海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ブリスベン特派員ブログ > まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編

オーストラリア/ブリスベン特派員ブログ 植松 久隆

オーストラリア・ブリスベン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月18日

まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編


メール プリント もっと見る

まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編

この度、縁あってブリスベン特派員を拝命しました植松久隆です。
これから皆様に、現地からしか発信できない豪州第3の都市・ブリスベンの魅力を余さず
伝えていきたいと思っています。
週1回ペースですが、「もう、ブリスベンをゴールドコーストの玄関口だけでは終わらせない!」
と気合十分ですので、何卒よろしくお付き合いのほどお願いします。


最初は何から始めようかと思案していたところに、ふと頭に浮かんだのが「先ずは塊より始めよ」のフレーズ。
何よりも先立つものは「お金」ということで、「先ずは"金"から始める」ことにします。


ここオーストラリアの通貨単位は、オーストラリア・ドル。日本では豪ドルとも呼ばれ、
英語で他のドルとの区別が必要な際はA$またはAUS $となります。


aussie_notes.JPG

写真を見ても分かるように、とにかくカラフルなオーストラリアの紙幣は、100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドル札の5種類。100ドル札は日常ではそれほど使われないので、小規模の小売店や飲食店などでは本物か確認されることもあるかも知れません。私も、この国に来てすぐの頃は、余りのカラフルさにお金としての威厳が感じられずに安っぽさを感じていました。でも、慣れると、紙幣の種類もすぐに色で判別でき、財布の中もパッと明るくなるなど、決して悪いものではありません。


これらの紙幣は、世界でも珍しいポリマー製。簡単には破けないし、ポケットの中に入れたまま洗濯してしまっても悲惨な事は起きません。ポリマー製のお札の欠点は、折れたりはねたりしてお札にクセが付いたら、なかなか取れないと言うことくらい。


tendollar.JPG


お札に描かれた肖像は、裏表に違う人物が描かれていて全部で9人(注:5ドル札だけは表だけに肖像。
5ドル札には2001年のみ刷られた別バージョンがあり、そちらには女王を含まない2人の肖像があるが、
ほとんど流通していない)。正直言えば、5ドル札のエリザベス2世女王以外は、ほとんど誰だか分かりません。
日本みたいに誰でも知っている偉人というわけでは無いようで、試しに聞いた何人かのオージーからも、
とてもあやふやな答えしか返ってきませんでした。
女王以外で私が唯一知っていたのが、10ドル札に肖像が入っている写真のバンジョー・パターソン。
国歌に準じる扱いをうける国民的愛唱歌「Waltzing Matilda」の作詞で知られる国民的詩人です。


high  otes windows.JPG


もう一つ、オーストラリアのお札で面白いのは、シースルーの窓。写真では分かりにくいかもしれないですが、
50ドル札なら『50』という透かしも入っています。50ドルの窓にはオーストラリア国旗にも使われている南十字星、
100ドル札にはオーストラリア固有種であるコトドリ(Superb Lyrebird)の図柄があしらわれています。


次回は、お札に負けず劣らずユニークなオーストラリアの硬貨について、書きますのでお楽しみに!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お金・通貨・両替
2014年8月18日
»次の記事「まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編」 へ
おすすめ記事
    ブリスベン特派員 新着記事
    "豪"に入れば "豪"に従え!? 知っておきたい小ネタ① 「アンザック・デー」 
    5月お題『スタジアム』 あの五郎丸もプレー!ブリスベンが誇る豪州有数のスタジアム
    4月のお題"交通標識" ブリスベン近郊で見つけた標識
    12月のお題「イルミネーション」 ブリスベンの街を彩るクリスマス・ライツ
    潜入調査・豪州スーパーマーケット事情 その1
    ブリスベン名物「ひまわり」のから揚げ (9月のお題「から揚げ」)
    まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編
    まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリスベン特派員

      ブリスベン特派員
      植松 久隆
      2003年に渡豪。シドニーで激動の1年半を過ごして帰国。06年に永住目的で再渡豪、ブリスベンに腰を落ち着ける。豪州サッカーを日本に発信し続けるライター稼業が表の顔。愛して止まぬブリスベンの魅力を多くの人に知ってもらいたいとの思いを形にすべく色々なことを画策中。自らの古巣である豪州最大の邦字紙・日豪プレスの特約記者。オージー妻と一男一女。個人ブログは、こちらDISQUS ID @disqus_k3oM9xL1cj

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集