海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > 運転手の携帯メールが引き起こした衝突事故

アメリカ/ボストン特派員ブログ 旧特派員 グロス りえ

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月10日

運転手の携帯メールが引き起こした衝突事故


メール プリント もっと見る

運転手の携帯メールが引き起こした衝突事故

 8日(金)の午後7時ころ、ボストンの交通機関であるトローリー2台が衝突するという事故が起きました。この事故で、乗客など約20人が負傷し、病院に搬送されました。
 追突事故を起こした24歳の運転手は、なんと事故当時、ナント「彼女に携帯メールをうちこんでいた」と認めているそうです。結果、前方に停止していた別の車両に気付かずに、ブレーキが間に合わず、衝突したそうです。
 DSC01947.JPG

 このトローリーは、ボストンではT(ティー)と呼ばれ、地下と地上を走っています。緑色のトローリーは特に私が一番よく使う路線です。自分も巻き込まれていた可能性があったかと思うと背筋がゾッとしました。何百人もの命を預かっているという責任感に欠けたこの若い運転手の軽率な行動に、驚きと憤慨を隠せません。
 
 これまでも、列車やバスの運転手は勤務中の携帯の利用を禁じられていましたが、1回目、2回目は、停職処分、3回目で解雇処分という制度だったようです。しかしこの事故をうけて「運転手は携帯の所持を禁ずる」という制度に変わりました。(当たり前!な気がしますが)

 これからもT(ティー)は生活に欠かせない交通手段ですが、信用するしかありません。
 
 携帯電話・・・といえば、マサチューセッツ州では車を運転中の携帯電話の使用が法的に規制されていません。タクシーの運転手はよく、電話をしながらお客さんを乗せ、運転しています。後ろに乗っている身としては、けっこうひやっとすることがあるのです。・・・・こちらも使用を禁じるべきではないかと、個人的に思っています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年5月10日
« 前の記事「花と美術品のコラボレーション Art in Bloom」へ
»次の記事「ホットドック早食い選手権予選」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      グロス りえ
      2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集