海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > メープルシロップの収穫

アメリカ/ボストン特派員ブログ リクター 桂子

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月17日

メープルシロップの収穫


メール プリント もっと見る

メープルシロップの収穫


夏時間が始まって日も長くなり、晴れた日などはなんとなく春の予感がするようになってきたこの頃、
メープルシロップの収穫シーズンです。


maplesyrup1.jpg

 

独特の風味とやさしい甘さが美味しいメープルシロップは、アメリカ大陸北東部の名産品。


カナダが圧倒的に一番の生産地ですが、ニューイングランド地方でも生産されています。


maplesyrup6.JPG

メープルシロップとは、カエデの木の樹液を煮詰めることによってできるもので、アメリカ原住民が古くから甘味として採取していたそうです。

冬の終わり頃、日中の気温が5℃あたりで夜が零下、1日の気温差がプラスマイナス10℃ほどの日が2日以上続く、という気候になると、その寒暖差が幹の中の圧力に影響して樹液が水のように流れ出すのです。

1年のうちでも採取できるのはほんの数週間。

ボストン郊外のリンカーンという町を走っていて、メープルシロップの採取を見かけました。これは木の幹から直接バケツにシロップを集める、伝統的な採取法です。


maplesyrup2.jpg

 

maplesyrup3.jpg

 

蓋がとれているバケツに、ポタポタと樹液が流れているのが見えました。


maplesyrup4.jpg

 

maplesyrup5.JPG
ホットケーキにかけても美味しいですし、焼き菓子やアイスクリームにも、お料理にも幅広く利用できるメープルシロップ。この地方のお土産におすすめです。

 

Food Project フードプロジェクト農園
94 Concord Road, Lincoln, MA

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 天気・気候・気温 自然・風景
2013年3月17日
« 前の記事「パリパリの超薄ピザが美味しい!ケンブリッジ・ワン」へ
»次の記事「ワチューセットで日帰りスキー!<ボストン日帰り旅行>」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      リクター 桂子
      小学生の頃から海外で育ち、アメリカ生活も20年以上になります。日本語と英語の他にスペイン語とチェコ語も少しできます。2012年からボストン在住。ITが仕事兼趣味で、旅行が生き甲斐です。他にも美味しい物、アート、アウトドアが大好き!何でも掘り下げてリサーチしてしまうのが癖です。ボストンのさまざまな魅力を発信していきます!ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集