海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > 国によって違う様々なユーロ硬貨 ドイツの硬貨はこち...

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月30日

国によって違う様々なユーロ硬貨 ドイツの硬貨はこちら


国によって違う様々なユーロ硬貨 ドイツの硬貨はこちら

ドイツに来たら、通貨はご存知の通りユーロです。


ただし、EUに加盟しているからといってユーロを必ずしも
使用しているわけではありません。

イギリスは以前からポンドを使用していますし、
スウェーデンはスウェーデン・クローナを使用しています。
他にも多くの国で独自の通貨を使用しています。


逆にEUに加盟していなくてもユーロを使用する国もあります。
バチカン市国、モナコ、サンマリノとアンドラがそれに当たります。


ユーロ硬貨は全部で8種類。

euro same.JPG

上段左から2ユーロ、1ユーロ、50セント、20セント
下段左から10セント、5セント、2セント、1セント

ユーロは現在23の国と地域の造幣局で鋳造されています。


そして面白いことに国独自のデザインが面が施されています。

こちらがドイツのデザインです。

euro germany.JPG


5セント、2セント、1セントのデザインは全て同じオークの葉ですが、実は以前ドイツ通貨だった
ドイツマルクの頃のデザインにとても似ています。

cent and pfenning.JPG

左が2セント、右が5pfennig(セントに当たる単位)です。


色が同じだったら絶対に間違えてしまいそうですよね。

ドイツ国内だと当然ドイツで鋳造された硬貨が手元に回ってくることが多く、
ドイツから離れた国のものを見かけることはあまりありません。

またそれ以外にもドイツ人はもともとクレジットカードよりも現金を使うことを
好んでいることが挙げられます。


特にドイツ人にとって購買意欲が最も沸くのが€1.99という表示のため、
1セントと2セントは他の国に比べて流通量が多く、少額硬貨の発行を停止しようと
なった時に最も反対派が出たのもドイツでした。


どれほどの違いがあるか、貯金箱をひっくり返して調べてみました。
2セントは102枚あり、そのうち90枚がドイツで発行されたものでした。

20セントは100枚中、56枚がドイツ鋳造だったので、どれだけ少額硬貨が
ドイツでは発行されているかがよくわかります。

オランダやフィンランドではすでにほとんど1セント硬貨と2セント硬貨を
鋳造していないので、見つけたらギザ十のように保管しておくといいかもしれません!
(オランダは2004年以降)


また毎年2回各国から2ユーロの記念硬貨を数量限定で鋳造しているので、
2ユーロが手元に入ったら、調べてみてください。


ヨーロッパにもたくさんのコレクターがいます。

cologne cathedral coin.JPG


こちらはドイツに2011年に発行されたケルン大聖堂のデザインが入った
2ユーロ硬貨です。仕事でよく行くので、大事にとってあります。


また23カ国共通で2007年、2009年と2012に記念硬貨が鋳造されたこともあります。


commemorative euro.JPG

一番右が2012年にユーロ発行10周年を記念して発行されました。
(他の二枚は2015年にドイツで発行された記念硬貨です)


日本の硬貨は記念硬貨以外いつも同じですので、もし余裕があれば、
ドイツに来た時には手元にどんな硬貨がやってきたのかもまた一興です。

ヨーロッパ中央銀行 のウェブページを訪れると
各国のデザインが確認できます。


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2016年9月30日
« 前の記事「ケルンでおしゃれなポテトフライ、Frittenwerk」へ
»次の記事「日本と大違い!!ドイツのお引越し事情」 へ
ボン特派員 新着記事
ハンバーガー
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集