海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ビルバオ特派員ブログ > スペイン人との結婚について

スペイン/ビルバオ特派員ブログ 旧特派員 モリネロ ジュンコ

スペイン・ビルバオ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月29日

スペイン人との結婚について


スペイン人との結婚について

libro%20de%20familia.jpg

写真は、スペイン人と結婚するともらえる、「家族手帳」libro de familia
です。

 スペイン人との夫との結婚の手続きは日本で全てしました。というのは、日本の婚姻手続きの方が簡単なように思えたからですが、結果から言って東京六本木のスペイン大使館へ夫婦プラス証人と出向かなければならず、面倒臭さで言えば同じようなものだったと思います。

 そもそも日本で手続きの簡単さから言って日本でしよう、と思ったのは、結婚式もせず、ビザの関係で早く手続きを済ませたかった私達にとって、代理人でも身分証明があれば提出でき、しかも365日24時間受け付けてくれる、とてもドライな日本の婚姻届の出し方は便利に思えたからです。

 一方、スペインといえば、結婚の仕方としては教会での結婚式のあと(もちろん省略可能)、市役所内の「結婚を証明する部屋」というところへの2人で出向き(友達も呼べるそうです)、そこで市長の代理の前で結婚の宣誓をするんだそうです。そうやって、虚偽の申し出でないことを確認されます。日本の結婚の手続きを先にした私達も、結局、東京の六本木のスペイン大使館に「2人が一緒に」出向くことを要求されました(証人と一緒に行かなかったので危うく却下されそうになりましたが)。

 ところが、実際私の周りを見ると、最近の30代ぐらいのカップルだと、子供もいる家族でも、結婚していない家族がたくさんいます。理由のひとつとしては、結婚していなくても、写真の「家族手帳(libro de familia)を申請でき、育休など、様々な家族としての権利が守られることがあります。また、スペイン語圏は、苗字を父方、母方、両方を名乗る文化で、結婚しても夫も妻も苗字を変えません。兄弟同士以外は、父母、子供、全員が異なる苗字のコンビネーションでありながら、一つの家族として存在する、という、日本とはかなり異なる文化が、結婚手続きをしない家族が増える背景にあると思います。簡単にいうと、両親が結婚しているか、していないかが、子供の苗字にまったくあらわれない、ということなんです。
 子供はふつう、自分の名前につづいて、父の苗字、次に母の苗字の順番で名乗ります。父の苗字を先に名乗るところが男尊女卑の現れだ、と言う人もいるそうですが、夫の苗字を選べば妻の苗字は完全に消えてしまう日本の方式よりはずいぶんいいとも思えます。私の子供の場合、日本では、夫が外国人だったために、夫の苗字は選べず、私の苗字だけになっています(日本のパスポートとスペインのパスポートとでは名前がちがうんです)。子供に夫の苗字を与えようとすれば、私が夫の苗字に変える必要があります(私は自分の苗字を維持しています)。一方、スペインでは、夫の苗字、私の苗字が、他のスペイン人と同じように息子の為に受理されました。ひとつしか苗字が選べないのは日本の文化としてよしとしても、外国人の夫の苗字を選ぶ権利が、私の子供に始めからないのは、スペインのやり方を見たあとだと、とても不思議に思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年10月29日
« 前の記事「バスクの伝統調理具pucheraを使った煮ものはいかが?」へ
»次の記事「ただいまDELE勉強中です。。。」 へ
ビルバオ特派員 新着記事
バケーションシーズン真っ只中のサンセバスチャン、あちこちで見かけるバルでの珍現象?!
グッゲンハイム美術館、パピーちゃんを救うクラウドファンディングと新たな拡張プロジェクト始動!
スペイン入国解禁で経済活動再開になる兆し。
サッカー 1年遅れの国王杯決勝はバスクチーム同士の戦いです!
イースター休暇の遠出はお預け、2021年の春はバスク内で楽しみます
バスクの祝日カレンダー ~2021年~
バスク州は今週からフェーズ1へ、段階的な規制緩和が始まりました!
外出禁止令が出てからのビルバオの様子。

スペイン ツアー最安値


2021/3/31更新

スペイン 航空券情報


スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ビルバオ特派員

    ビルバオ特派員
    モリネロ ジュンコ
    2006年より、地元出身の夫、息子と3人暮らし。緑豊かなバスクの田舎暮らしに憧れながらも、ビルバオ市内在住。スペイン語とまだ格闘中ながら、一人息子のバギーを押して、毎日お散歩。友達も増え、町の様子にもずいぶん詳しくなり、シエスタにバールでの一杯にピンチョスと、スペインライフを満喫中。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集