海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スイス/ベルン特派員ブログ

スイス/ベルン特派員ブログ 田山 貴子

スイス・ベルン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫
 
※初登園日の様子をレポートしました。
 
チューリッヒ州、ウールドルフ (Urdorf, Zürich)はチューリッヒ市内からも電車で13分程の、比較的便利な場所です。
 
そんな場所に住んでいる私達家族ですが、今年は息子の幼稚園入学時期でした。
 
20170822_Kindergarten_Tokuhain.92640×480_credit .jpg
スイスの入学シーズンは夏休みが終わる8月下旬。
 
各カントン (州)ごとに、1週間のズレがあるものの、ほとんどの学校は8月下旬が新学期です。
  
今年は8月22日が初登校日で、この日は、お子さんとご両親、もしくはどちらか一方、ご両親に加えお婆ちゃんも来られている方もいらっしゃりました。
 
共働きの場合は、保育ママ (独:Tagesmutter)と一緒に来ている子供もいるようでしたよ。
 
9時までに登校ということで、この日だけは遅めのスタートです。
 
20170822_Kindergarten_Tokuhain.95640×480_credit .jpg
登校日に用意したものは、フィンケン (スイス独:Finken)という上履きとリュックサック。
 
20170822_Kindergarten_Tokuhain.90640×480_credit .jpg
ツニュニタッシェ(スイス独:znünitasche)という、肩からかけるタイプのバッグを持参している子もいました。
 
そして、ツニュニ (独:Znüni)。
 
午前中に食べるおやつです。
 
基本は甘いものは持たせないようにとのことなので、キュウリやトマト、フルーツ、クラッカーなどを持参させました。
 
20170822_Kindergarten_Tokuhain.91640×480_credit .jpg
教室に入る前に、先生から自分の名前が書かれたシールを胸に貼ってもらい、円状に並べられた椅子に座ります。
 
そして、子供21人 (上級生と下級生)と先生1人で挨拶の歌を歌い始めたのですが、驚きました。
 
さすがスイスですね。
 
挨拶の歌の歌詞も「おはようございます」がスイスドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語と色々な言語でした。
 
それから手をつなぎ合って、園内を見学。
 
玩具がある場所やお手洗いがある場所を確認して、一人ひとり何で遊びたいかを先生に伝え、遊び始めました。
 
付添い人は、10時まで見学出来たのです、私達は少し早めにさよならをし、帰宅してきました。
 
20170822_Kindergarten_Tokuhain.93640×480_credit .jpg
初日だったのですが、この日は火曜日。
 
午前中が終わり、帰り際に首からかけるタイプの反射材を受け取り、一旦帰宅。
 
そして、日程では火曜日の午後も13時45分〜15時20分までのプログラムなので、腹ごしらえをして再び登園です。
 
初登園日は、この様にして幼稚園生活が始まり、一日が終わりました。
 
驚いた点は、上級生と同じクラスだという事。
 
しかし、助け合って過ごす幼稚園生活も悪くないのかな〜と思った一日でした。
 
これからスイスで育つ子供達、成長する姿が楽しみですね。
 
<スイスの幼稚園については此方もどうぞ>
http://swissjoho.com/archives/22250
 
撮影日:2017年8月22日
 
*上記の記載内容は、一個人が2017年8月時点に体験したことを元にしています。
*現在お住まいの州またはお住いの地域によって、言語、授業内容、進め方や考え方などが其々異なります。教育課程についての詳細は、学校に直接お問い合わせください。あくまでも目安としてご参考までにご活用ください。


2017年9月15日

≪今回は、チューリッヒ在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫
 
8月の終わりに、スイス・ルツェルン (Luzern)で、日本人主催の夏祭りが開催されました。
 
母国から遠く離れた場所に住んでいると、こういったイベントは嬉しいですね。
 
その様子を今回はご紹介します。
 
ルツェルン在住日本人の方々が開催してるのが、こちらの夏祭り。
  
20170828_Summerfest_Tokuhain.101640×480_credit .jpg
今年は、リギコーラスの皆さんとクリエンス(Kriens)の剣道クラブの方々が、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
 
リギコーラスの皆様が、スイスといえばこの歌「ハイジの歌」や日本を代表する童謡「みかんの花咲く丘」を手遊び付きで披露。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.102640×480_credit .jpg
そして、こちらも去年と同じくキャンドル作り体験とお習字のワークショップ。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.96640×480_credit .jpg 
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.103640×480_credit .jpg
キャンドルはカラフルなキューブ型の楼を小さなカップに詰めていき、オリジナルのキャンドルが作れると言うもの。
 
完成したものがこちらです。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.104640×480_credit .jpg 
お習字は、ワークショップの先生と練習した後は本番。
 
