海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > ボストンで日本映画 Happy Flight

アメリカ/ボストン特派員ブログ 旧特派員 グロス りえ

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月16日

ボストンで日本映画 Happy Flight


メール プリント もっと見る

ボストンで日本映画 Happy Flight

 今晩、日本映画上映がありました。ANAが主催で、ボストン日本人会・ボストン日本協会後援の「Happy Flight」(矢口史靖監督←ウォーターボーイズやスイングガールズなどで有名な監督です) 事前に申し込んだら入場無料でした!

 コメディー映画とあったので、ラブコメディーなのかな?と思っていたのですが、全然イメージと違う映画で驚きました。笑えるシーンもありましたが、映画を通して、ひとつのフライトに対して、ものすごく、いろんな組織や人が関わってるとことを知った気がします。
 パイロットやキャビンアテンダントはもちろんですが、地上係員、整備士や管制官の人たちなど、皆 「空のプロフェッショナル」なのですね。

 オンタイムに出発に命をかける!とか、接客に誠心誠意尽くしてる姿が日本のきめ細かいサービスだよなーと、しみじみ感じてしまいました。
 アメリカで物足りないのはそこなのです。飛行機が何時間遅れても、地上係員の人に「すみません」なんて言われたことはありません。そもそも、彼らの責任じゃないというスタンスです。投げ捨てるように、機内食を配布されたこともあります。・・・・・なんだかもう慣れてしまいましたが。
 
 働く側としては、たぶん、こっちの文化が正直楽ちんですが、客の立場としてはあの丁寧すぎるともいうべき、日本の心のこもったサービスがちょっと恋しいです。

 実際にANAで働いていらっしゃるパイロットさんとCAさんも東京からいらして、舞台あいさつもありました。映画のどこかに出ていたようです。
DSC05112.JPG

 帰りにはANAのエコバックまでいただきました。日本人以外の人の中でもANAの知名度を高めるために、こういうイベントを開催しているようです。ANAづくしだったこの映画&映画の前後のCMでその効果はあったのではないでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年9月16日
« 前の記事「本格的な日本食は「四季」で」へ
»次の記事「ボストンで能公演」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      グロス りえ
      2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集