海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ビルバオ特派員ブログ > 夜のビスカヤ橋

スペイン/ビルバオ特派員ブログ 旧特派員 モリネロ ジュンコ

スペイン・ビルバオ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月 3日

夜のビスカヤ橋


夜のビスカヤ橋

34.jpg
夜のビスカヤ橋
友達が日本からやってきてうきうきのママ。
ビスカヤ橋はNHKでも最近特集したらしくて、
「絶対行こう行こう」
っていうわりには、いつも朝はぐずぐず。
ママ(パパも)起きるの遅いんだよね。
結局ともだちの日程も残り少なくなって、
えい、暗くてもいっちゃえ、って
夜7時近くに家を出るはめに。
パパは友達呼んで、
「車で行けばすぐさ!」
なんて言ってたけど、
結局ベビーシートないからって
友達もいっしょにメトロに乗っていったんだ。
25分ぐらいだったかなー。
ポルトガレッテって駅で降りたよ。
ベビーカーはがたがた言ったけど
両脇に店の並ぶ雰囲気ある石畳の坂道をずーっとおりてくと
海沿いに出て、どーん、とウワサの橋が。
ちょっといい感じの散歩道がオレンジの光で照らされてる。
ママもママのともだちも一同に
「きゃー、ろまんちっくー」。

35.jpg
やっぱりぼったくり?
ぶら下がってる船みたいなのにのってわたるだけなら30セントぐらいで地下鉄の5ユーロで買ったプリペイド券が使えるのに、上を歩いて渡ったら5ユーロだって。うきー。(子供はいらないけど。)でも、券はポストカードになるんだよ。お土産物屋さんになってる売店で言うと券を買えるよ。ベビーカーはだめって言われたけど(ベビーカーだけ船であっち側へ行きました)子供でも歩いて渡っていいって言われたよ。でも下がすけて見えるから、僕は平気だったけど、ママは「ひーーー」。ポケットからおちた飴かなんかがぽろん、ぽろん、と50Mちかい高さを落ちて行きました。あそこで鍵なんか落としたらもうさようならです。でもママしっかり写真は撮ってたよ。ビスカヤ橋、実は夜景スポットだったんだね。暗がりの中で、ゲッチョ側につくと蝋人形がうその管理人室で橋を見張ってました。またこれコワくてひー。向こう側についてボタンを押すとお迎えのおじさんがエレベーターでのぼってきてくれた。昇りのときのお姉さんが「男の子(チコ)が迎えにきてくれるからね」っていってたのに、嘘つきじゃん、って。ママ、何考えてるの。
puente.jpg
もう、うちのママとパパは!!
上を歩いてるとき、がたがた振動をさせて動く姿が見えた、この「吊り船」に乗ってまたポルトガレッテまで歩いて帰ればよかったのに、パパが、(反対側の)ゲッチョの超金持ちのお屋敷見て、ネグリの海岸沿いのレストランかバールでなんか食べて帰ろうぜ、っていうからさ、もうてくてくみんなで海沿いの歩道を歩いたんだよ。30分以上。夜でも散歩してる人はたくさんいて、ママの相変わらずの「ろまんちっくー」な雰囲気。そしてお城みたいな家ばっかりでさ、みんな家のまえにヨットとか停めてるし、まあ、いいんだけど。でも、ぼくは嫌な予感がしてたんだ。海沿いのたくさんレストランが集まってるところで、バカラオピルピルとか、ママの友達がバスクの食べ物食べれてよかったんだけど、まさかネグリのメトロの駅で、

>>>>今日のビルバオ行きの営業は終了いたしました>>>>

の表示を目にするなんて!11時が終電だったんだ。
まだ2歳にもならないのに終電をのがしちゃったよ!金曜日と土曜日は出歩く人が多いから夜も遅くまで営業してるけど、日曜日は家にはやく帰らなきゃだめ!もう。メトロで1ユーロもしないところを、タクシーで30ユーロのパパとママへのおしおきです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年3月 3日
« 前の記事「コメントへのお返事」へ
»次の記事「ビルバオのバル紹介(1)」 へ
ビルバオ特派員 新着記事
バケーションシーズン真っ只中のサンセバスチャン、あちこちで見かけるバルでの珍現象?!
グッゲンハイム美術館、パピーちゃんを救うクラウドファンディングと新たな拡張プロジェクト始動!
スペイン入国解禁で経済活動再開になる兆し。
サッカー 1年遅れの国王杯決勝はバスクチーム同士の戦いです!
イースター休暇の遠出はお預け、2021年の春はバスク内で楽しみます
バスクの祝日カレンダー ~2021年~
バスク州は今週からフェーズ1へ、段階的な規制緩和が始まりました!
外出禁止令が出てからのビルバオの様子。

スペイン ツアー最安値


2021/3/31更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ビルバオ特派員

    ビルバオ特派員
    モリネロ ジュンコ
    2006年より、地元出身の夫、息子と3人暮らし。緑豊かなバスクの田舎暮らしに憧れながらも、ビルバオ市内在住。スペイン語とまだ格闘中ながら、一人息子のバギーを押して、毎日お散歩。友達も増え、町の様子にもずいぶん詳しくなり、シエスタにバールでの一杯にピンチョスと、スペインライフを満喫中。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集