海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > コロンビア/ボゴタ2特派員ブログ

コロンビア/ボゴタ2特派員ブログ Saeさん

コロンビア・ボゴタ2特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


¡Hola!
ボゴタ2特派員の、Saeです。
 
 
日本でも少し報道されているようですが、コロンビアでは新型コロナウイルスの問題に加え、政府に対するデモが続いている状態です。
 
政府の税金政策に対するものが発端となり、そこから年金問題、医療制度問題など、さまざまな問題が絡み合い、軍と民間人が衝突したり、バスや交番に火がつけられたりと少々物騒な感じです。
 
少し落ち着いてきたようにも見えますが、デモが起こって道が封鎖され、ガソリンの供給が追いつかない地域が出たり、全体の物価が上がったりしています。
先日卵を買ったら、以前は30個で9000ペソ(270円くらい)だったのが、同じ店で同じサイズのものが、1万3500ペソ(410円くらい)になっていました。
 
 
なお、コロナウイルス問題では、医療がひっ迫している地域もありながら、外出禁止令は夜間のみになったり、昨日のニュースだと、コロンビア入国の際に義務付けられていたPCR検査の陰性証明が不要になったりと、少しずつ通常モードになりつつあるような雰囲気があります。
 
IMG_2335.jpg
 
写真は、記事とは関係ありませんが、Raquira(ラキラ)というところに旅行に行ったときのもの。
こんなふうにカラフルな風景が続いているエリアです。なんだか元気が出てきますよね。
次は、このラキラの様子をもう少しお伝えしようと思います。
 
 

それでは。
¡Chao!


2021年6月 5日

¡Hola! ボゴタ2特派員のSaeです。
すっかりご無沙汰してしまいました。でも、元気にしております。
 
 
今日、2021年3月28日から、コロンビアではSemana Santa(セマナサンタ)と呼ばれるイースター休暇が始まりました。
 
年末年始のクリスマス休暇に比べると、緊急事態宣言は解除されており旅行などがしやすくなってはいるものの、まだまだ予断を許さない状況が続いています。
そんなイースター休暇の少し前に、Santa Marta(サンタマルタ)というところに旅行に行ってきましたので、今回はそのレポートです。
 
 

サンタマルタはコロンビアの北に位置し、海が美しい常夏のビーチリゾートとして有名です。
 
IMG_2511.jpg
ボゴタからは、飛行機で1時間40分くらいの距離。空港を降りるとすぐに、きれいな海が出迎えてくれます。
スノーケルやバナナボートといったさまざまなアクティビティや、各種ツアーがありますので、ホテルでのんびり過ごすもよし、いろいろなビーチを比べてみるもよし、です。
 
 
自然やハイキングが好きな方におすすめなのが、Parque Tyrona(タイロナ公園)。
片道2時間、山の中を歩くというなかなかハードなアクティビティですが、 到着した先のビーチは絶景です。
IMG_2489.jpg
この、展望台がある場所は、「サンタマルタ ビーチ」などで検索すると必ず出てくる、とても有名なところです。また2時間歩いて出口まで戻らなくてはいけないため、帰りのバスはぐったりですが、海だけでなくさまざまな自然に触れることができ、一度は行く価値あり!ですよ。
キャンプサイトもたくさんありますので、泊りがけで行くこともできます。
 
 
残念ながらこのイースター休暇中、ビーチはすべて封鎖されてしまっているようですが、落ち着いたらぜひ、コロンビアの美しいカリブ海を見に、サンタマルタへ行ってみてくださいね。
IMG_2438.jpg
フィルター・加工一切なしで、この美しさですよ! サンセットもぜひ堪能してください。
 
 
それでは。
 
¡Chao!


2021年3月29日

¡Hola! ボゴタ2特派員のSaeです。
 
 
皆様、あけましておめでとうございます。
今年は新型コロナウイルスの影響があり、例年に比べて非常に静かな年越しとなりました。テレビを見る限りでも、年越しイベントなどはあまり各地で行われなかったようです。それから、大晦日と元日はアルコール類の販売が禁止になりました。
 
 
さて、日本ではおせち料理やお雑煮などがお正月の典型的な料理ですが、ここコロンビアではクリスマスと同様、地域や家庭によってさまざまです。多くの家庭では、家族が集まるクリスマスや大晦日、そして元日には家族揃ってBBQをする習慣が多いようです。わが家も家族揃って、元日のお昼はBBQをしました。
bbq1.jpg
 
わが家では、焼いた牛肉とトウモロコシのほか、ゆでたじゃがいもやユカ(キャッサバいも)、マドゥロと呼ばれる調理用バナナなどを一緒に食べます。アボカドで作ったグアカモレや、パクチーの効いた玉ねぎとトマトのサルサも一緒です。ほかには、チョリソーと呼ばれるソーセージなどを焼く家庭もあります。
bbq2.jpg
 
さて、新型コロナウイルス情報です。コロンビア入国の際にはPCR検査の陰性証明書が必要になりました。0歳児から、入国者全員が対象とのことです。また、感染が拡大しているボゴタ市の3つの地域では、厳格な外出規制が本日1月5日より再スタートしました。緊急時、また家族1名による食料品の買い出し以外は、一切外出禁止となっています。さらにレストランやスーパーマーケットなどに入る際には、身分証明書の提示が必要となり、奇数日偶数日によって入店できる日が明確に分かれている「pico y cédula」も継続しています。
 
まだまだ予断を許さない状況です。旅行なども難しくなってきてしまいましたが、前向きに過ごしましょう。
 
 
それでは。
¡Chao!


2021年1月 6日
2020年12月26日
2020年10月21日
2020年10月10日
2020年10月 1日
⇒すべての記事を見る

コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボゴタ2特派員

    ボゴタ2特派員
    Saeさん
    2019年にコロンビアへ移住。田舎町・カヒカでの生活を経て、現在は首都・ボゴタで山に囲まれた生活をしています。でも本当は、海が好き。普段は日本語教師をしながら、ライティング業もぼちぼち継続中。コロンビアってあまりなじみがないし、なんだか危なそう? いえいえ、私がコロンビアの魅力を存分にお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集