海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/ボルドー特派員ブログ

フランス/ボルドー特派員ブログ 野田 祥子

フランス・ボルドー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ここでも何度かお伝えしている、ワイン雑誌の『Terre de Vins』がワインショップの「Cash Vin」とコラボして、ボルドーのセカンドワインのセールを始めました!

Cash Vinは郊外にある大型ワインショップです。

ロックダウン中で店舗に行けず、それぞれの店舗で開催されているかはわかりませんが、少なくともインターネットでは開催されています。

特設ウェブサイトはこちら

そしてセカンドワイン、とはボルドーのワイナリーが販売している「2番目」のワインです。

決まりがないので、具体的にこれ!とお伝えできないのですが、若木から採れたブドウを使っていたりとか、醸造方法が違ったり、熟成期間が短くなったりとさまざまです。

基本的には、ワイナリー名を冠しているワインより早飲みができて、安いので今回のセールはあまりビンテージを気にせず買っても問題ないかと思います。

このサイトのヘッダー下に「Rive Droite」「Pessac-Léognan」「Médoc」「Sauternes」とあるので、気になる地域をクリックすると、販売しているワインを見ることができます。

セカンドワインセール


Rive Droite

まずは「Rive Droite」

その名のとおり「右岸」ですね。

ボルドーでいうと、サンテミリオンやポムロールなど、メルロー主体のしなやかなワインが多く生産されている場所です。

15種類販売されていて、このセールのタイトルどおりセカンドワインが販売されています。


Pessac-Léognan

そして「Pessac-Léognan」

「ペサック・レオニャン」地方は、白ワインと赤ワインを生産している地域です。

今回のセールでは26種類、そのうち赤ワインが17種類販売されています。

この地域の白ワインは樽が効いた熟成向きワインが多いです。

が、今回はセカンドワインなので20年30年待つ、というよりは2~5年くらい待つ、くらいのイメージでしょうか。

赤ワインはカベルネ主体のものが多く、先ほどの右岸よりはしっかりですが、しなやかなものも多い印象です。


Médoc

次は「Médoc」

メドック地方は、格付けでもおなじみのいわゆる「左岸」です。

ここは赤ワインのみで15種類販売されています。

ほぼすべてが1855年に選ばれた格付けワインのセカンドでした。

ペサック・レオニャンと同じくカベルネ主体のワインで、ボルドーらしいワインを生産している地域です。


Sauternes

最後は「Sauternes」

ソーテルヌは世界的に有名な甘口ワインの生産地です。

こちらはほかの地域と比べると少なく、4種類のみの販売です。

クリスマスにフォアグラを食べるのがフランスの伝統で、このフォアグラとの相性のいいワインとしても有名ですよね。

スパイス系の食事とも相性がいいので、アジア諸国の食事とも実は相性抜群です!


それぞれの表示について

それぞれボトルの写真と値段が書かれていて「Ajouter au panier」は「カゴに入れる」という意味なので、買いたい商品があればクリックしてください。

赤いハートに「Coup de Coeur」と書かれているのはおすすめワイン!

そしてボトルの絵が描いてある紫の「Top Rapport・Qualité/Prix」と書かれているのは、コスパのいいワインです。

それぞれボトルをクリックすると、ワインの説明がしっかりされているので気になるものがあればぜひ見てみてください。

そして同じワインを5本買うと6本目が無料とのことなので、これだ!というワインがあれば、同じワインを買うのもお得です。

ワインセール


ロックダウン中のフランス、ワインを買うのも近くのワインショップかスーパーでしか買えないので、このセールはなんだか魅力的です。

この記事を書いている間に、私も買いたくなってきました(笑)

2020年11月29日までの期間限定なので、気になるワインがある方はお早めに!


2020年11月24日

ロックダウン中なので、いままで図書館に行っていた方は本が借りられず困っているのではないでしょうか。

そんななか! ボルドーの図書館が閉館中でもインターネットを通しての貸し出しを可能にしました。

つまりネットで予約をして、実際に図書館に取りに行くというサービスです。

図書館


2020年11月9日から、通常の図書館会員になっている人が本やDVD、CDなどの受け取りができます。

まだ会員になっていない人はこちらから会員になることも可能。

このご時世なので、15冊までは無料で借りられるそうです。


図書引き取りサービスは、Bib En Clicと言って、こちらのウェブサイトから本などの予約をします。

通常の図書館と同様に、50万もの本やCDなどがあるので、そのタイトルやキーワードを入れて検索すると貸し出し予約をすることができます。

注文後、ボルドーにある10の図書館のうち、ご自身に一番都合のいい図書館を選びます。

Mériadeck(メリアデック)図書館であれば、火曜日から土曜日、13時から18時までの間の都合のいい時間をウェブサイト内で予約します。

その外の図書館は図書館員からの予約の電話を待ってください。


またBib En Ligneという、電子書籍やオンライン授業を受けられるサービスもあります。

外に出られずむしゃくしゃする時期ですが、家で本を読んだり映画を見たりするのにいいサービスです。

ぜひ利用してみてください!


2020年11月15日

私が普段一番よく使っているのがE.Leclercというスーパーマーケットです。

基本的には大型スーパーで、町の中心というよりは少し離れたところ、車で行きやすいところにあるスーパー。

ボルドーではBordeaux-chartrons店、 Bruges店、Saint Medard En Jalles店、Pessac店、Begles店、Talence店、Leognan店かな。

(それぞれの店舗の住所は最後に載せます)

市内から行きやすいのは、圧倒的にBordeaux-chartrons店。

そして、ワインが一番充実しているのがSaint Medard En Jalles店です!

Saint Medard En Jalles店に関しては、遠いのにときどきお酒を買いに行きます。

超大型店なので、ワイン以外もいろいろなものが充実しています。

スーパーマーケット


この間行ったら、ウイスキー&蒸留酒の安売りキャンペーンがやっていて、思わずいくつか買ってしまったんですが、私の行ってる店舗だけじゃなく、E.Leclerc全体のキャンペーンだそう。

2020年11月14日まで開催予定だそうですが、残ったものは通常棚に陳列されるのではないかと思っています。

日本のウイスキーやジンも置いてあったので、あまり日本に帰れないこのご時世で日本を感じるのにどうでしょうか?

Ma Cave par E.Leclercというウェブサイトで蒸留酒以外のお酒も見ることができるので、興味のある方はこちらをどうぞ。

スーパーマーケット


どの町も同じですが、スーパー内ももちろんマスク着用義務があります。

前回のように人数制限が敷かれている店舗が少ないので、皆さん各々での注意をお願いします。


【店舗住所】

■Bordeaux-chartrons店

・住所: 155 Cours Saint-Louis, 33300 Bordeaux


■Bruges店

・住所: 427 Route du Médoc, 33520 Bruges


■Saint Medard En Jalles店

・住所: 34 Avenue Descartes, 33160 Saint-Médard-en-Jalles


■Pessac店

・住所: 110bis Avenue Jean Jaurès, 33600 Pessac


■Begles店

・住所: 4 Rue Maurice Martin, 33130 Bègles


■Talence店

・住所: Rue Pacaris, 33400 Talence


■Leognan店

・住所: 100 route de Bordeaux, 33850 Léognan


2020年11月 8日
2020年11月 4日
2020年10月25日
2020年10月18日
2020年10月11日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボルドー特派員

    ボルドー特派員
    野田 祥子
    大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集