海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > コロンビア/ボゴタ特派員ブログ

コロンビア/ボゴタ特派員ブログ 宮川 慶 さん

コロンビア・ボゴタ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Hola a todos!
Qué más?


お久しぶりです!
ボゴタ特派員のKeiです。



2020年も12月に。今年も残すところあと1ヵ月を切りましたね。
COVID-19の流行に始まり、長い自粛期間、時の流れは早いですね。



コロンビアでも日本と同様、12月は何かと忙しい......ですが、イベント盛りだくさんです!
自宅の中は「Navidad=クリスマス」に向けて早くも飾り付け完了です。
WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM.jpeg



家の外を見ても、夜には各家庭でイルミネーションをつけていて、とてもきれいです。
9月から政府の社会の開放政策以降、外出自粛が緩くなったことと学校が12月に休みになるので、12月になり家族連れが町に増えてきました。



私も先日、コロナの影響でほとんど行けていなかったFinca(別荘)に行って、ゆっくりしてきました!
ボゴタから車で130kmほど北に行くと、ジャガイモの産地で有名なボヤカ県に着きます。
ボヤカは自然がいっぱいで、晴れの日数も多いため、たくさんの別荘があるところです。


WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM (1).jpeg WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM (2).jpeg WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM (3).jpeg



緑がたくさんあるので、いい空気を吸って、ボゴタ生活の疲れがしっかり取れました!
ちなみにBBQができる小屋もあり、そこで久しぶりに食事をしました。
WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM (6).jpeg



大自然のなかで食べるBBQっていいですよね!
WhatsApp Image 2020-12-01 at 3.36.09 PM (5).jpeg



コロンビアにはまだまだ大自然を満喫できる場所がたくさんあります。
ボゴタやメデジン、カルタヘナなどの主要都市ももちろん魅力的ですが、コロナ後にコロンビア旅行ができるようになったら、ぜひボヤカにも足を運んでみてはいかがでしょうか?

※最後の更新から時間が経ってしまいました。仕事などが忙しくてなかなか更新できませんでしたが、12月から復活します!


2020年12月 2日

¡Hola a todos!
Qué más?



ボゴタ特派員のKeiです。
久しぶりの投稿となります。



ボゴタ市では7月下旬より地区別に2週間の封鎖が行われておりましたが、2020年8月27日(木)ですべての地区封鎖を解除することとしました。



コロンビア政府は予定通り経済活動再開に舵を切ります。
強制的な外出禁止措置から、政府の制限の範囲内で自由な活動が可能になります。
感染者が減らないなか、「ウィズコロナ」に向けての施策が始まります。



エルドラド空港の完全再開についてはまだ発表がありませんが、国内線は順次飛ぶようになってきています。
コロンビア政府の衛生緊急事態宣言が11月まで延長されたので、国際線は絶望的だという見通しが強いです。



市境も開く予定で進んでおります。
隔離措置が始まって半年ほど、そろそろFinca(田舎の別荘)にいる犬たちの様子を見に行けるようになるかな?



12033145_10153483054543176_7699841730873949784_n.jpg


BoyacáのFincaからの風景

それではまた!
Chaito!


Kei



2020年8月27日

¡Hola a todos!
Cómo están?


2020年7月20日(月)はコロンビアの独立記念日(Día de la independencia de Colombia)でした。


なぜコロンビアの独立記念日が7月20日かといいますと、1810年7月20日にコロンビアで独立のための行動宣言書(Acta de la Revolución)の署名が行われたため、その日が記念日になっています。独立が確定的になったのは、1829年8月7日に行われた「ボヤカの戦い」です。7月20日の「独立記念日」は数少ない国の祝日となっています(※コロンビアでは、ほとんどがキリスト教関連の祭日)。



例年はボゴタやほかの主要都市で、国軍によるパレードが開かれます。
2020年の今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、陸軍のパレードは中止。空軍による飛行展示のみでした。



独立記念日には、多くの家でコロンビア国旗を掲げて、独立を祝します。
コロンビアに来てビックリしたのは、国旗を持っている家庭が多いことでした。
自由を勝ち取るため、多くの血を流した先人たちへの敬意と、コロンビア国民であるという自負。
このような歴史的背景があるからこそ、コロンビアという国はエネルギッシュなのだと思います。



ということで、わが家でも独立を祝して、コロンビア国旗を掲揚しました。
Viva Colombia!
20200720_101218.jpg



ご近所さんも掲揚している家がチラホラ
20200720_094126.jpg


コロナウイルスが収束したら、ぜひ独立記念日最中のコロンビアに訪れてみてはいかがでしょうか?
それではまた!




コロンビアCOVID-19感染状況(2020年7月21日)


感染者数:211,038 (前日比+ 1,868)
回復者数:98,840
死亡者数:7,166
非回復者(Active):104,624
自宅療養者数:92,192
入院者数(一般):10,981
入院者数(ICU):1,451


※ICUの占有率は91.5%となり、依然として厳しい状況が続いています
※ピークは8~9月に来ると予想されています


Le quedo agradecido.
¡Hasta Pronto!

Kei


2020年7月23日
2020年7月14日
2020年7月 9日
2020年7月 1日
2020年6月23日
⇒すべての記事を見る

コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボゴタ特派員

    ボゴタ特派員
    宮川 慶 さん
    2015年にコロンビアを訪れたのがきっかけでコロンビアの文化に魅了され、ボゴタへ移住。現在は日系貿易商社の南米支社長として、コロンビア製品を日本へ輸出しています。貿易業のかたわら、コロンビアの医療分野投資、ビジネス、コロンビア社会情勢の収集と発信も行っています。 南はアマゾンから北はカリブ海まで、コロンビア全土を回った経験があります。日本ではあまり知られていないコロンビアの魅力や見どころをたっぷりお伝えします! DISQUS ID @disqus_OCn3H4eZ5f

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集