海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ボローニャ特派員ブログ

イタリア/ボローニャ特派員ブログ 望月 唯

イタリア・ボローニャ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

昨日2020年5月30日は、劇場関係者によるマニュフェストに参加しました(この集会は、イタリア全土で17時半より行われました)。
同じくボローニャでは、17時半よりシンボルである「2つの塔」があるリッツォーリ通りで行われました。
IMG-5994.jpg
新型コロナウイルスの影響を受け、劇場関係は2月末より閉まったままで、いつ再開するのか見通しがたっていません。
よって、劇場関係を仕事にしている人、仕事にしたいと目指している人にとって先の見えない不安な日々が続いています。
こちらの写真の角度だと、人がたくさんいて「ザ・密」という感じですが、
demo1.png
実際は、人と人との距離がとられ、参加者全員がマスクを着用していました。
demo2.png
久々に再開する同業仲間たちとも、みんな肘と肘を合わせる挨拶をしていました。
ハグやほっぺにキスが習慣のイタリア人が、みんな徹底して距離を保っています。
demo3.png
オペラ歌手は楽譜、オーケストラの団員は楽器、役者は台本や小道具など、職業にわかるものを持ってくるように事前に連絡がありました。

想像以上にたくさんの人が劇場関係の仕事に関わり、劇場の再開を望んでいることがわかりました。
また、ボローニャ歌劇場の舞台スタッフのTシャツを着た人や、もちろん舞台のファンの人もいました。

5分間の黙祷後、みんなでパチパチ。
(※動画の音量にご注意ください。)
「筆写による撮影」


マニュフェストの代表者がスピーチ後、あっという間に終了しました(スピーチは残念ながら、音が小さすぎて聞こえませんでした)。
30分間もなかったと思います。
今までマニュフェストに参加したことがなかったのですが(普段だと行進したり、長くやると思うので)、この状況に合わせてコンパクトなものだったと思います。
警官の数も少なかったですし、いつもならヘリコプターが飛んでいるのですが、ヘリコプターも飛んでいませんでした。
IMG-5974 (1).jpg
私は歌の先生の呼びかけで、先生と同じ門下生の友人たちと参加しました。
ウイルスの脅威のなかで人が集まることに抵抗がありましたし、集会自体にも今まで参加したことがなかったのですが、「劇場関係者が集まることが、見えることに意義がある」といわれて参加しました。
ボローニャだけでも、こんなにたくさんの人が「劇場」という仕事に携わっているのだと思いました。
不安な日々の中でも、たくさんの人たちと
「劇場は、終わらない」
とこれからも信じて、みんなで協力しながら危機を乗り越えたいと思います。
※6月1日追記 翌日(5月31日)、イタリアの新聞「レ・プブリカ」にもボローニャのマニュフェストの様子が取り上げられました!
「まずは健康、それから文化を」
と記事になっています。
イタリアの記事は、こちら
2020年5月31日

日本でもブルーインパルスの飛行で盛り上がっているなか、こちらボローニャでも空軍のアクロバット部隊「フレッチェ トリコローリ」(Frecce Tricolori:三色の矢)による飛行が昨日(2020年5月29日)見られました!

image_6483441 (18).JPG

14時半にボローニャを通過予定でしたが、14時10分頃でした。
昨日はあいにくの雨でしたが、雨の合間をぬって予定よりも早く飛んだそうです。
すごい爆音でした……!
image_6483441 (19).JPG

飛んだあとも、イタリア国旗色が空に残っていますね。
少ない人数でしたが、見にきた人はうれしそうにイタリア国旗を振っていました。


2020年5月30日
自由に外出ができるようになり、10日間が経過しました。
今のところ第二波も起こらず、順調にいろいろなお店が開き始めています。
ですが、まだまだ警戒が必要なため、なるべく家で過ごしています。
今回の記事も、思い出の写真からボローニャのサン・ルーカのふもと、ボローニャのサッカー場の横にある墓地「チェルトーザ・ディ・ボローニャ」(Certosa di Bologna)を紹介します。
中心街からチェルトーザ・ディ・ボローニャは、19番のバスで行けます。
「Chiesa Certosa」駅で下車します。(バスで17分)
cimitero.png なかはとても広いので、適当に歩いてしまうとなかなか目的のお墓にたどりつけません。
有名な人たちはひとつのエリアに集中しているので、地図で確認し(地図は入口でもらえます)、そこを目指すといいでしょう。
IMG-2933.JPG

ボローニャにまつわる偉人たちが眠る場所

IMG-2932.JPG
いくつかの有名なお墓を紹介させていただきます。

●ソプラノ歌手「イザベッラ・コルブラン」
1785年2月2日生まれ
1845年10月7日没
作曲家ジョアキーノ・ロッシーニの最初の結婚相手です。
彼女のためにロッシーニは、「ゼルミーラ」や「セミラーミデ」などたくさんのオペラ作品を書きました。
IMG-2938.JPG
ちなみに、ボローニャの観光案内所で「ロッシーニ巡り」というパンフレットをもらえます。
そして、こちらのコルブランのお墓もそのコースに含まれています。
(「ロッシーニ巡り」については、また後日ご紹介します!)

●作曲家「オットリーノ・レスピーギ」
1879年7月9日生まれ
1936年4月18日没
作曲家で、3つの交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」「ローマの祭り」が有名です。
すてきな声楽曲も書いています。
ボローニャ音楽院の学長も務めました。
(ちなみに、ボローニャ音楽院のある広場が「ロッシーニ広場」、ボローニャ歌劇場の横が「レスピーギ広場」です。)
IMG-2939.JPG

●詩人「ジョズエ・カルドゥッチ」
1835年7月27日生まれ
1907年2月17日没
ボローニャ大学の教授でもありました。
現代イタリアの国民的詩人として影響力が大きく、1906年にはイタリア人で初のノーベル文学賞を受賞しています。
IMG-2942.JPG
●シンガーソングライター「ルーチォ・ダーラ」
1943年3月4日生まれ
2012年3月1日没
シンガーソングライター、俳優として活躍しました。
有名な歌はL’anno che verrà
とてもわかりやすくて聞きやすい歌なので、ぜひ聴いてみてください。
友達への手紙が歌詞となっています。
IMG-2941.JPG

■チェルトーザ・ディ・ボローニャ(Certosa di Bologna)
URL:http://www.bolognaservizicimiteriali.it/home.html
通常だと、ガイドツアーなどもあるようです。
ぜひ、新型ウイルス終息後にボローニャ観光をする際は、サン・ルーカと一緒にこちらの墓地も観光してみてはいかがでしょうか。

2020年5月29日
2020年5月19日
2020年5月16日
2020年5月15日
2020年5月 8日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボローニャ特派員

    ボローニャ特派員
    望月 唯
    2016年9月にオペラ歌手を目指して渡伊、ボローニャ在住。語学学校に通いながら歌のレッスンに通い、Webライターをしながら生活している。趣味は日舞、長唄三味線。日本の文化をイタリアに伝える活動中。お問い合わせはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_4LPUlo0pRD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集