海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > ボンへ行くならベートーベンハウスを訪れよう

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月30日

ボンへ行くならベートーベンハウスを訪れよう


ボンへ行くならベートーベンハウスを訪れよう

ボンに来たら是非行ってほしいのが、かの有名なベートーベンの生家を博物館にした、ベートーベンハウスです。
beethoven1.JPG


ベートーベンハウスにはボン中央駅から歩いて10分ほどで到着します。美しい市庁舎に面した広場を通り過ぎ、Bonngasseという通りへ入ると教会が出てきます。そこからさらに少し歩くと目に入る赤っぽい建物でベートーベンは1770年12月に生まれました。
beethoven2.JPG

残念ながら、ベートーベンハウス内部は写真が撮れませんので、ご注意ください。

チケットを買うと一緒にもらえるパンフレットには日本語版もあり、多くの日本人がここを訪れていることがわかります。最近は台湾人や韓国人の訪問が増えているらしいです。音声ガイド(2.5ユーロ)も日本語に対応しています。

ベートーベンの家は彼が生まれる前からある建物とベートーベンが生まれる3年前に建築された建物がつなぎ合わせてあります。19世紀までは道に面している建物は居酒屋になっていたそうです。


<写真奥が新しい部分です。>

ベートーベンはウィーンへ移り住むまでの21歳までボンに住み、母親が亡くなったあとは働かない父親にかわって家族の大黒柱としてがむしゃらに働きました。(ボンに住んでいる間少なくとも3回は引っ越したと言われています。)


屋内にはベートーベンと関わりの深かった家族や友人、音楽の講師の絵が飾られています。また彼が実際に書いた楽譜やピアノを始めとした楽器も展示されており、ベートーベンが初めて人前で演奏した際のオルガンも見ることができます。


3階にはベートーベンハウス一番の目玉、有名なベートーベンの肖像画があります。もちろん本物です。ベートーベンといえば、誰もが思い出すこの絵を見ることができ、私自身初めて見たときには感激しました。この絵が描かれた時、すでにベートーベンは50代でしたが、とても若く描かれています。目に入る真っ赤なスカーフは当時ナポレオンに共感していたベートーベンが革命派だったことを表わしています。(のちにナポレオンが皇帝に即位すると激昂し、ナポレオンを讃えて作曲された「英雄」の表紙を破り捨てました)
Beethoven4.jpg

3階には他にも興味深いものがあります。ベートーベンが40代の頃に作成されたライフマスク、死ぬ少し前のマスク、そして死んだ直後のマスクが展示されています。これらは実際の顔に近いと考えられます。背が低く、顔もハンサムとは言えなかったベートーベンですが、実は恋愛遍歴は華やかで、恋仲だった女性たちの肖像画もベートーベンの肖像画がある部屋の右壁に展示されています。


ベートーベンが実際に生まれた部屋の前に、出生証明書が展示されています。出生届きが提出された17日の文字を見つけてみてください。このことから実際の誕生日は明らかになっていません。


彫刻のある側の中庭の入り口から入れる白色の建物はデジタル・コレクション・スタジオは本当にすることがなければ、訪れてみてもいいですが、正直退屈なのであまりお勧めしません。建物内には比較的きれいなお手洗いがあります。


住所: Bonngasse 18-26, D-53111 Bonn
大人6ユーロ
団体(15人以上)5ユーロ
日本語ガイド付きツアー85ユーロ(団体のみ)


開館時間
4月1日〜10月31日
10:00-18:00

11月1日〜3月31日
月ー土 10:00-17:00
日・祝 11:00-17:00

2016年の休館日:1月1日、2月10日(灰の水曜日)、3月25日(聖金曜日)、3月27日(イースター)、12月24日〜26日、12月31日


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2016年5月30日
« 前の記事「世界最大級のケルンチョコレート博物館」へ
»次の記事「ドイツ(ボン)のお手軽な菓子土産〜HARIBOほか〜」 へ
ボン特派員 新着記事
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット
人気観光地のボンでクリスマスマーケットがはじまりました

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集