海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボストン特派員ブログ > 感動!一生に一度は体験したいクジラ ウォッチングツ...

アメリカ/ボストン特派員ブログ リクター 桂子

アメリカ・ボストン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月28日

感動!一生に一度は体験したいクジラ ウォッチングツアー


メール プリント もっと見る

感動!一生に一度は体験したいクジラ ウォッチングツアー


ボストンの沖、ケープコッド半島の突端周辺はステルワーゲン海洋保護区 Stellwagen Bank Marine Sanctuaryといい、大西洋の深水が大陸棚にぶつかって湧き上がるためにプランクトンが豊富で、それを目当てに沢山の生き物が集まります。


毎年5月ごろから夏じゅうこの海域にクジラも集まります!


MVI_9233-002.jpg

 

ホエールウォッチングの日帰りクルーズはボストン周辺からいくつも出ていますが、私たちはニューイングランド水族館から出ているツアーにしました。海洋生物学者の案内つきで、インターネットでもチケットが購入できます。


ボストン湾の水族館の横の桟橋から船が出ます。


IMG_9155.JPG

 

出港はダウンタウンからなので、海からのボストンの眺めも素敵です♪


IMG_9171-001.JPG

 

クジラの集まるステルワーゲン海洋保護区までは片道2時間ほどのクルーズ。ボストン湾に点在する島々や灯台などが望めます。


ステルワーゲン海洋保護区に到着。エンジンを止めてクジラが現れてくれるのを待ちます。「クジラ見れるのかな。。。」と不安な気持ちで海を眺め、波頭がみんなクジラに見える!


IMG_9219.JPG

 

まもなくガイドの人が潮噴きを確認!


IMG_9225.JPG

 

舳先を12時として、「3時の方向」「6時の方向」...というように方角を教えてくれます。


MVI_9233-003.jpg

 

「きたーーー!」


MVI_9229.jpg

 

巨大なクジラの背中がこちらに真っ直ぐ向かって来た時はかなり興奮してしまいました。


難しかったのは、鯨が水面に姿を見せるのはほんの一瞬なので、いい写真を撮ることに専念するか、鯨を自分の目で見て楽しむか、どちらかを選ばなければいけないところでした!


もっとも、船の周りに鯨がわんさか、なんていうラッキーな時もあるので、そうだったら問題なしですね。



New England Aquarium ニューイングランド アクアリアム

1 Central Wharf, Boston, MA 02110 ‎
www.neaq.org
ニューイングランド水族館 ホエールウォッチ

☆ 出航の30分前には桟橋に行きましょう。

☆ 穏やかな天気でも船はけっこう揺れるので、船酔いされやすい方はあらかじめ薬を飲むなどの準備をおすすめします。

☆ 夏でも沖は風が強く寒いので、上着が必要です。また、デッキは海水がかかり滑り易くなるので、ヒールのないゴム底の靴が安全です。サンスクリーンやサングラスも忘れずに!

☆ 船上でポップコーンなどのちょっとした食べ物や飲み物を購入することができます。

☆ 必ず鯨が見れるという保証つきです。もしも見られなかった場合は、チケットを再発行してくれます。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年6月28日
« 前の記事「ボストン ブルインズがスタンリーカップ決勝進出!<ホッケー>」へ
»次の記事「地元だからこそ、漁師小屋でロブスター!」 へ
おすすめ記事
    ボストン特派員 新着記事
    9月、新学期が始まりました ノースイースタン大学スナップ
    ペイトリオッツ スーパーボール優勝!祝賀パレードのお知らせ
    トランプ新大統領と反対デモ活動
    ハーバード自然博物館に行ってみました
    ビアードパパ シュークリーム屋さんがボストンにもオープン
    6月半ばのバックベイ ボストン街角スナップ
    ボストンからニューヨークまでアムトラックで
    ボストンは今日も雪です

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ボストン特派員

      ボストン特派員
      リクター 桂子
      小学生の頃から海外で育ち、アメリカ生活も20年以上になります。日本語と英語の他にスペイン語とチェコ語も少しできます。2012年からボストン在住。ITが仕事兼趣味で、旅行が生き甲斐です。他にも美味しい物、アート、アウトドアが大好き!何でも掘り下げてリサーチしてしまうのが癖です。ボストンのさまざまな魅力を発信していきます!ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集