海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 房総・千葉特派員ブログ > 1月下旬には桜が満開となる!「抱湖園(ほうこえん)...

日本国内/房総・千葉特派員ブログ 嶋津彰一(さくらパパ)

日本国内・房総・千葉特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月 6日

1月下旬には桜が満開となる!「抱湖園(ほうこえん)の元朝桜(がんちょうざくら)」(千葉県南房総市)


1月下旬には桜が満開となる!「抱湖園(ほうこえん)の元朝桜(がんちょうざくら)」(千葉県南房総市)

こんにちは。
房総特派員の、さくらパパこと嶋津彰一です。


今日は、房総ワンワン特派員のさくらと寅次郎と一緒に、何と例年1月下旬には桜が満開となる、知る人ぞ知る花の名所をお届けします。


H310101houkoen01.jpg


その名所とは、千葉県南房総市にある「抱湖園(ほうこえん)」


住所は、千葉県南房総市和田町花園


H310101houkoen02.jpg


千葉県南房総市の和田町は、全国的にも有名な花の産地です。


それは、昔この地に住んでいた間宮七郎平という薬剤師が、半農半漁の和田の人々の生活が救われることを願って、花作りを始めたことに由来します。


H310101houkoen03.jpg


花作りに成功した間宮七郎平は次に、山を切り開き花木を植えることを考えつき、自らくわをもち花園の裏山の堰の周りを開墾しました。


そして「抱湖園」と名づけ、緋寒桜を筆頭に、椿、山茶花、梅、水仙などの花木を植えました。


H310101houkoen04.jpg


「抱湖園の元朝桜(がんちょうざくら)」


間宮七郎平が植えた桜は、元日の朝に花が咲くことから、元朝桜と呼ばれるようになりました。
元朝桜は、例年1月下旬に開花し、2月上旬にかけて見頃を迎えます。


開花後に寒波が襲来して積雪があったりすると、雪景色の中の満開の桜、なんて景色を見ることが出来ることも稀にあります。
この写真は、筆者が昨年の2月10日に撮影したもので、すでに見頃を過ぎてしまっています。


H310101houkoen05.jpg


「抱湖園の元朝桜」


元朝桜(がんちょうざくら)の原木


H310101houkoen06.jpg


「抱湖園」からの眺望


H310101houkoen07.jpg


「抱湖園の元朝桜」


H310101houkoen08.jpg


「抱湖園の元朝桜」


H310101houkoen09.jpg


「抱湖園の元朝桜」


H310101houkoen10.jpg


「抱湖園の元朝桜」


H310101houkoen11.jpg


「抱湖園」の周辺は、花の露地栽培のビニールハウスや、菜の花畑が広がっています。


H310101houkoen12.jpg


「抱湖園」周辺


H310101houkoen13.jpg


「抱湖園」周辺


H310101houkoen14.jpg


「抱湖園」周辺


H310101houkoen15.jpg


「抱湖園」周辺


さくらと寅次郎、おススメのお花見スポットだよ!
 (^O^)(^O^)


「抱湖園」及び「元朝桜」についての詳細は、こちらをご覧ください。
 千葉県公式観光物産サイト まるごとe!ちば「抱湖園」
 南房総いいとこどり「元朝桜(抱湖園)」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年1月 6日
« 前の記事「大原漁港「港の朝市」クリスマススペシャル「港のクリスマス」(千葉県いすみ市)」へ
»次の記事「冬の里山学校「手作りソーセージ&燻製ワークショップ!」(千葉県南房総市)」 へ
房総・千葉特派員 新着記事
三つの密とは無縁のゆったりとした時間が流れる「館山ファミリーパーク」(千葉県館山市)
三つの密を避けた非接触型観光!マザー牧場「ドライブスルーファーム」(千葉県富津市)
千葉県の桜の名所(その2)日本さくら名所100選!「茂原公園」(千葉県茂原市)
千葉県の桜の名所(その1)お城と桜のコラボレーション!「館山城山公園」(千葉県館山市)
一足早い春の訪れ!町を染め上げる朱。「かつうらビッグひな祭り」(千葉県勝浦市)※中止になりました
もうすぐ桜が満開!「抱湖園(ほうこえん)の元朝桜(がんちょうざくら)」(千葉県南房総市)
祝「千葉時代」命名正式決定!地球磁場逆転期の地層「チバニアン」(千葉県市原市)
花と動物たちのエンターテイメントファーム「マザー牧場イルミネーション2019」光の花園(千葉県富津市)
1年前の同じ月に投稿された記事
ワンコ連れの旅にオススメ!海と暮らすライフスタイルを提案するカフェ「KAMO Kitchen」(千葉県鴨川市)
サイクリストの移動基地、発進。「B.B.BASE」BOSO BICYCLE BASE(JR東日本千葉支社)
新鮮な味・香り・色!南房総館山のフルーツと野菜を使用した無添加ジャム「館山フルーツ工房」(千葉県館山市)
まるでジブリの世界と話題沸騰!「濃溝の滝・亀岩の洞窟」(千葉県君津市)
創業二百五十有余年!「寿萬亀」の亀田酒造株式会社(千葉県鴨川市)
2018年話題沸騰間違いなし!地球磁場逆転期の地層「チバニアン」(千葉県市原市)

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■千葉県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 房総・千葉特派員

    房総・千葉特派員
    嶋津彰一(さくらパパ)
    房総特派員を務めさせていただいております、さくらパパこと嶋津彰一です。鴨川市在住で、現在、館山市で観光関連の仕事をしています。 休日は、ミニチュアダックスのさくらと寅次郎と一緒に、房総地方を駆け回っています。ブログでは、女子旅やワンコ連れ旅におススメのお店やイベントをお届けしていきます。 個人のブログ「さくらと寅の日記」もよろしくお願いいたします。 DISQUS ID @disqus_7s5V4DuYfZ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集