海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ボゴタ2特派員ブログ > コロンビアのクリスマス料理を紹介します

コロンビア/ボゴタ2特派員ブログ Saeさん

コロンビア・ボゴタ2特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年12月26日

コロンビアのクリスマス料理を紹介します


コロンビアのクリスマス料理を紹介します

¡Hola! ボゴタ2特派員のSaeです。
 
 
日本ではクリスマスが終わり、すでにお正月ムードかもしれませんね。
ここコロンビアでは、1月の半ば頃までクリスマスムードが続きます。
 
 
さて、コロンビアのクリスマスには、どんなものを食べるかご存知ですか? 地域や家庭によってかなりさまざまなようで、私がこれまでに聞いたものを挙げると、
 
西洋風ターキー
ミートローフ
アヒアコというコロンビアのスープ
 
などでした。
 
 
そして2020年のわが家は、これ!
14DA28FA-3D0D-4BFD-8DDE-E688DB37227B.jpeg
IMG_2289.jpg
 
わかりますか?
豚のおしりです。
 
これはlechona(レチョナ)という料理で、豚まるごとにお米とひよこ豆を詰め、オーブンで8時間くらい焼いたもの。
店頭ではたいてい豚がまるまる1頭どかんと置いてあり、そこから切り分けてサーブします。
 
 
サーブするときは、こんな感じ。
IMG_2291.jpg
 
パリパリになった皮と、(写真にはありませんが)アレパと呼ばれるとうもろこしの粉でできたパンケーキのようなものを一緒に盛りつけます。
 
 
簡単にいうと豚肉たっぷりのチャーハンといった感じですが、豚の脂がしっかり染み込んでいて、お肉がとても柔らかいのでおいしいです。
クリスマス料理のひとつですが、ふだんのランチなどに食べる、とても一般的な料理ですので、ぜひコロンビアで一度食べてみてくださいね。
ひと皿、8000ペソ(約240円)程度です。
 
 
ちなみに。
スペイン語で「メリークリスマス」は、¡Felíz Navidad!(フェリス・ナビダッ)、
「よいお年を」は¡Feliz año!(フェリス・アーニョ)と言います。
ぜひ使ってみてくださいね。
 
 
それでは。
¡Felíz Navidad!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2020年12月26日
« 前の記事「コロンビア旧市街で、おしゃれで優雅な朝食をとるならここ!」へ
»次の記事「コロンビアの新年BBQと、新型コロナウイルス情報」 へ
ボゴタ2特派員 新着記事
ボゴタ 通常"営業"に戻る?
常夏のビーチリゾート・サンタマルタ
コロンビアの新年BBQと、新型コロナウイルス情報
コロンビアのクリスマス料理を紹介します
コロンビア旧市街で、おしゃれで優雅な朝食をとるならここ!
常夏の都市・Villetaでバケーションはいかが?
経済再開後、ボゴタ旧市街のいま
コロンビアのデモ事情と、新型コロナウイルス事情

コロンビア ツアー最安値


2021/3/31更新

中南米 航空券情報


コロンビア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■コロンビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボゴタ2特派員

    ボゴタ2特派員
    Saeさん
    2019年にコロンビアへ移住。田舎町・カヒカでの生活を経て、現在は首都・ボゴタで山に囲まれた生活をしています。でも本当は、海が好き。普段は日本語教師をしながら、ライティング業もぼちぼち継続中。コロンビアってあまりなじみがないし、なんだか危なそう? いえいえ、私がコロンビアの魅力を存分にお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集