海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > 世界最大級のケルンチョコレート博物館

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月23日

世界最大級のケルンチョコレート博物館


世界最大級のケルンチョコレート博物館

はじめまして。今回よりボンを担当する新井です。
ボンやケルンを中心にドイツの文化や生活、観光スポットなどについて紹介していきます。
よろしくお願いします。


今日はドイツの博物館、人気トップ10の中に入るケルンチョコレート博物館についてご紹介します!


ケルンにあるチョコレート博物館は世界中にあるチョコレート博物館の中でも世界最大級!
それもそのはず、ドイツのチョコレートの生産量は世界一なのです。(消費量は世界2位、1位はスイス)


ケルン大聖堂の裏に流れるライン川に沿って15分ほど歩いていくとガラスの船のような建物が見えてきます。
これがチョコレート博物館です。4000平米もあるので、存分にチョコレートの世界を堪能することができます。


まず入るとカカオの説明を見ることができます。続いてどこでどのようにカカオが生産され、
どのように運搬されるかの説明があります。各国のチョコレートの生産量や消費量も知ることができます。


chocolate1.JPG

ケルンチョコレート博物館の一番の目玉はリンツのチョコレートを自分好みにカスタマイズできること!


チョコはミルク、ビター、ホワイトの3種類から選べ、トッピングは4種類まで選ぶことができます。
自分好みのリンツチョコを作れて、お値段はたったの€4.90!これはやらないわけにはいきません。


チョコレートは注文してから完成するまでおよそ35分かかりますので、1階のチョコレート工場エリアを見る前に
まず2階に上がって、チョコレートの注文をすることをお勧めします。


支払いの際、番号札を受け取るので、時間になったらカウンターへ行き、チョコレートと交換してもらってください。
係りの方は英語を話せます。

chocolate2.JPG

chocolate3.JPG





1階のチョコレート工場エリアに戻ると実際にチョコレートが作られていく過程を見ることができます。
最後の方でロボットが製品にできるチョコレートとできないチョコレートを選別している様子を見るのは
とても面白いです。


カカオの木に模したチョコレートファウンテンの前には従業員がいて、できたてのチョコをディップした
ウエハースをくれます。土日祝日は長蛇の列となりますので注意!


chocolate4.JPG


3階のエリアは中南米のアステカ文明などでチョコレートがどのような役割だったのかから始まり、
ヨーロッパに伝播後はどのように広まっていったかを見ることができます。


最後は入り口に戻り、ドイツで販売されているチョコレートを購入できるショップへ行きましょう。
プラリネの量り売りやカカオ90%のチョコを買うことができます。


ケルンチョコレート博物館
住所: Am Schokoladenmuseum 1A, 50678 Köln
月曜日定休日
火―金 10:00-18:00
土日 11:00-19:00
入場料:大人€9.00、7-16歳・65歳以上€6.50、家族チケット€25.00(大人2人と16歳以下の実子)


※雨が降っているときはバスで行くのがおすすめ!
中央駅を背に右側へ行くとバスロータリーがあります。
133番のバスに乗って2つめの停車場、Schokoladenmuseumで降りてください。
片道1.90ユーロ。乗車してから切符販売機で購入してください。


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2016年5月23日
« 前の記事「城」へ
»次の記事「ボンへ行くならベートーベンハウスを訪れよう」 へ
ボン特派員 新着記事
ハンバーガー「BURGERMANUFAKTUR am Frankeuenbad」
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集