海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > ボストン美術館でアメリカ印象画を堪能する

アメリカ/ボストン特派員ブログ リクター 桂子

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年12月20日

ボストン美術館でアメリカ印象画を堪能する


メール プリント もっと見る

ボストン美術館でアメリカ印象画を堪能する

観光をするにはちょっと厳しい天候の日は、美術館巡りに最適です。


IMG_8213-001.JPG

ボストン美術館を初めて訪れた時、そのスケールに驚きました。ニューヨークのメトロポリタンやワシントン・ナショナル・ギャラリーに匹敵する規模で、古代エジプト美術から近代美術まで多彩なコレクションを収蔵し、日本国外最大の日本美術のコレクションを蔵することでも知られています。


今日の焦点はアメリカ印象派の絵を観ること☆


19世紀当時、印象派はフランスでは不評でしたが、アメリカでは成功し、「印象派はフランスで生まれ、アメリカで開花した」と言われます。アメリカ印象派の画家の多くはニューイングランド地方で活躍したため、この地域一帯の美術館に作品があり、ボストン美術館にも多くの作品が展示されています。


IMG_0186.JPG DSCN4948-001.JPG

ジョン・サージェント、メアリー・カサット、チャイルド・ハッサム、ロバート・ボンノー、ジョン・トウァクトマン。。。と、アメリカ印象派の名作がずらり。
鮮やかな色彩が本当に綺麗です


IMG_8244.JPG
「ボイト家の子供たち」 ジョン・シンガー・サージェント
両脇の花瓶は描かれている物と同一で、ボイト家からの寄贈品です。

 

IMG_8251.JPG
「チャールズ・E・インチス婦人」(詳細) ジョン・シンガー・サージェント
魂が宿っているかのような肖像画ですね

 

Robert Vonnoh zm.JPG
日本画の構図を意識したロバート・ボンノーの風景画

 

DSCN4353.JPG IMG_9332.JPG

デニス・バンカー                       フランク・ベンソン


アメリカに渡り、更に明光溢れる作風になった印象派。外の悪天候などすっかり忘れてしまいます。



ミュージアム・オブ・ファイン・アーツ・ボストン Museum of Fine Arts, Boston
 465 Huntington Avenue, Boston, Massachusetts 02115
 www.mfa.org
 617-267-9300
 最寄駅: 地下鉄グリーンE線  Museum of Fine Arts駅、地下鉄オレンジ線 Ruggles駅

 月-火: 10 am-4:45 pm;
 -: 10 am-9:45 pm;
 -: 10 am-4:45 pm

 休館日: 元旦、愛国記念日(4月の第三月曜日)、独立記念日(7月4日)、サンクスギビング(11月第四木曜日)、クリスマス

 料金などは美術館ウェブサイト をご覧ください。

ボストン美術館の歴史  (日本語)

☆ 2013年1月21日、2013年5月27日、2013年10月14日は一般公開日で、入館料は無料です。
☆ 展示品は定期的に入れ替わるので、紹介した作品が必ず観られるとは限りませんが、何度訪れても新しい発見があります。
☆ ボストン美術館の姉妹館が名古屋市にあり、コレクションの一部が日本でも見られます。
  名古屋ボストン美術館

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2012年12月20日
« 前の記事「ラーメンがボストニアンの間で流行中!」へ
»次の記事「ボストンの大晦日は町中がお祭りモード」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      リクター 桂子
      小学生の頃から海外で育ち、アメリカ生活も20年以上になります。日本語と英語の他にスペイン語とチェコ語も少しできます。2012年からボストン在住。ITが仕事兼趣味で、旅行が生き甲斐です。他にも美味しい物、アート、アウトドアが大好き!何でも掘り下げてリサーチしてしまうのが癖です。ボストンのさまざまな魅力を発信していきます!ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集