海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ブリスベン特派員ブログ > まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編

オーストラリア/ブリスベン特派員ブログ 植松 久隆

オーストラリア・ブリスベン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月27日

まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編


メール プリント もっと見る

まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編

皆さん、こんにちは。

まずは"金"から始めようということで、前回はオーストラリアの紙幣について書きました。紙幣の次は、当然ながら硬貨ということで、今回は「豪州お金事情 硬貨編」をブリスベンからお届けします。

aussie coins.JPG


少額なものから5セント、10セント、20セント、50セント硬貨と全部で6種類(写真中段、右から)。そして、ゴールド・コインと呼ばれる1ドル、2ドル硬貨(写真上段、右から)。
オーストラリアでは、会計上、一番小さな単位の1セントは"ラウンド"(注:切り上げ、切り下げで5セント刻みに調整する)されるので、1992年まで鋳造されていた1セント、2セント硬貨(写真下段)は現在は流通していません。

もう少し、ラウンドについて説明しましょう。スーパーマーケットで買い物をした合計が写真のレシートのように「$11.17」だったとします。末尾の桁は「二捨三入or 七捨八入」でラウンドされるので、総額は「$11.15」。これが「$11.18」であれば切り上げで「$11.20」になります。
慣れるまでは面倒ですが、レジでは調整された額が表示されるので心配はご無用。

receipt.JPG

fifty cent_five cent.JPG

硬貨の中でも存在感があるのは50セント硬貨(右)。12角形のユニークなデザインで、どっしりとした重量感で2,3枚あれば、お財布もぎっしり重くなります。

かたや、悲しい扱いを受けるのが5セント硬貨(左)。日本の1円玉と同じ扱いなのでしょうが、お釣りでもらってもレジ横の募金箱にダイレクトに入れられてしまうことも多いようです。

こうやって並べてみると、この2種類の硬貨の大きさの違いもすごいですよね。

オーストラリアのすべての硬貨の表面には、国家元首であるエリザベス2世女王の横顔が刻まれています。この女王の横顔ですが、よく見ると、鋳造年の時期の違いによって顔立ちに違いがあります。女王の容貌がある一定期間を経て変化していく(お歳を重ねられるということ)のに合わせて、幾つかの異なる横顔がデザインされてきました。
上の写真の5セント硬貨(左)は1998年鋳造で、女王の顔立ちは中年から初老の横顔。隣の50セントは去年の鋳造で、女王は現在の老境に入ってからのふくよかな顔立ちになっているのがお分かりになりますか。

twenty cent.JPG

オーストラリアの硬貨で面白いのが、同じ額面でも裏面に様々な異なった文様が存在すること。上の写真は全部20セント硬貨。
表面は、鋳造年度の違いで顔立ちの違いはあれど、すべてエリザベス女王。でも、裏面はバラバラ。基本デザイン(下段右)の枚数が圧倒的に多いですが、それ以外のデザインもかなりの種類があり、それらを全てコレクションする専用のアルバムが市販されています。


お金の種類をきちんと把握して、支払いも簡単に済ませられるようになれば、貴方もすっかり気分はオージー!? 現地の生活、形から入るのも大事ですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2014年8月27日
« 前の記事「まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編」へ
»次の記事「ブリスベン名物「ひまわり」のから揚げ (9月のお題「から揚げ」)」 へ
おすすめ記事
    ブリスベン特派員 新着記事
    "豪"に入れば "豪"に従え!? 知っておきたい小ネタ① 「アンザック・デー」 
    5月お題『スタジアム』 あの五郎丸もプレー!ブリスベンが誇る豪州有数のスタジアム
    4月のお題"交通標識" ブリスベン近郊で見つけた標識
    12月のお題「イルミネーション」 ブリスベンの街を彩るクリスマス・ライツ
    潜入調査・豪州スーパーマーケット事情 その1
    ブリスベン名物「ひまわり」のから揚げ (9月のお題「から揚げ」)
    まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 硬貨編
    まずは"金"から始めよ!? 豪州お金事情 お札編

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリスベン特派員

      ブリスベン特派員
      植松 久隆
      2003年に渡豪。シドニーで激動の1年半を過ごして帰国。06年に永住目的で再渡豪、ブリスベンに腰を落ち着ける。豪州サッカーを日本に発信し続けるライター稼業が表の顔。愛して止まぬブリスベンの魅力を多くの人に知ってもらいたいとの思いを形にすべく色々なことを画策中。自らの古巣である豪州最大の邦字紙・日豪プレスの特約記者。オージー妻と一男一女。個人ブログは、こちらDISQUS ID @disqus_k3oM9xL1cj

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集