無地のうちわに好きな文字を書き、乾かしている間に好きなシールやマスキングテープでデコレーション。
 
どちらも8フランで体験できました。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.99640×480_credit .jpg
その他にも、折り紙の達人が子供達に折り紙を披露してくれました。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.100640×480_credit .jpg
アニメ界でも有名なパラパラ漫画。
 
今回は特別に日本人アーティストの方がパラパラ漫画を5分程上映してくださいました。
 
日本の有名所を漫画にした、とても興味深いものでした。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.98640×480_credit .jpg
そして、夏祭りに欠かせない「金魚すくいと輪投げ」。
 
20170828_Summerfest_Tokuhain.97640×480_credit .jpg
どちらも2フランで参加できましたよ。
 
金魚は可愛らしいおもちゃの金魚でした。
 
輪投げの景品は子供が喜ぶアンパンマンのお菓子や駄菓子など。
 
海外に住みながら日本の文化に触れられる、貴重な時間を大切にしたいですね。
 
また来年も開催されるのを楽しみにしたいと思います。
 
<開催場所>
Luzern Wäsmeli-Träff
Landschaustrasse 6
6006 Luzern
 
<アクセス>
ルツェルン中央駅よりバス7番 、ヴェセムリンウンターレリ (Wesemlin Unterlöchli)行きに乗車、クロスター(Kloster)で下車、徒歩1分
 
写真撮影日:2017年8月27日

※掲載されたイベントはすでに終了したイベントです。1回限り、または定期的に開催されていない可能性があります。
 
 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ


2017年9月 6日

≪今回は、ルツェルン近郊在住のスイス情報.comメンバーからの投稿です。≫
 
ルツェルン市内から車で約15分、バスと徒歩で約30分のところに、ルツェルン湖 (Vierwaldstättersee)を見下ろすように立つお城「メッケンホルン城 (Schloss Meggenhorn)」があります。

2017_08_01_Tokuhain_Meggenhorn.01.credit.JPG

今回ご紹介するのはメッケンホルン城からすぐのところにある公園「エアレーブニスシュピールプラッツ
(Erlebnisspielpaltz Meggenhorn)」です。
 
2017_08_01_Tokuhain_Meggenhorn.03.credit.JPG

700平方メートルの敷地内には、滑り台、砂場、ブランコ、ターザンロープ、ザイルクライミングやスプリング遊具などがあります。地面が木くずで柔らかいのもいいですよね。
 
2017_08_01_Tokuhain_Meggenhorn.07.credit.JPG

こちらは中央スイスを代表するピラトゥス山 (Pilatus)です。他にもシュタンザーホルン (Stanserhorn)、ビュルゲンシュトック(Bürgenstock)など、中央スイスで人気の山々も見えます。
 
2017_08_01_Tokuhain_Meggenhorn.06.credit.JPG
そしてここではヤギやブタ、ウサギやニワトリなどの動物も近くで見ることが出来ます。子供達も大喜び。
 
2017_08_01_Tokuhain_Meggenhorn.08.credit.JPG
また、このようなテーブルがあるので、サンドイッチやおにぎりなどを持って、ランチもいいですよね。近くにはトイレもあるので、長時間の滞在となっても安心です。
 
中央スイスの山々の美しい景色が見渡せる、魅力いっぱいのメッケンホルン城!近くにはこのような公園もあるので、子連れで気軽に是非足を運んでみて下さい。
 
<問い合わせ>
Schloss Meggenhorn メッゲンホルン城
Meggenhorn
6045 Meggen
Tel. +41 41 377 11 61
meggenhorn@meggen.ch
メッゲン基礎自治体サイト (独語)
http://www.meggen.ch/
 
Luzern Tourismus ルツェルン観光案内所
Zentralstrasse 5
6002 Luzern
Tel. +41 41 227 17 17
Fax +41 41 227 17 20
luzern@luzern.com
www.luzern.com
 
<アクセス>
遊覧船: Luzern BahnhofquaiからMeggenhornまで約45分
バス :ルツェルン発 Meggen, Tschädigen行き、24番のバスに乗りMeggen, Lerchenbühlで下車。
 
※こちらでは情報提供を目的としており、お子様の安全につきましては、保護者様自身の責任の元でお願いいたします。
 
 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ


2017年9月 1日
2017年8月24日
2017年8月20日
2017年8月13日
2017年8月 4日
⇒すべての記事を見る

スイス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スイスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベルン特派員

    ベルン特派員
    田山 貴子
    欧州移住を目指して日本から求職し、「スイスのNTT」に雇用されて2000年よりベルン在住。10年間勤めた後、日本とスイスの架け橋になるべく起業し、幼稚園から高校までのスイスボーディングスクール(寄宿学校)留学の現地サポート【スイス留学.com】や、スイス在住日本人スタッフとスイス生情報の発信【スイス情報.com】、そして、スイスを訪問する企業や観光客の現地サポートをしている。ご連絡は、こちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_dRW9ibGDki

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集