海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > ケルンでお手洗いへ行きたくなったら...

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月19日

ケルンでお手洗いへ行きたくなったら...


ケルンでお手洗いへ行きたくなったら...

こんにちは。

ヨーロッパは日本に比べるとトイレが町中に少ないです。


初めての街を散策中にどうしてもお腹が痛くなってしまったら、旅行を楽しむどころではありませんよね。

今回はケルンを散策中、どうしてもお手洗いに行きたくなったときのためにレストラン以外の
お手洗いをご紹介します。


ドイツも日本同様、デパートのお手洗いは入りやすいです。

ケルン大聖堂からとても混み合っているHohestr.(通り名)を通り、
Schildergasseという通りにぶつかるところにあるのが、
ドイツの少し大きな街であれば、どこにでもあるKauhofというデパートがあります。

kauhof.jpegのサムネイル画像

このデパートには地下1階、2階と4階にお手洗いがあります。


2階には車いすでも入れるお手洗いがあります。

Schildergasseをそのまま5分~10分ほど歩いていくと教会の隣にガラス張りの建物が出てきます。


Peek&Cloppenburg.jpegのサムネイル画像

こちらはPeek&Cloppenburgという衣料店で、地下一階へ行くエスカレーターに乗り、そのまままっすぐ
歩いていくとWCの文字が見えてきますので、矢印の通りに左に曲がるとすぐにお手洗いが出てきます。


商品を持っていると警告音が鳴りますので、ご注意ください。


Schildergasseを抜けるとNeumarktという広場に出ます。


Neumarktではクリスマスマーケットや様々な催し物が開催されるので、ここを訪れる方もけっこういるのではないかと思います。


Schildergasseを背にすると、左側にNeumarktがあります。

そして右側にはアイスクリームが刺さった建物があるのですが、
その建物の中にある本屋にお手洗いがあります。


icecream.jpegのサムネイル画像


bookstore2


最上階まであがると、左側にカフェがあります。

降りる用のエスカレーターのほうへ行くとカフェの奥にWCと書いてあるのが見えます。

手前が男性トイレ、奥に女性トイレがあります。

wc_in_book-store.jpeg

ここでは50セント払わなければ、ドアが開きません。

こちらの機械に50セント入れると一番下から紙が出てきますので、
それを受け取って中に入ってください。

image.jpegのサムネイル画像


トイレごときに50セントも支払いたくない!という方はGlobertrotterという
スポーツ用品店に行けば、無料でお手洗いを使うことができます。


本屋を通り過ぎ、Depotという緑の看板のお店がでてきたら(2,3軒先)、
道路を渡らず、右に曲がってください。


(ここでそのまま道路を渡ると、Habitatという家具屋があります)

歩いて数分でオレンジの看板の建物が出てきます。

globetrotter.jpeg

入るとこんな感じです。

inside.jpeg


最上階に上るとお手洗いがあります。エレベーターは入り口から右斜め先です。


最後にケルン在住の若者がよく飲む場所にあるお手洗いをご紹介します。

ドイツ人の若者はバーなどでは飲まず、キオスクでビールなどを買って
広場でわいわい飲むことが多いのですが、酔っぱらうとけっこうところかまわず
用を足してしまいます。。

Moltkestr. にあるBrüsseler Platzは若者が特によく集まる場所なのですが、
この通り教会の目の前です。

church


platz.jpg


教会を糞尿だらけにするわけにはいかないので、公共トイレが作られました。

public toilet

こちらも50セント支払わなければいけません。

ケルンの若者と混じって、飲むなら利用することもあるかもしれません。


Brüsseler Plazで飲むならキオスクはこちら。
kiosk.jpeg


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2016年9月19日
« 前の記事「ケルンで和食が恋しくなったら...大都会へ」へ
»次の記事「ケルンでおしゃれなポテトフライ、Frittenwerk」 へ
ボン特派員 新着記事
ハンバーガー「BURGERMANUFAKTUR am Frankeuenbad」
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集