じ。右奥にチケット売り場があり、5つの博物館それぞれ、もしくは共通1日券(18€)、ミュージアムパス(29€) 等のチケットを購入できます。

IMG_20190718_135631 (1).jpg

チケット売り場の奥に、ペルガモン博物館への入り口。

IMG_20190718_135831.jpg


チケット売り場と総合インフォメーションの他、トイレやカフェ・レストラン、ミュージアムショップもこの中にあります。(←チケットを購入していなくても、それぞれ利用可能です。)

IMG_20190718_140209.jpg

ミュージアムショップでは、ここならではのベルリンのお土産にぴったりなものも売られているので覗いてみてくださいね。写真のエコバッグは15€。

IMG_20190718_140036 (1).jpg


James-Simon-Galerie ジェイムズ・ジモン・ギャラリー
住所:Bodestraße 10178 Berlin
営業時間:9:30~18:30(木曜 ~20:30)
通年営業だが、ホリデーシーズンは変動あり。詳しくはこちら☆




ライター:ベルリン個人ガイド 松永 明子
akiko.jpg

2003年からベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員

ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。

ベルリンホームステイについて 詳細はこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
ベルリン個人ガイドについて 詳細はこちら★ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!


おさんぽベルリン Twitterはこちら◇  Facebookはこちら◆
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永のユニット「おさんぽベルリン」では、ベルリン最新情報をまとめてアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2019年7月24日
« 前の記事「夏のベルリンは、寒くても暑くても大丈夫な服装で!」へ
»次の記事「帰国による、ベルリン特派員退任のお知らせ」 へ
ベルリン特派員 新着記事
【急募!】ベルリン特派員を募集しております!
帰国による、ベルリン特派員退任のお知らせ
ペルガモン博物館の入り口が変わりました
夏のベルリンは、寒くても暑くても大丈夫な服装で!
ベルリンでお店に入ったときの挨拶はいつ、なんて言えばいい?
ベルリン・フィルハーモニー 毎週火曜日の無料ランチコンサート
ベルリン・フィルのホワイエで乾杯!
ベルリン・フィルハーモニーのコンサート。何を着ていけばいい?
1年前の同じ月に投稿された記事
オランダの大型雑貨店「HEMA」がベルリンにも登場!
テーゲル空港のバスチケット売り場、ツアリストインフォメーションと一緒になってます

ドイツ ツアー最安値


2020/1/25更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベルリン特派員

    ベルリン特派員
    松永 明子
    ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
    )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集