海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > ケルン大聖堂を仰ぎ見ながら渡るホーエンツォレルン橋

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月20日

ケルン大聖堂を仰ぎ見ながら渡るホーエンツォレルン橋


ケルン大聖堂を仰ぎ見ながら渡るホーエンツォレルン橋

ケルン中央駅を出ると目の前にそびえたつケルン大聖堂。その壮大さに初めて見た人は皆、息を飲みます。
ケルン大聖堂.JPG

16世紀以来、建設が中止されていた大聖堂の1842年に建設を再開することは、建築再開を決めたフリードリヒ・ヴィルヘルム4世(プロイセン王)、ひいてはプロイセン王国の威信を高めるための事業のひとつでした。


超高層ビルを見慣れている現代の私たちでさえ、大聖堂に圧倒されるのですから当時の人々にとってその迫力は想像を絶するものだったでしょう。



フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は効果的に迫力ある大聖堂を誇示しようと、大聖堂の真正面にDombrücke(直訳:大聖堂橋) を建設しました。ライン川を渡って来た人々は大聖堂を真正面から仰ぎ見ることで、その大きさに圧倒されたのです。


19世紀末にケルン中央駅が建設されたのに伴い、橋を利用する列車が増え、大聖堂橋にかわり、ホーエンツォレルン橋が建設されました。ホーエンツォレルンはフリードリヒ・ヴィルヘルム4世が出身の一族の名前です。
bridge.jpg

いまではホーエンツォレルン橋は一日に1200以上もの列車が行き来する、ドイツで最も列車頻度が高い橋です。


ケルンに来たら、ぜひホーエンツォレルン橋にまで足を運んでみてください。すさまじい数の南京錠がかかっていて、びっくりするはずです。
bridge3.jpg

カップルがこぞってかけた南京錠がかかっています。愛の南京錠なだけに赤やピンクが目立ちます。このような鍵は近くのショップではあまり販売されていませんが、たまに観光客用のショップでも見かけます。


別れたときのために切り取れるようペンチもあるのが、現実的なドイツ人らしくて笑えます。わざわざ本当に切りに来ると逆に未練がましいような気もしますが...


橋に南京錠をかけるカップルは以前からいたのですが、Höhnerというケルン出身のバンドが2009年に出した「Schenk Mir Dein Herz (訳:君のハートを僕にちょうだい)」のPVで橋にかかる鍵を映したことにより爆発的に人気が出ました。


Schenk Mir Dein Herzオフィシャル


最初は南側(ケルン大聖堂を背に橋の右側)にしかかけていなかったのですが、最近ではかけるスペースがないため左側にまで進出しています。


橋を渡ると美しいケルンの街を見ることができます。もし時間があれば、橋を渡って少しのところに建つトライアングルという建物の展望台まで登ってみてください。高いところから大聖堂を近くで見られる唯一の場所です。橋のわきにはホーエンツォレルン家の国王の銅像が両岸に左右1体ずつあります。橋を渡り、大聖堂を背に左側にあるのがフリードリヒ・ヴィルヘルム4世です。右側にいるのはヴィルヘルム1世です。
フリードリッヒ・ヴィルヘルム四世.jpg

こちらはフリードリヒ・ヴィルヘルム4世です。



ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年6月20日
« 前の記事「ドイツに来たら食べるべき、日本人があまり知らないドイツ料理」へ
»次の記事「シューマン夫妻のお墓はボンにあります。」 へ
おすすめ記事
ボン特派員 新着記事
まだやってるクリスマスマーケットinケルン
Bonnの冬の服装
Pützchens Markt
Bonnの桜並木
ケルンクリスマスマーケットと年末シルベスター
クリスマスマーケット始まり
イルミネーション
Rolandsecke

ドイツ ツアー最安値


2019/10/18更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集