海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ボン特派員ブログ > 日本と大違い!!ドイツのお引越し事情

ドイツ/ボン特派員ブログ 旧特派員 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 5日

日本と大違い!!ドイツのお引越し事情


日本と大違い!!ドイツのお引越し事情

こんにちは。
10月になってだいぶ日が落ちるのが早くなってきました。

つい先日、ドイツに来て初めての引っ越しをしたのですが、
日本とあまりに事情が違うので、これは記事にせねばと思いました。

一番の大きな違いは何といっても貸す側と借りる側の力関係が

日本とは真逆だということです。


そもそもドイツでは日本と違って、家を購入する人よりも

断然賃貸で暮らし続ける人のほうが多いのです。

大きな街だと住みたがる人がそれだけ多いので、

不動産代理店がかなり強気に出てきます。


人にもよりますが、住むところを探し始めてから1-3か月は

かかると考えておいたほうがよいでしょう。


私の場合は引っ越そうと決めて、インターネットでめぼしいところを

なんとなく探し始めてから実際に契約を結ぶのに約3か月かかりました!


気に入ったところがあると代理店にメールを送るのですが、

その際、いくら稼いでいるかなどと一緒に感じのいいメッセージも

書かなければいけません。


お給料がお眼鏡にかからないと連絡は当然来ません。

人気のあるところだと100人くらいから連絡があり、

そこから10人くらいに絞られ、決められた日に全員が集まり、

家の見学をします。


見学は平日夜のこともあれば、土日の昼間のこともあります。


そしてこれは家の見学をする前と後で、会社によるのですが、

必ずパスポートや住民カード、以前住んでいた住居の情報、

直近三か月の給与明細とSchufa-Auskunftというクレジットの

利用明細を調べる機関からの書類を提出しなければいけません。


日本ではおおよその年収を書くことがあってもここまできっちりと

給与明細を提出させるところってそんなにないのではないでしょうか・・


そして曲者なのが、Schufa-Auskunft。

IMG_3231.PNG

クレジットカードに関する項目すべてに信頼度のあらわす

パーセンテージをつけられ、平均96%以上が信用できると

みなされます。


私の場合、ドイツに来てからそんなに経たないので、

そもそも収集できる情報が少ないため一部の項目は

かなり低いパーセンテージを与えられてしまいました。


そしてこれらの情報に加え、自分たちの写真付きで、

私たちってこういう人間だよ!というアピールの手紙を

送るのも一般的です。


これだけの労力をかけてもなかなか住める家が見つからず、

まるで就活がなかなかうまくいかない学生のように

だんだんと全人格を否定されるような気分になってきます。

返事をもらえるまでおよそ一週間ほどかかりますので、

それまではドキドキして待っています。


家が決まると、次は現在住んでいる家の代理店に

引っ越す旨を伝えなければいけないのですが、

これがまた曲者で、引っ越す三か月前までにいわなければいけません。


もし、三か月より早く引っ越す場合でも言った日から3か月後までの

家賃を支払わなければいけないので、かなりきついです。


このルールがほぼどこの家でも適応されているとわかっているのに

新しいほうの家の代理店もなるべく早く引っ越してくれなきゃ

ほかの人に貸しちゃうよーと足元みられて、脅してきます。。



結果、二つの家の家賃を1,2か月支払わなければいけない、

なんてことにもなります。実際、私がそうなりました。




次にいざ引っ越し!

というときも日本とは違って、多くの人は引っ越し屋さんに

頼むことはありません。


なんと自分たちで大きなバンやトラックを借りて、

すべての引っ越し作業を行います。



学生みたい!と思ったのですが、よく見かけます。
image1.JPG
私が借りた車はガス代込みで73ユーロでした。


夫の家族や友達の力を借りて、大きなソファや冷蔵庫、

重たい家具をどんどん運び込みました。


やはりプロによる作業ではないので、家具はいろいろと

傷ついていて、落ち込みました。



次回引っ越すときにはドイツ式にせず、プロに任せたいです。。

それでも一番大変だったのは家探しでした。


私はボンに住んでいるからまだいいほうですが、

デュッセルドルフやミュンヘンは特に人気があり、

に住む場所を探すのは至難の業。


人気だから家賃もどんどん高騰していて、ミュンヘンに関しては

東京より高いのではないかと思います。



もしドイツに引っ越すのなら、大きな街の中よりも

近郊に住んだほうがいろいろとストレスも少なそうです。


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2016年10月 5日
« 前の記事「国によって違う様々なユーロ硬貨 ドイツの硬貨はこちら」へ
»次の記事「火葬?土葬?ドイツのお墓事情」 へ
ボン特派員 新着記事
ハンバーガー「BURGERMANUFAKTUR am Frankeuenbad」
Bonnの進化
ボンの状況
マスクについて
ドイツのクリスマスツリー
こんな時代のBonn生活
ボンから、あけましておめでとうございます
近郊の可愛い街のクリスマスマーケット

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボン特派員

    ボン特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集