海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > 世界のランナーが集うボストンマラソン

アメリカ/ボストン特派員ブログ 旧特派員 グロス りえ

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月21日

世界のランナーが集うボストンマラソン


メール プリント もっと見る

世界のランナーが集うボストンマラソン

 4月20日(月)、やや肌寒い気候の中、今年で第113回目を迎えるボストンマラソンが開催されました。
 ボストンマラソンは1897年に第1回が開催され、オリンピックを別にすると、マラソン大会では最も古い歴史を持つイベントです。これまで、日本人選手も多く出場しています。

 数ある市民マラソンと比べると、ボストンマラソンは出場基準が厳しく、参加資格タイムをクリアしている必要があるそうです。だからこそ、世界中のランナーが「一度は参加してみたい」と憧れるレベルの高い大会なのでしょう。

 マラソンが開催される日は、Patriots’ Day(ペイトリオッツデー・愛国者の日)というマサチューセッツ州のみの祝祭日です。独立戦争が始まった日とされている4月19日に一番近い月曜日がこの日にあたります。

 沿道では、地元の人たちをはじめ、世界中から駆け付けた応援団が声援を送っています。大歓声の中、ランナーたちが駆け抜けて行きます。

 中にはコスチュームを着て走っている人たちも見られます。
IMG_0524-1.JPG

 ゼッケンをつけているので、参加資格タイムはクリアしているということでしょう。すごいですね。

 今年の優勝者はデリバ・メルガ選手(エチオピア)。2時間8分42秒で初優勝を果たしました。車いすの部女子では、日本の土田和歌子選手が三連覇を果たしました。おめでとうございます!
 
公式サイトはこちらから
http://www.bostonmarathon.org/ (英語)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年4月21日
« 前の記事「久々のNBA観戦!」へ
»次の記事「究極の冒険 ボルボオーシャンレース」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      グロス りえ
      2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集